【初心者向け】Webデザイン独学のおすすめ本11冊!【Webデザイナーが厳選】

Webデザイン独学で本当におすすめな本11冊【現役フリーランスWebデザイナー厳選】

「Webデザインを独学で勉強したいんだけど、Webデザイナーおすすめの本が知りたいな」

 

このような疑問に、本記事ではお答えします。

 

私は今でこそフリーランスWebデザイナーとして仕事をしていますが、もともとWebデザインは完全未経験、イチからWebデザインを勉強しました。

 

その過程では様々な勉強方法を利用しましたが、そこで今回は「この本は本当に役立った!」というWebデザインのおすすめ本を厳選して11冊紹介します。

 

KEI

記事前半では「Webデザイン本の選び方」「独学で役立ったおすすめ本」をニーズ別で紹介していきます。

 

また記事後半で「本以外のおすすめ学習方法」も紹介します。この方法であれば、より早く、確実にWebデザイナーとして仕事レベルになれる、という学習方法です。

 

【初心者向け】Webデザイン本のおすすめの選び方

【初心者向け】Webデザイン本のおすすめの選び方

 

まず初めに、初心者向けの「Webデザイン本の選び方」を紹介します。

 

Webデザインを本で勉強する際、大きく「4つ」の分野があります。

 

Webデザイン本の分野

1. Webデザインの基本が学べる本

2. HTML・CSSが学べる本

3. JavaScript/jQueryが学べる本

4. Webデザインツール(IllustratorやPhotoshop)が学べる本

 

大きく分けてこの4つです。

 

あなたが学びたい分野は決まっているでしょうか?

 

学びたい分野が決まっている方の選び方

まず、すでに学びたい分野が決まっている場合。

 

この場合はシンプルで、あなたが学びたい分野の本をそのまま選びましょう

 

KEI

今回は上記4つの分野ごとにおすすめの本を紹介していきますので、その中から良さそうな本を選んでみてください!

 

どこから学べばいいかわからない方の選び方

一方、「まだ漠然としていて、どこから学べばいいかわからない…」という場合は、

 

  1. Webデザインの基本
  2. HTML/CSSの基本

 

この2つから始めることがおすすめです。

 

なぜならWebデザインの「学習順序」の観点で、先に学ぶ必要があるのが「Webデザインの基本」「HTML/CSSの基本」の2つだからです。

 

KEI

一方残り2つの「JavaScript」「デザインツール」の勉強は、Webデザインの基本と、HTML/CSSの基本が終わってからで大丈夫です。

 

Webデザインの基本を学ぶおすすめな本4冊

まずは「Webデザインの基本」を学ぶ際に役立った本を紹介します。

 

  1. ノンデザイナーズ・デザインブック
  2. なるほどデザイン
  3. いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門
  4. Webデザイン良質見本帳

 

KEI

この4冊が役立ちました。それぞれ紹介しますね!

 

ノンデザイナーズ・デザインブック

 

ノンデザイナーズ・デザインブックは初版発行後20年以上経過している、デザインの原理原則が学べる良著です。

 

デザインが「近接、整列、反復、コントラスト」という「4つのシンプルな原則」にまとめられた本です。

 

初心者でもわかりづらいデザインの原則が学べるため、Webデザインを始めた頃にとても役立ちました。これからWebデザイナーを目指す全ての人におすすめです。

 

なるほどデザイン

 

こちらはノンデザイナーズ・デザインブックで学んだ原則を、もう少し具体的に、日常のデザインへ落とし込んでいく際に役立った本です。

 

内容としては「目で見て楽しめる形で」、デザインの原則や基本を学ぶことができます。

 

私も個人的にもとても重宝しており、今でも時々読み返しています。デザイン初心者はもちろん、一定経験を積んだ人にもおすすめです。

 

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門

 

Webデザインの基本が学べる本です。Webデザインの仕事がどのような流れで進んでいき、どんなスキルが必要か、基本的なことが一通り学べます。

 

「Webデザインの仕事のイメージがまだ湧いていない」という初心者に役立つ本です。

 

Webデザイン良質見本帳

 

Webデザイン良質見本帳は、目的に応じたWebサイトのデザインの配色・業種・レイアウトなどが、実際のWebサイト事例415選として網羅されている本です。

 

Webデザイナーとして仕事をしていると、様々なWebサイトを参考にすることがあります。

 

そんなときに本書があると、その場で見本となる良質なデザイン事例を知ることができます。私も常にデスクの近くに置いていますが、とても役立っている本です。

 

HTML・CSSの勉強におすすめな本3冊

次に「HTML・CSSの勉強」で役立った本を紹介します。

 

  1. 1冊ですべて身につくHTML & CSS とWebデザイン入門講座
  2. スラスラわかるHTML & CSSの基本
  3. HTML5&CSS3デザインブック

 

KEI

この3冊が役立ちました。それぞれ紹介しますね!

