就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5社【就職・転職ならここから選ぼう】

就職・転職支援に強いWebデザインスクール厳選5社【就職したいならここから選ぼう】

「就職・転職に強いWebデザインスクールって、結局どこが良いんだろう」

「就職支援・転職支援がついたスクールが良さそうだけど」

 

あなたは今、こんな風に悩んでいませんか?

 

未経験からWebデザイナー就職・転職したいけど、そもそもスクールを使えば本当に就職できるのか、実際にどのスクールを選べばいいのか、全くわからないことだらけですよね。

 

結論からお伝えすると、Webデザインスクールで実践的なスキルを習得すれば、未経験からでもWebデザイナー就職・転職できます。

 

そこで本記事では、現役Webデザイナーの私が、就職・転職に必要なデザインスキルが身につくWebデザインスクールを、厳選して5つご紹介します。

 

結論、以下5つのWebデザインスクールなら、就職・転職に向けた実力が身につきますよ。

 

Webデザイナー就職・転職に強いスクール5社

  1. TechAcademy Webデザインコース【コスパ良く実践的スキルを習得し、就職・転職したい方向け】
  2. テックキャンプ デザイナー転職【手厚い保証のもと、確実に転職したい方向け※転職できなければ全額返金保証あり】
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【手厚いポートフォリオ制作支援を受け、万全の状態で就職・転職したい方向け】
  4. CodeCamp デザインマスターコース【とにかく安く実践的なWebデザインを習得し、就職・転職したい方向け】
  5. ヒューマンアカデミー実績あるスクールで転職したい方向け※就職内定率90.6%】

 

迷ったらこの中から選べば間違いありません。

 

これを書いている私は、 Web デザインスクールを受講してスキルを習得しました。現在はフリーランスのWeb デザイナーとして仕事をしています。

 

また転職関連の仕事も行っておりまして、未経験からWeb デザイナーを目指す多くの方や、Webデザイナー採用を行っている企業の経営者や人事部長に、多くお会いしている立場です。その過程で、Webデザイナー就職・転職する上で、どんなスキルが求められるか、その実態も把握していました。

 

Web デザインスクールを利用し、かつWeb デザイナーの採用支援に携わってきた経験をもとに、就職や転職支援に強いwebデザインスクールを紹介していきます。

 

KEI

この記事を読めば、あなたに合ったデザインスクールがどこか答えが見つかりますよ。記事を読んで、Web デザインスクールを選ぶことで悩むことはもう終わりにしましょう。

 

\今すぐ就職・転職に強いスクール詳細をみたい方はこちら/

スクールの詳細を見る

 

Webデザイナー就職・転職するならWebデザインスクールが最適な理由

Webデザイナー就職・転職するならWebデザインスクールがおすすめな理由

 

  1. 最短で就職・転職に必要なスキルが身につく
  2. 手厚い就職・転職サポートを受けることができる
  3. Webデザインスクール経由の方が内定を取れる確率も高い

 

理由は上記の3つです。それぞれ解説しますね。

 

1. 最短で就職・転職に必要なスキルが身につく

まず一つ目は「就職・転職に必要なスキルが最短で身につくから」です。

 

Webデザインスクールでは、プロのデザイナー講師の徹底サポートのもと、就職や転職に必要なスキルを、無駄なく、効率的に習得することができます。

 

Webデザインは、独学だと遠回りしがちなんですよね。何が必要で、何が必要か判断できるなら、その人はすでにWebデザイナーだからです。

 

ですが初心者の場合、必要な学習とそうでない学習の判断はできません。だから、プロを頼ることが必要です。最初の慣れていない駆け出しの頃だけでもプロから学べるスクールを選ぶことが、結局のところ最短ルートなんですよね。

 

なお、独学とスクールの「学習期間の違い」を図にすると、以下の通りです。

 

