おすすめのWebデザインスクール

初心者がWebデザイン副業で収入を得る方法や案件【現役Webデザイナーが徹底解説】

【未経験向け】初心者からWebデザイン副業で稼ぐための5ステップ

「未経験からWebデザイン副業を始めたい」

「Webデザイン初心者でも、Webデザイナー副業で稼げるようになるのかな?」

「Webデザイン副業で稼げる収入や、具体的案件が知りたい」

 

…と、思っていませんか?

 

最近は副業を始めたい方がとても増えています。それもそのはず、日本の多くのサラリーマンの平均年収は年々減少傾向。さらには「少子高齢化」や「年金不安」もあり、社会保険料や税金は上がり続ける一方。

 

KEI

30年前は「時間が経つほど豊かになれる時代」でしたが、いまは「時間が経つほど貧しくなる時代」と言えるでしょう。

 

厳しいですが、特にいまの20〜30代は誰もが「副業」で収入を作らないと、豊かな生活どころか、普通の生活を送ることすらままならなくなる時代です。

 

そこでおすすめなのは「Webデザイン副業です。なぜならWebデザインの副業は、初心者(未経験)でも始めやすい上に、副収入を得やすいからです。

 

KEI

その事実に気づいた方は、すでにWebデザインを学び始め、月5〜10万円以上の副業収入を得ています。

 

本記事でお伝えすること

初心者からWebデザイン副業で稼ぐためのすべての知識です。

 

この記事に書いてある通りに行動していけば、あなたがどのような経歴であれ、Webデザイナー副業で稼げるようになります。

 

私の経歴や実績

私は現在、フリーランスのWebデザイナーとして仕事をしています。高単価案件だけでなく、副業でできるような「在宅案件」も多くやってきているため、副業初心者におすすめな案件も、経験をもとに理解しています。

 

また私は転職事業も別でやっていることから、企業から評価されるWebデザイナーのスキルや経験についても理解しています。そのため、副業で稼ぐだけでなく、将来的に「企業のWebデザイナー」や「フリーランスのWebデザイナー」として活躍するためのルートも把握しています。

 

そのような未来も目指せる副業の始め方が本記事です。長文になってしまったので、記事をブックマークし、いつでも読み返せるように使っていただけると幸いです。

 

未経験でもWebデザイン副業で稼ぐことはできる?

未経験でもWebデザイン副業で稼ぐことはできる?

 

もちろん可能です。

 

例えば、

 

  • 副業をしたいけど何もスキルを持っておらず、どうすればいいか悩んでいる会社員の方
  • アルバイトで生計を立てているものの、将来が不安で収入源を増やしたい方
  • 在宅で仕事をしないといけない子育て中の主婦の方(副業とは少しずれますが)

 

上記のように、どんな方であっても、Webデザインで稼ぐことは可能です。

 

さらにいえば、今回紹介するステップに沿っていけば、未経験からでも半年程度で、副業収入を得ることもできます

 

副業を始めたい方の一番の不安は「スキルがないけど本当にできるのかな..」「本当に稼げるのかな…」と言った不安です。

 

KEI

でも大丈夫です。今すぐ稼ぐことは難しいですが、順序に沿っていけば、Webデザイン副業で収入を得ることは十分可能ですよ!

 

Webデザイン副業が初心者におすすめな3つの理由

Webデザイン副業が初心者におすすめな3つの理由

 

KEI

世の中にはいろんな副業がありますが、中でもWebデザインの副業が初心者におすすめな理由は以下3つです。

 

  1. 初心者でも始めやすい副業だから
  2. 副業でも十分な収入を得られるから
  3. 在宅やリモートでも稼げる副業だから

 

それぞれ解説します。

 

1. 初心者でも始めやすい副業だから

まずはなんといっても、初心者でも始めやすい副業だからです。

 

これについては、他の副業と比較するとわかりやすいので、比較してみましょう。

 

Webデザインと他の副業を比較してみる

例えば最近だと「ブログ」の副業や「Youtube」の副業が人気ですね。

 