 

1冊ですべて身につくHTML & CSS とWebデザイン入門講座

 

HTML/CSSの基本から応用まで、一通り学べたおすすめ本です。HTML/CSSの基本を体系的に学べるだけでなく、1つのWebサイトを作りながら、Webサイト制作の流れを一通り理解することができます。

 

名前の通り、これ1冊でHTML/CSSはOKです。迷ったらこの本からスタートすることがおすすめです。

 

スラスラわかるHTML & CSSの基本

 

より初心者向けの本が良い場合は、スラスラわかるHTML&CSSに基本がおすすめです。

 

基本のタグからフォームなど基本事項が多いですが、HTMLとCSSの基礎がわかりやすくまとめられていました。初めてで自信がない場合は、この本から始めても良いと思います。

 

HTML5&CSS3デザインブック

 

こちらはHTML/CSSの基本だけでなく、実践レベルまで学べる本です。1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座が合わない場合は、こちらから始めると良いですね。

 

実践まで学べるとはいえ、内容は難しくありません。そのため自信がない場合でも、この本から始めてみることも全然良いと思います。

 

JavaScript/jQueryの勉強におすすめな本2冊

次に「JavaScript・jQueryの勉強」で役立った本を紹介します。

 

  1. 確かな力が身につくJavaScript「超」入門
  2. 作りながら学ぶjQueryデザインの教科書

 

KEI

この2冊が役立ちました。それぞれ紹介しますね!

 

確かな力が身につくJavaScript「超」入門

 

JavaScriptの基本が学べる良書です。特に初心者がつまづきやすいポイントが、丁寧に説明されていたことが印象的でした。

 

JavaScriptを全くやったことがない人でも、本書であればスムーズに理解できると思います。初心者のJavaScript入門にぴったりです。

 

作りながら学ぶjQueryデザインの教科書

 

jQueryの基本が学べるおすすめ本です。実用的なサンプルを作りながら学んでいくため、手を動かしながらjQueryを習得していけます。

 

jQueryを初めて勉強する初心者はもちろん、すでに制作を行っていて、都度わからないことを調べる際にもあると役立つ本でした。

 

デザインツール(Illustrator、PhotoShop)の勉強におすすめな本2冊

最後にデザインツール(Illustrator、PhotoShop)の勉強で役立った本を紹介します。

 

  1. Illustratorしっかり入門
  2. PhotoShopしっかり入門

 

KEI

この2冊が役立ちました。それぞれ紹介しますね!

 

Illustratorしっかり入門

 

Webデザイナー御用達のIllustratorの使い方が学べる本です。

 

入門編なので、Illustratorをまだ利用したことがない完全初心者におすすめです。この本を見ながら、実際にIllsuratorに触ってみることがおすすめの使い方です。

 

PhotoShopしっかり入門

 

こちらはPhotoShop版です。同じく入門編なので、PhotoShopをまだ使ったことがない完全初心者におすすめです。

 

同じく本を参照しながら、実際にPhotoShopに触れつつ、実践しながら覚えていくことがおすすめの使い方です。

 

以上が、Webデザイン独学で役立ったおすすめ本11冊です。

 

【より効率的に】Webデザインを”本以外”で勉強するおすすめな方法

【より効率的に】Webデザインを"本以外"で勉強するおすすめな方法

 

ここまでWebデザインの独学本を紹介しましたが、実は「本よりも効率的」に、Webデザインを学べる方法が「別」にあります

 

結論、以下の学習方法を用いた方が、より効率的にWebデザインを習得することができます。

 

  1. Webデザイン学習サイトで勉強する
  2. Webデザインスクールで勉強する

 

学習サイトとスクール、この2つです。これからWebデザインを早く、確実に仕事レベルへ持っていきたい場合は、この2つを有効活用すると、理想の未来が近づきます。

 

なお、いずれの方法もメリット・デメリットがあります。本で学習する場合も含めたメリット・デメリットは以下の通りです。

 

各学習方法のメリット・デメリット

学習方法メリットデメリット
1. 本で勉強する✔︎ 情報量が多い✔︎ 習得まで時間がかかる(6ヶ月〜1年程度)
✔︎ 挫折しやすい
✔︎ わからないことを聞く相手がいない
✔︎ 無駄な情報も多く、本来やる必要のないことにも労力を消費しがち
2. 学習サイトで勉強する✔︎ 費用が安い(一部コンテンツは無料)✔︎ 習得まで時間がかかる(6ヶ月〜1年程度)
✔︎ 挫折しやすい
✔︎ わからないことを聞く相手がいない
✔︎ 無料で学べるのは一部コンテンツのみ
3. Webデザインスクールで勉強する✔︎ 習得まで時間がかからない(2〜3ヶ月)
✔︎ 最短でWebデザインを仕事にできる(3〜6ヶ月)
✔︎ 講師にいつでも質問し放題のため、未経験でも挫折しにくい
✔︎ 学習だけでなく就職や独立サポートも受けられる
✔︎ お金がかかる(10万円〜50万円以上)

 

比較すると、上記の通りです。

 

学習サイトとスクールについて、簡単に話しておきますね!