Webデザインを独学で勉強する場合

手順1
HTML・CSS(期間:2週間)
HTML・CSSを学ぶ
手順2
JavaScript(期間:1〜2ヶ月)
JavaScriptを学ぶ
手順3
Photoshop(期間:1〜2ヶ月)
PhotoShopの使い方を覚える
手順4
Illustrator(期間:1〜2ヶ月)
Illustratorの使い方を覚える
手順5
Webサイト制作・デザインの実践(期間:3〜4ヶ月)
Webサイトのデザインや制作をやってみる

 

独学の場合は、上記の通りで、だいたい6ヶ月〜1年くらいとなります。結構時間がかかりますね。

 

Webデザインをスクールで勉強する場合

手順1
HTML・CSS(期間:1週間)
HTML・CSSを学ぶ
手順2
JavaScript(期間:2週間)
JavaScriptを学ぶ
手順3
Photoshop(期間:2週間)
PhotoShopの使い方を覚える
手順4
Illustrator(期間:2週間)
Illustratorの使い方を覚える
手順5
Webサイト制作・デザインの実践(期間:1ヶ月〜2ヶ月)
Webサイトのデザインや制作をやってみる

 

一方でWebデザインスクールを利用する場合は上記の通りです。Webデザインスクールの場合、だいたい2〜3ヶ月の学習時間となります。

 

このように、独学では半年から1年以上かかる学習も、Web デザインスクールであれば「2ヶ月から3ヶ月程度」でも、実践的な技術を習得することが可能です。

 

KEI

私自身、これまで多くのWebデザイン学習者にお会いをしましたが、独学の場合、スキル習得に時間がかかったり、最終的に挫折する人が多く存在しました。

 

その点Webデザインスクールであれば、就職や転職するために本当に必要なスキルをピンポイントで学習することができます。私自身もWebデザインスクールを利用したからこそ、最短で就職・転職に必要なスキルを習得できました。

 

これが独学とスクールの大きな違いですね。

 

2. 手厚い就職・転職サポートを受けることができる

手厚い就職・転職サポートを受けることができる点も、Webデザインスクールを利用するメリットです。

 

特に大きいのは、Webデザイナー就職・転職する上で必要な「Webサイトなどのオリジナル制作」「ポートフォリオ制作」の支援を受けられることです。

 

オリジナル制作とポートフォリオって?
  • オリジナル制作:自分自身で作った制作物を指します
  • ポートフォリオ:過去の経歴や制作実績をまとめたデザイナーとしての履歴書のようなものです。

 

未経験からWebデザイナーになる際は「どんなスキルがあるか」を採用担当者はチェックします。その時に、自分で作ったWebサイトや、ポートフォリオがない場合、採用担当は本当に採用すべきなのか、判断がつかないんですよね。

 

ところが一般的な転職エージェントの場合、オリジナル制作・ポートフォリオ作成支援はしてくれません。自分で用意する必要があります。初めてだと、用意するのは大変です。

 

その点でWebデザインスクールは、カリキュラムの中でオリジナル制作を作ることが一般的であり、スクールによってはポートフォリオ作成支援も、現役デザイナーがサポートしてくれます。

 

就職・転職を目指す方にとっては、このサポートがとても大きいです。

 

KEI

Webデザインスクールでは上記のようなオリジナル制作・ポートフォリオ制作だけでなく、

  • 自己分析やキャリアに関する相談
  • 履歴書・経歴書の作成サポート
  • 面接対策や給与交渉

など、就職・転職するにあたり、必要な支援を一貫してサポートしてくれます。

学習+就職の両方の面で、安心してサポートを受けられることは、Webデザインスクールの良いところですね。

 

3. Webデザインスクール経由の方が内定を取れる確率が高い

また、Webデザインスクール経由の方が「内定を取れる確率が高いこと」もスクールを利用するメリットです。

 

「スクール経由」と「一般の転職サービス経由」の違い

上記2つでそれぞれ比べてみましょう。

 