でもブログやYoutubeの副業って、本当に大変なんですよね。私はブログで収入を得ることもやっていますが、はっきり言ってかなり大変です。

 

毎日記事を書き続け、それを1年間継続しても、稼げる保証は全くない世界です。それこそ私の周りには、副業でブログを始め、平日仕事後の夜と、休日全部の時間をブログに費やした結果、1年後には月5,000円にも満たなかった人はたくさんいます。

 

Youtubeはもっと大変です。Youtubeはブログよりも手間がかかる上に、閲覧者を伸ばすことが本当に大変です。毎日何時間も動画を撮り、アップロードし続けても、再生数がたった10件しか獲得できない、そういう人は本当に多いです。

 

KEI

もちろん中には、副業ブログや副業Youtubeで、月5万円、月10万円を稼ぐ人もいます。ですが、全体から見れば少数派であることが事実です。

 

Webデザイン副業であれば、誰でも月5万円以上は稼げる

その点Webデザインの副業であれば、誰でも月5万円以上の副業収入は得ることができます。

 

なぜなら、WebデザインはブログやYoutubeと異なり「再現性が高い仕事だから」です。

 

本記事で紹介するステップに沿っていけば、半年程度で月5万円の副収入を得ることも可能です。

 

KEI

このように、いろんな副業がある中でも、Webデザインは特に初心者でも始めやすい副業です。これが一つ目の理由です。

 

2. 副業でも十分な収入を得られるから

加えてWebデザイン副業の場合、副業でも十分な収入を得ることができます。

 

具体的な収入は後述しますが、月5万円はもちろん、月10万円や月20万円を副業で稼ぐこともできます。

 

サラリーマンとして月10万円の昇給は大変

サラリーマンとして月10万円、給料を上げるのは相当大変です。

 

それこそ、週5日勤務を5年、10年と続けても、多くの人は月10万円も上がらないことが事実です。

 

その点Webデザインであれば、最短半年程度、長くても1年くらいあれば、月10万円を副業で稼ぐことは現実的です。

 

KEI

このように「副業でも十分な収入が得られる点」も、Webデザイン副業が初心者におすすめな理由です。

 

3. 在宅やリモートでも稼げる副業だから

さらに言えば、Webデザイン副業は「在宅」や「リモート」で、場所にしばられずにできます。この点も初心者におすすめな理由です。

 

例えば最近の副業では、何かしらの分野の「コンサルタント」として企業を訪問する仕事や、イベント設営の仕事などがあります。

 

ですが、会社員として本業を続けながら、別の場所に通って副業をすることは大変です。特に休みの日は「今日は家から出たくないなぁ」と思うことも多いと思います。

 

その点Webデザイン副業であれば、PC1台とネット環境さえあれば、在宅で仕事をすることができます。

 

この「自由度の高さ」が、Webデザイン副業の大きなメリットですね。

 

KEI

Webデザイン副業は「初心者でも始めやすく、収入も良く、その上在宅で自由に働ける」という、3つが揃った副業です。

 

Webデザインは副業初心者でも始めやすいので、初めての副業にもぴったりですよ。

 

Webデザイナーの副業案件【実例を3つ紹介】

Webデザイナーの副業案件【実例を3つ紹介】

 

次は「Webデザイン副業の代表的な案件」を3つ紹介します。

 

  1. Webサイトデザイン
  2. バナー制作
  3. ロゴ・アイコン制作

 

Webデザイナーの副業事例①:Webサイトデザイン

Webサイトデザイン
稼げる度
(4.5)
案件数
(4.5)
初心者おすすめ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

 

Webデザイン副業で最もメジャーな仕事が「Webサイトデザイン」の仕事です。

 

Webデザイナーの副業案件【実例を3つ紹介】

Webサイトの事例

 

Webサイトデザインの需要は底堅い

いまの時代、誰もがインターネットで情報を調べ、買い物やサービスを利用をする時代です。そのため「ネットのお店」でもあるWebサイトやECサイトは、多くの企業や個人から需要があります。