 

1. Webデザイン学習サイトで勉強する

まず一つ目はWebデザイン学習サイトで勉強する方法です。

 

最近はWebデザインをオンラインで学べる学習サイトがたくさんあります。こういったサイトを利用することで、本をたくさん集まる必要はなくなります。

 

学習サイトの場合、有料コンテンツ・無料コンテンツと分かれていることが多いです。

 

このうち無料コンテンツだけでも基礎は学べるので、Webデザインの基本事項は、本ではなく学習サイトで済ませてしまって良いと思います。

 

以上を踏まえると「まずは無料、または安価にWebデザインの基本に触れてみたい」という場合は、学習サイトを使ってみることがおすすめです。

 

おすすめの学習サイト

おすすめの学習サイトは「【無料あり】Webデザイン独学で使えるおすすめ勉強サイト7選【現役Webデザイナーが厳選】」でまとめています。

 

2. Webデザインスクールで勉強する

もう一つの方法が、Webデザインスクールで勉強する方法です。

 

メリットは、最短確実に、Webデザインを仕事にできるようになることです。

 

ここまで述べてきた本や学習サイトは、基本事項はしっかり身につくものの、実際にWebサイトを作るなどの「実践力」を養うには少し弱いです。

 

その点Webデザインスクールは、「仕事レベル」から逆算して作られたカリキュラムのもと、最短で仕事で使えるスキルを習得することができます。

 

また、優秀な講師がマンツーマンで徹底サポートしてくれます。そのため、本や学習サイトではわからないことも、スクールであれば、より高いレベルで理解しながら進むことができます。

 

その結果、Webデザインスクールで学んでいけば、就職や転職、副業や独立、在宅ワークなどの働き方も、最短で実現可能です。2〜3ヶ月でスキルを習得し、半年後には上記の働き方をすることも可能です。

 

一方で本や学習サイトの場合、スキル習得で半年〜1年、上記の働き方はそれ以上に時間がかかることが多いです。つまり、3倍以上は時間も労力もかかる可能性が高いということです。

 

ですから「最短かつ確実にWebデザインを習得し、いち早く仕事につなげたい人」に、Webデザインスクールは特におすすめです。

 

おすすめのWebデザインスクール

なお、おすすめのWebデザインスクールは「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】」でまとめています。

 

この記事で紹介しているWebデザインスクールを利用すれば、1〜3ヶ月でWebデザインを習得し、半年後にはWebデザイナーとして企業で働いたり、個人で月5万円の収入を得ることも十分可能ですよ!

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較

 

おすすめの選び方

上記メリット・デメリットを踏まえた、あなたに合った学習方法の選び方は以下の通りです。

 

おすすめの選び方

1. 本で学習する→十分な情報量から、じっくりと学びたい方

2. 学習サイトで勉強する→安価または無料でまずは基本を学んでみたい方

3. Webデザインスクールで勉強する→最短かつ確実にWebデザインを仕事にしたい方

 

KEI

個人的には「学習サイト」で基本を1〜2週間で学び、その後は2〜3ヶ月Webデザインスクールで本格学習することがおすすめです!※本にこだわりがある場合は、学習サイトを「本」に変えても良いと思います。

 

このステップであれば、無駄なく効率的に、Webデザインを習得することができますよ。また早期にWebデザイナーとして仕事に結びつけることもできます。

 

まとめ

Webデザイン独学で本当におすすめな本11冊【現役Webデザイナー厳選】

 

最後に、Webデザインは需要が高い「手に職」です。そのため、一度身につけておけば、この先の人生で役立つ場面が多いです。

 

例えば、Webデザイナーとして企業へ就職/転職して働くだけでなく、「会社員の副業」として今より収入をちょっとプラスしたり、「主婦の在宅ワーク」として、家事や育児と良質しながら、社会と繋がりを持って働くこともできます。

 

またWebデザインを勉強していけば、フリーランスとして、会社に依存することなく、個人で稼いでいくこともできるようになります。

 

そうすれば、一度しかないあなたの人生を、あなたがやりたい仕事を、あなたが過ごしたい場所で、あなたが過ごしたい人だけと送ることもできます。面倒な人間関係もなく、たった一度の人生を、あなた自身や、あなたの家族のために使うこともできるんですよね。

 

そんな未来も、まずはWebデザインを学ぶことがファーストステップです。今回紹介した本や、学習サイトやスクールを利用し、Webデザインを学んでみてはいかがでしょうか?

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です