まず一般の転職サイトや転職エージェントを使う場合ですが、実務未経験だと多くの企業では書類選考で落とされてしまうのが実情なんですよね。

 

なぜなら、一般の転職サイトは転職エージェントは「Web デザイナーの経験者」も多く利用しているからです。つまりライバルが強いんですよね。

 

加えて前述通り、一般的な転職エージェントは、オリジナル制作・ポートフォリオ作成支援をしてくれません。その点でも不利となります。

 

一方でWeb デザインスクール経由の場合、書類選考の通過率が高いことが特徴です。また、面接から内定までの通過率も高くなる傾向があります。

 

なぜならWebデザインスクール経由で面接を受ける就職先は、もともとWebデザイナーの卵である「未経験者」を採用するつもりで、スクールと提携しているからです。

 

もちろんスクール経由の場合、ライバルはみんな未経験者です。つまりライバルが弱いんですよね。ですからWeb デザインスクール経由の場合、内定を取れる確率が高くなります。

 

かつ前述通り、オリジナル制作やポートフォリオを用意してから臨めることも、内定率が高い理由です。

 

なお、「Webデザインスクール経由の就職先はブラックが多いのでは…?」と感じるかもしれませんが、大丈夫です。

 

特に最近のWebデザインスクールは就職先もしっかり選定しているところが多いので「働きやすい優良企業」や「良質な実務経験を積める会社」も多く存在していますよ。

 

KEI

特に「実務経験がしっかり積める企業であるか」は、就職先を選ぶ大事なポイントです。

良質な実務経験が積める会社に入れば、フリーランスとして独立したり、副業で個人で稼ぐことも、近い将来できるようになるからです。

そういった企業への転職に強いのも、Webデザインスクール経由の特徴ですね!

 

就職・転職支援付きWebデザインスクールを選ぶポイント

就職・転職支援付きWebデザインスクールを選ぶポイント

 

Webデザインスクールを選ぶ際のチェックポイントは以下3つです。

 

  • 就職・転職支援の内容はどんなものか?
  • 就職・転職先はどのような企業か?
  • 就職・転職までの期間や学べる内容

 

それぞれ解説しますね。

 

1. 就職・転職支援の内容はどんなものか?

まず就職・転職支援の内容です。

 

Webデザインスクールの就職・転職支援には大きく以下「2つ」の支援方法があります。

 

  1. 最初から就職・転職支援がセットになったスクール
  2. 最初はセットでないものの、希望すれば後から就職支援を受けることができるスクール

 

大きく上記2つです。

 

就職・転職前提なら「就職・転職支援がセットのスクール」を選ぼう

Webデザイナー就職・転職を前提としてスクールを受講するなら、最初から就職・転職支援がセットになったスクールを受講することが近道です。

 

なぜならこのタイプの方が、就職・転職サポートが充実していることが多いからです。

 

一例を挙げると、転職支援がセットになったテックキャンプ デザイナー転職には、手厚い転職サポートがついています。例えば「転職できなければ受講料全額返金保証」がありますが、こういう保証は、Webデザインスクールならではです。

 

もちろん、こういった制度を利用するには条件もあります。テックキャンプの場合、「転職前提の意思」「決められた学習量をこなす」などが必要です。

 

ただ、本気でWebデザイナー就職・転職を目指す人には、難しくない条件です。そういう部分さえクリアすれば、優遇された条件で、Webデザイナーを目指すことができます。

 

KEI

ですから転職前提でWebデザインスクールを受講する場合は、テックキャンプ デザイナー転職のような転職支援・転職保証がセットになったスクールを利用すると、安心して学習・転職活動に打ち込むことができます。

 

まずWebデザインを学びたい方はこちら

一方で、「いまはまだ就職・転職は完全に決めていないけど、その可能性も残しておきたい」という方は、受講後に希望すれば就職・転職支援を受けられるスクールを選ぶと融通が効きやすいです。