 

とはいえ、サイトを作りたい・デザインしたい企業や個人は、Webサイトを作ったりデザインはできません。だからこそ、Webサイトデザインのニーズがあるんですよね。

 

KEI

ちなみに上記スキルは、以下の「Webデザインスクール」で2〜3ヶ月学習すれば、初心者でも無理なく習得できます。

 

Webサイトのデザインスキルを学べるスクール

  1. TechAcademy Webデザインコース【Webデザイン副業に強いスクール!副業案件の受注サポートあり
  2. CodeCamp デザインマスターコース【同じくWebデザイン副業に強い!料金が最安値レベルで安い

 

上記どちらもWebデザインスクール最大手の2社で、コスパよくWebデザインスキルを習得し、副業収入を得ることができます。

 

KEI

特に『TechAcademy Webデザインコース』は副業スキルの習得だけでなく、「副業案件の受注サポート」まであるので、早ければ数ヶ月後には「副業で月数万円の収入」を得ることも目指せます。

 

Webデザインで副業してみたい方は、上記スクールも真剣に検討してみると、副業で収入を得ることは一気に現実的になりますよ!

 

【余談】マーケティングもできると尚需要が高い

これは中上級者向けですが、おしゃれでセンスの良いWebサイトだけでなく、Webサイト上から問い合わせ数や販売数を伸ばすために「マーケティング的」な観点を重視できれば、さらに一段上のWebデザイナーになることができます。

 

結果、Webデザイナーとして、より高単価の案件を受けることも可能になります。ゆくゆくは、企業の売上を上げられるWebデザイナーを目指したいところですね。このレベルまで来れば引っ張りだこです。

 

Webデザイナーの副業事例②:バナー制作

バナー制作
稼げる度
(4.0)
案件数
(4.0)
初心者おすすめ度
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

次に「バナー制作」。バナー制作もWebデザインの副業として人気です。

 

バナー制作は豊富に案件があります、例えば企業が広告で使うバナーなどは、需要が特に高いです。

 

バナーの事例

広告バナーはどういうものか事例を出しますね。

 

例えばYahooなどネットを見ていると「画像」や「文字付き」の広告が出ていると思います。以下オレンジで囲っているようなものですね。

 

Webデザイナーの副業案件【実例を3つ紹介】

バナーの事例

 

これがバナーです。こういったバナー案件は、後述する「PhotoShop」などを使えば、比較的簡単に作ることができます。

 

バナー制作も始めやすいので、初心者にもおすすめなWebデザイン副業です。

 

バナー制作に必要なスキル

・PhotoShop、Illustratorなど

 

MEMO

バナー制作副業について詳しく知りたい方はこちら⇨初心者がバナー作成の副業を始める完全マップ【単価や必要スキルも解説】

 

Webデザイナーの副業事例③:ロゴ・アイコン制作

ロゴ・アイコン制作・デザイン
稼げる度
(3.5)
案件数
(4.0)
初心者おすすめ度
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

また「ロゴ制作」や「アイコン制作」も、初心者から始めやすいWebデザイン副業です。

 

ロゴ制作の事例

  • 企業や個人のWebサイト用ロゴ
  • Webページ内で利用するアイコン

 

など、様々な場面でロゴやアイコンは利用されます。例えば以下のようなものがロゴです。

 

Webデザイン 副業 バナー
Webデザイン 副業 バナー

ロゴの事例

 

当サイト名「デザキャリ」でちょっと作ってみました。

 

PhotoShopやIllustratorなどの画像編集ソフトが使えるようになれば、初心者・未経験でもロゴ制作案件を受けることができますよ。

 

ロゴ制作に必要なスキル

・PhotoShop、Illustratorなど

 

Webデザイン副業の収入目安・案件相場【月収5万〜20万円も可能】

Webデザイン副業の案件相場・収入目安【月5万〜月10万円も可能】

 

結論、Webデザインの副業相場は以下の通りです。

 

Webデザイン副業の案件相場

・Webサイトデザイン:5,000円〜300,000円/件

・バナー制作・デザイン:1,000円〜50,000円/件

・ロゴ制作・デザイン:500円〜10,000円/件

 

あくまで目安ですが、だいたいこのレンジに収まることが多いですね。

 

ちなみに全て「1件あたりの金額」です。なので、件数をこなせばこなすほど、月収は伸びます。

 

KEI

月収5万円はもちろん、件数や単価を上げていけば月収10万円〜月収20万円も可能です。

 

相場は案件によって変動が大きい

ちなみに、Webデザインの相場は、案件によって金額の差が大きいです。

 

例えば、同じような案件でも、依頼主が「企業の場合」と「個人の場合」では、企業の方が単価は上がりやすいです。

 

また依頼主が「納品を急いでいる場合」と「急いでいない場合」では、納品を急いでいる方が単価は上がりやすいです。

 

KEI

なので、案件ごとに少しでも高単価案件を受けられるよう、

  • 企業から依頼を受けるために「スキルアップ」したり
  • すぐに納品できるよう「生産性」を高めておく

こういった動きをしていくことで、副業でも大きな収入を得られるようになりますよ。

 

Webデザイナー副業で必要なスキル

Webデザイナー副業で必要なスキル

 

Webデザイナー副業で必要なスキル
  1. Webデザインの基礎(デザインの考え方、Photoshopなどデザインツールの使い方など)
  2. Webデザインの実践スキル(実際にWebサイトなどデザイン案件を行うスキル)

 

Webデザイン副業で必要なスキルをざっくりまとめると上記の通りです。

 

全部のスキルがなくてもWebデザイン副業は可能

「必要なスキル、結構多いなぁ…。」と思った方もご安心を。

 

KEI

上記全部のスキルがなくても、Webデザイン副業で収入を得ることはできます。

 

例えば「バナー制作」では、PhotoShopやIllustratorができれば副業することができます。

 

こんな感じで、どの副業をやるかによって、必要なスキルは分かれます。

 

まずは始めやすいことからスタートしよう

その点でおすすめなのは、一度に全部のスキルを身につけようとするのではなく、まずは簡単なものから始めることです。

 

例えばPhotoshopは、初心者でも取り組みやすい分野です。Photoshopができるだけでもできる案件はありますので、こういったスキルを最初は学んでみると良いですね。

 

こういったベーススキルを勉強しつつ、一歩ずつ、スキルの幅を広げていくと良いですね。

 

【未経験向け】初心者からWebデザイン副業で稼ぐ5ステップ

【未経験向け】初心者からWebデザイン副業で稼ぐための5ステップ

 

ここからは未経験からWebデザイン副業を始める5ステップに移っていきます。

 

早速手順を挙げると以下の通りです。

 

初心者からWebデザイン副業で稼ぐための5ステップ

手順1
副業で稼ぐ目的と目標を明確にする
なんで副業で稼ぎたいのか?どれくらい稼ぎたいのか?を決める(おすすめの目標は月10万円)
手順2
Webデザインを学ぶ手法を決める(独学 or スクール)
独学で学ぶか、Webデザインスクールで学ぶか決める。おすすめはWebデザインスクールで学ぶこと(現役デザイナー目線のおすすめスクールは現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選徹底比較【評判が良い】を参照) 
手順3
Webデザイン学習を始める
Webデザイン学習を実際に始める
手順4
Webデザインの副業案件にトライしてみる
副業でもできる小さな案件からトライしてみる
手順5
ポートフォリオを充実させ、より高単価案件へシフトする
実績を作り、より高単価案件にトライしてみる

 

KEI

ステップを一つずつ取り上げ、ポイントをわかりやすく紹介しますね!

 

1. 副業で稼ぐ目的と目標を明確にする

まずは「副業で稼ぐ目的と目標を明確にすること」です。

 

これがファーストステップです。

 

なんで目的と目標を決める必要があるの?