 

例えば今回で言うと、TechAcademy Webデザインコースはこのタイプに当てはまります。まずはWebデザイン専門のオンラインコースで学習し、その後希望すれば、受講者は無料で就職・転職サポートを受けることができます。

 

このタイプであれば、受講段階で「就職・転職の意思」がなくても受講することができます。加えて、いざ就職・転職したくなった場合であっても、希望すれば「無料」で、手厚い就職・転職支援を受けることができます。

 

このように就職・転職支援の内容は各スクールによって変わります。具体的な就職・転職支援の内容はそれぞれのスクールの紹介の際に解説します。

 

2. 就職・転職先はどのような企業か?

次に、就職・転職先がどのような企業か確認しましょう。

 

Webデザインスクール経由の就職・転職先は、大きく以下の2つに分類できます。

 

Webデザインスクール経由の就職先

1. 自社サービスを持つ事業会社

2. 他社のサービスを受託する制作会社

 

大きく上記の通りです。

 

イメージしやすいところでいくと、例えば自社サービスを持つ事業会社はリクルートやDeNaみたいな会社を指します。自社でサービスを持ち、自社サービスのWebデザインを担当するのが、事業会社のWebデザイナーの役割です。

 

一方で制作会社は、例えばLIGのような会社です(LIGは事業会社の側面もありますが、例としてわかりやすいので挙げています)。他社のサービス開発やデザインを受託し、他社サービスのWebデザインを担当するのが、Web制作会社のWebデザイナーの役割です。

 

スクールによって就職先の強みは分かれる

さて、Webスクールによっては、「自社サービスを持つ事業会社」に強いスクールもあれば、「Web 制作会社」に強いスクールもあります。

 

どちらが良い悪いはないですが、人気なのは「自社サービスを持つ事業会社」ですね。

 

なお、今回ご紹介するWebデザインスクールは、就職先・転職先に優良企業が多いスクールに絞って紹介をしています。そのため、どこのスクールを選んでも、少なくとも失敗をすることは避けられると確信しています。

 

KEI

とはいえ、あなたの希望にあった企業に就職できるスクールをちゃんと選別するためにも、各スクールの就職先・転職先を比べた上で、最終的に本受講するスクールを決めるようにしましょう。

 

3. 就職・転職までの期間や学べる内容

また就職・転職までの期間や学べる内容もチェックしておきましょう。

 

各スクールの大まかな「学習期間」と「学べる内容」は次の通りです。

 

学習期間

学習期間:最短1ヶ月〜最長6ヶ月程度

就職・転職までの期間:最短2ヶ月〜最長9ヶ月程度

 

学べる内容

1. HTML/CSS

2. JavaScript

3. Photoshop

4. Illustrator

5. Webサイト制作・デザインの実践スキル(PHPやWordPressの知識など)

 

上記の通りです。

 

一部、受講期間が半年前後と長いスクールはあるものの、だいたいのスクールは1〜3ヶ月程度の学習期間となっています。これに加えて、数ヶ月程度の転職活動期間に分かれていることが多いですね。

 

またスクールによっては、学習と並行して転職活動を始めるところもあります。そういうスクールであれば、最短2ヶ月〜3ヶ月程度でも就職や転職が目指せます。

 

期間を選ぶポイントは?

あなたがいつまでに、どうなりたいかで選ぶと良いです。

 

例えば、半年後にWebデザイナー就職したいのであれば「半年以内に転職できるスクール」を選べばOKです。

 

一方、じっくり1年後にWebデザイナーになりたいのであれば、受講期間が半年程度のスクールも検討すると良いです。じっくり学び、実力をつけて転職も目指せますよ。

 

学べる内容を選ぶポイントは?