なぜなら「明確なゴールがないと、挫折しやすいから」です。

 

そもそも今回は「副業」です。副業の場合は、当然ながら会社の本業がありますから、限られた時間でスキルを習得する必要があります。

 

当然ながら、副業の時間を確保するためには、何かしらのことを犠牲にしないといけません。例えば同僚と飲みにいく時間、テレビを見る時間、そういったことを我慢し、副業に充てる必要があります。ましてや、現時点でスキルがないので、最初は「スキルアップ」をしないといけません。

 

KEI

ゴールが明確になっていないと、途中で「やっぱり辞めようかな。大変だし」と、挫折しがちなんですよね。

 

だからこそ、モチベーションを駆り立てるような目的・目標をまず作るべきです。そうすることで、副業に対する向き合い方も変わり、結果最短で稼げるようになります。

 

おすすめの目的と目標

目的と目標はわからない場合は、以下の目的・目標がおすすめです。

 

おすすめの目的・目標

目的:給料以外の収入源を確保し、会社に依存しない状態を作る

目標:副業収入で「半年後」に「月5万円」の達成

 

目的は人それぞれですが、目標に関しては「半年後に月5万円」など、期限と数字で目標を作ることがおすすめです。

 

今回の記事は「半年で月5万円の副業収入」を目指すゴール設定で

なのでこの記事では、半年後に月5万円の副業収入を得ることを前提にします。

 

月5万円の副業収入を得られるようになれば、控えめに言っても人生変わりますよ。

 

毎週美味しいものを食べられますし、半年に1回は旅行も行けるようになります。

 

また将来に向けて貯金をすれば、1年で60万円、10年で600万円、30年で1,800万円です。

 

税金を考えると上記のようにはなりませんが、それでも1,000万円単位のインパクトがあります。

 

このように、月5万円の副収入は人生を変える力を持っているからこそ、今回は「半年で月5万円」を目指しましょう。

 

2. Webデザインを学ぶ方法を決める(独学 or スクール)

目的と目標が決まったら、次は「Webデザインを学ぶ方法」を決めます。

 

方法は「2つ」あります。

 

  1. 独学で勉強する
  2. Webデザインスクールで勉強する

 

独学とスクール、それぞれのメリット・デメリット

独学とスクールはどっちを選べばいいのでしょうか?

 

KEI

どちらもメリット・デメリットがありますので、比較してみましょう。

 

手法メリットデメリット
1. 独学で学ぶ✔︎ お金がかからない✔︎ 時間がかかる(副業で月5万円稼ぐために1年くらいは見ておく)
2. Webデザインスクールで学ぶ✔︎ 最短で習得できる(半年後に副業で月5万円も可能)

✔︎ 挫折しづらい

✔︎ お金がかかる

 

上記の通りです。

 

一言で言えば「副業で稼ぐまでの時間や確実さ」を重視するならスクールですし、「お金をかけないこと」を重視するなら独学となります。

 

おすすめはWebデザインスクールで学ぶこと

結論、副業で始める場合、おすすめはWebデザインスクールで学ぶことです。

 

なぜなら、副業だと毎日使える時間が限られるからです。効率的に学べるスクールの方が、圧倒的に楽に、確実に学べるからです。

 

半年で月5万円は独学だと厳しい

また半年後に月5万円を稼ぐとなると、独学だと正直厳しいです。時間がかかる上に、途中で挫折してしまう確率も高いからです。

 

一方で、スクールであれば、お金がかかるデメリットはもちろんあるものの「時間」を買うことができます。

 

KEI

また、捉え方を変えれば、スクールの場合、「半年後以降、毎月5万円が手に入る権利」を買うという表現もできるでしょう。

 

あなたが若ければ若いほど、早いうちに稼げるスキルを持っていた方が、複利的に大きな収入を得ることができるようになります。

 

前述通り、毎月5万円を30年続ければ1,800万円だからです。Webデザインは「毎月10万円」も十分稼げるので、そうすれば3,600万円です。

 

KEI

このように、得られるものが圧倒的に大きいからこそ、目の前の受講費用の数十万円くらいは、自己投資だと思って使うべきですね。

 

少し厳しいようですが、スクールの費用をケチってしまうようであれば、副業で稼ぐこと自体を諦めた方が良いかもしれません。特に社会人で時間がない中であれば尚更です。

 

だからこそ、時間を買い、最短でスキルを習得することがおすすめです。前述通り、Webデザインで副業できるようになれば、受講費用はすぐに回収できるようになるからです。

 

3. Webデザイン学習を始める

学ぶ手法を決めたら、早速Webデザイン学習を始めていきましょう。

 

KEI

Webデザイン副業目的の場合、おすすめは「Webデザインスクールで学習すること」なので、スクールを利用する前提で話しますね!

 

Webデザイン学習向けのWebデザインスクールは以下3つです。

 

Webデザイン学習向けのWebデザインスクール

  1. TechAcademy Webデザインコース【Webデザインスキルをオンラインで学びたい人向け。副業・在宅案件の受注サポートあり】※迷ったらココがおすすめ
  2. CodeCamp デザインマスターコース【同じくWebデザインをオンラインで学びたい人向け。TechAcademyより安くほぼ最安値】
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【Webデザイナーに転職した上で、副業したい人向け】

 

おすすめのWebデザインスクールは上記の3つです。

 

中でもおすすめはTechAcademy Webデザインコース(副業・在宅案件の受注サポートあり!)

中でもおすすめはTechAcademy Webデザインコースです。迷ったらココを選べば間違いないです。

 

TechAcademy Webデザインコースは、オンラインWebデザインスクール最大手であり、Webデザイン副業収入を得るための実践スキルを最短習得していけます。

 

KEI

私も受講したスクールですが、現役デザイナー講師が専属でつくので、わからないことも一つずつ解消していけたことが良かったです。

 

他のスクールにない特徴として、TechAcademy Webデザインコースには「在宅・副業案件の受注サポート」もあります。

 

現役デザイナー講師が案件受注をサポートしてくれるので、最初の一歩を安心して踏み出せる環境ですよ。TechAcademy Webデザインコースを2〜3ヶ月程度を受講すれば、半年後に月5万円を稼ぐことも十分目指せますよ!

 

KEI

費用もWebデザインスクールの中では安いですし、TechAcademy Webデザインコースは、総合的なコスパの良さはNo.1です。

 

TechAcademy Webデザイン公式サイトでは「無料説明会動画」もあるので、検討してみたい場合は覗いてみることをおすすめします。受講した後のイメージも湧いてくると思いますよ!

 

KEI

TechAcademy Webデザインの詳しい体験談や、他のおすすめWebデザインスクールは「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】」でもまとめています。こちらも参考にしてみてください!

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

 

4. Webデザインの副業案件にトライしてみる

Webデザインスクールでスキルを習得したら、次は「副業案件」にトライしてみましょう。

 

「この段階でもう副業案件に挑戦するの??」とびっくりするかもですが、問題ありません。

 

スクールを卒業した段階であれば、簡単なWebサイトの制作のスキルは身についているからです。

 

実践は早く積んだ方が間違いなく良い

仮に自信がない状態だったとしても、早いうちに実践を積んだ方が良いです。

 

私の経験上、どれだけスキルを頑張って習得しても、実際の仕事をやるまでは、自信なんて1ミリも生まれません。

 

一方で、仕事を一件でも自分の力でやり切れば、それが何よりの自信となります。

 

KEI

最初の一件は誰だって不安ですし、失敗もします。それでも「絶対にやり切るんだ」という強い覚悟を持って、チャレンジすることが大切です。

 

わからないことは調べながら、それでもどうしても行き詰まった時は、知人のデザイナーや、あるいは利用したスクールの講師に連絡し「お金を払うからサポートして欲しいです…!」と助けてもらうことも全然アリだと思います。

 

そうやって苦労しながらでも一件を乗り越えれば、どれだけ事前準備をするよりも、深い学びと自信が得られますよ。

 

だからこそ、チャレンジしましょう。そうすれば、あなたの努力が報われるタイミングも早く訪れますから。

 

副業でWebデザイン案件を受注できるサイト

  1. クラウドワークス:最大手のクラウドソーシングサイト。未経験からチャレンジしやすい案件はこちら
  2. クラウドテック:クラウドワークスの上位版。高単価案件はこちら

 

クラウドワークスとクラウドテックとは?

どちらも「仕事を探している人」と「仕事を受けたい人」をマッチングするプラットフォームです。こういったサイトに登録すれば、無料で案件に応募し、仕事をすることができます。

 

クラウドワークスは多くの初心者が利用しているので、あなたもチャレンジして大丈夫です。最初こそ単価は低いものの、まずは経験を積んでいくことが必要です。

 

1件、2件と実際にこなしていくことで、感覚も掴めてきます。ですから、まずは最初の一件に、早いうちにチャレンジすることが必要です。

 

もう一つのクラウドテックは、クラウドワークスの上位版で、高単価のWebデザイン案件があります。無料登録すれば案件を知れるため、まずは無料で登録しつつ、自身の経歴でチャレンジできる案件を探してみることをおすすめします。

 

月に案件を数件こなせば、ステップ4で月5万円は実現可能

今回は副業で月5万円を半年後に稼ぐことを目標としましたが、実はステップ4の段階で、目標は達成できます。

 

例えば、月に2.5万円のWebデザイン案件を2件受注すれば、その時点で月5万円です。

 

このように、

 

  • 学ぶ目的・目標を決め
  • Webデザインスクールで数ヶ月学習し
  • 実際に案件を受けてみる。

 

実はこれだけのことなんですよね。

 

KEI

このような流れで取り組めば、未経験からでも半年程度で、Webデザイン副業で月5万円稼ぐことは可能です。

 

だからこそ、希望を持って、取り組んでみて欲しいなと思います。

 

5. ポートフォリオを充実させ、より高単価案件へシフトする

さて、ここからは「更なる高みを目指すステップ5」です。

 

ステップ5で重要なことは「ポートフォリオ」

ステップ4で実績を積んでいったら、あなたの制作実績も増えていきます。

 

実績を積んでいったら、必ず「ポートフォリオ」として制作実績を残しておきましょう。

 

なぜなら、ポートフォリオがあなたのスキルの証明になり、より高単価案件にチャレンジする際に役立つからです。

 

フリーランスとして独立も可能

このフェーズまでくれば、副業ではなくフリーランスとして稼ぐこともできます。

 

少し先の話になりますが、実績をたくさん作っていき、ゆくゆくは更に高単価案件を取っていくと、人生の安定度は格段に上がります。

 

以上がWebデザイン副業で収入を得るための5ステップです。

 

Webデザイン副業の5ステップまとめ
  1. 副業で稼ぐ目的と目標を明確にする
  2. Webデザインを学ぶ手法を決める(独学 or スクール)
  3. Webデザイン学習を始める
  4. Webデザインの副業案件にトライしてみる
  5. ポートフォリオを充実させ、より高単価案件へシフトする

 

よくある質問

初心者がWebデザイン副業で稼ぐまでの全知識【現役Webデザイナーが解説】

 

あなたが納得感を持って行動に移れるよう、ここではWebデザイン副業で「よくある質問」を、Q&A形式でまとめてみました。

 

質問が増えていったら追記していこうと思います。

 

Webデザイン副業で必要なツールは何?

  1. パソコン
  2. グラフィックツール(PhotoShopやIllustratorなど)
  3. テキストエディタ(Visual Studio Code、Brackets、Sublime text3など)

 

こういったツールが必要です。

 

まずはパソコンですが、基本は今使っているPCでOKです。一方、性能がよくないパソコンだと処理速度が遅れ、仕事がなかなか進まないことも起こります。

 

なのでその場合は、CPUの性能が良いCPU core i5以上のパソコンや、メモリは16G以上などであれば、快適にWebデザインができるかと思います。

 

グラフィックツールやテキストエディタも上記の通りです。グラフィックツールならPhotoShopやIllustratorを、テキストエディタならVisual Studio Code、Brackets、Sublime text3、Atomなどがおすすめです。

 

Webデザインの副業案件が見つかる他のサイトは?

 

おすすめのサイトは上記の通りで、特徴も書いてある通りです。

 

サイトによって高単価案件が多いなど特徴はありますが、基本的には案件ベースです。

 

KEI

気になるサイトは複数登録しつつ、案件を日々眺めて、面白そうな仕事があれば応募してみることがおすすめです。

 

会社が副業禁止だけど、Webデザイナー副業してもバレないかな?

結論、バレません。

 

副業がバレるのは「住民税」が原因

そもそも副業がバレるのは「住民税」が原因です。

 

本来であれば、税務署が住民税を計算し、本業給料にかかる住民税は「本業の会社」に、副業収入にかかる住民税は「あなた自身」に、税務署から通知が来ます。

 

KEI

じゃあなぜバレるかというと、後者「副業の住民税」の通知が、誤って本業の会社に行ってしまった時だけ、副業はバレます。

 

本業と副業の住民税額が合算され、本業の住民税が本来より上がってしまうからです。

 

副業の会社バレを防ぐ方法

KEI

税務署に副業収入を確定申告をする際に、以下2点を行いましょう。

 

  • 確定申告書類で「住民税を自分で納付する」にチェックを入れる
  • 上記に加えて、4〜5月頃に税務署に対して電話をし「住民税を自分で納付する」でちゃんと処理されているか、念押しで確認しておく

 

この2つをやっておけばまず問題ないです。

 

基本は「住民税を自分で納付する」にチェックを入れればそれで問題ないです。

 

それでも会社バレが不安な方は、4〜5月ごろに税務署に念押しでステータスを確認しておけば間違いないです。

 

KEI

なお、副業バレの詳しい仕組みは、ネットで検索すれば出てきます。

そちらも合わせて読んでみると、確定申告や住民税の仕組み含めて、納得度高く理解できるかと思いますよ。

 

まとめ

初心者がWebデザイン副業で稼ぐまでの全知識【現役Webデザイナーが解説】

 

冒頭でも述べましたが、少子高齢化、終身雇用の崩壊、年金不安など、いまの現役世代は問題が山積みです。

 

どれだけ頑張って仕事をしても、これからの時代、多くの会社員の給料は上がりません。それどころか、社会保険や税金の負担は上がり続けるので、「時間が経てば経つほど貧しくなる時代」です。

 

だからこそ、これからの時代はどんな人も例外なく、副業で収入源を作っていく必要があります。それは豊かになるためではなく、いまの生活水準を維持するためにもMUSTなことです。

 

とはいえ、スキルのない初心者がすぐにできる副業は少ないです。時間もかかります。稼げない副業に時間を費やしても、人生の時間を消費してしまいます。

 

その点Webデザインの副業であれば、今回紹介したステップに沿って本気で行動すれば、たった半年でも月5万円程度は稼げるようになります。

 

もう、国や企業を頼りにすることはできません。5年後、10年後の自分自身を守るためにも、私含め、行動していくことが必要かなと思います。

 

KEI

希望を持ち行動すれば、Webデザインの場合、未来は明るいですよ!

 

まずはスキルを身につけることからスタートです(副業スキルが身につくWebデザインスクール一覧)

  1. TechAcademy Webデザインコース【Webデザインスキルをオンラインで学びたい人向け。実践的スキルが身につく】※無料説明会動画あり
  2. CodeCamp デザインマスターコース【同じくWebデザインをオンラインで学びたい人向け。TechAcademyより安くほぼ最安値】※無料体験レッスンあり
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【Webデザイナーに転職した上で、副業したい人向け】※無料カウンセリングあり

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です