「仕事で使える実践的なスキルが身につくかどうか」に限ります。

 

スクールによっては「カリキュラムがちょっと弱いかも」というところもありますが、今回紹介する5社に限っては、Webデザイナー就職・転職に必要なスキルは十分学ぶことができます。

 

また、スクール受講期間中に学び足りなかったスキルがあったとしても、就職して実務経験を積みつつ、学んでいけばOKです。私もスクール卒業後、学び足りなかったことは学んでいきましたが、それで十分やっていけました。

 

KEI

以上がWebデザインスクールを選ぶ上でのチェックポイント3つです。

 

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

 

Webデザイナー就職・転職に強いスクール5社

  1. TechAcademy Webデザインコース【コスパ良く実践的スキルを習得し、就職・転職したい方向け】
  2. テックキャンプ デザイナー転職【手厚い保証のもと、確実に転職したい方向け※転職できなければ全額返金保証あり】
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【手厚いポートフォリオ制作支援を受け、万全の状態で就職・転職したい方向け】
  4. CodeCamp デザインマスターコース【とにかく安く実践的なWebデザインを習得し、就職・転職したい方向け】
  5. ヒューマンアカデミー実績あるスクールで転職したい方向け※就職内定率90.6%】

 

上記5社が就職・転職に強いスクールです。それぞれメリットだけでなく、デメリットも含めて解説しますね!

 

1. TechAcademy

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コースWebデザインコースなど20種類以上
目的学習+希望すれば就職サポート「TechAcademyキャリア」を無料で利用可能
期間8週間、12週間、16週間のいずれか
価格209,000円/8週間 (学割で179,000円/8週間)
259,000円/12週間(学割で209,000円/12週間)
309,000円/16週間(学割で239,000円/16週間)
受講スタイルオンライン型

 

TechAcademyはオンライン最大手のWebデザインスクールです。私自身も受講したスクールであり、満足度が高かったスクールです。

 

TechAcademyの特徴は、就職・転職はもちろん、副業・独立できるスキルも同時に身につけられることです。

 

というのも、TechAcademyのカリキュラムは、企業に就職することも、個人で案件を受注することも、どちらもカバーできるような「実践型カリキュラム」になっているからです。

 

私自身、Webデザインを学んで感じたことですが、Webデザインは実際に手を動かしながら学ぶからこそ、早期にスキル習得まで実現できます。

 

その点TechAcademyのカリキュラムは「とにかく手をたくさん動かすこと」が特徴でした。事実カリキュラムの中では、いろんなデザインパターンを作っていく過程で、実践的なスキルを養っていくことができました。

 

また、就職・転職に強い理由は、カリキュラムの中で「オリジナルWebサイトの制作」まで行う点です。

 

もちろん、オリジナルのサイト制作なんて、最初はわからないことだらけです。でも心配は不要で、わからないことは現役デザイナーに質問しつつ、基礎から実践までを学ぶことができました。結果、卒業段階では、自分だけのオリジナルの制作実績もできました。

 

この制作実績が、就職・転職活動の際に「スキルの証明」として役立ちます。前述通り、オリジナル制作は転職活動で必要なものだからです。

 

また、こういった実績は副業・独立で案件受注する際も使えるので、副業・転職でも活用できます。この実績ができることが、TechAcademyの良いところですね。

 

 

また前述通り、TechAcademyは最初から就職・転職支援はセットになっていません。

 

でも希望すれば、受講後に「TechAcademyキャリア」という無料の就職・転職支援サポートを受けることができます

 

就職先も事業会社からWeb制作会社まで存在します。就職・転職に必要な実践力をつけ、更には制作実績を作った上で転職活動できるので、就職・転職活動も有利に進めやすいです。

 

なおWebデザインが学べるコースは以下2つとなります。

 

TechAcademyのコース

1. Webデザインコース【Webデザイナーを目指す定番コース】

2. Webデザイン+WordPress講座【上記コースに加えてWordPress制作もセットで学べるコース】

 

上記の通りです。

 

基本はWebデザインコースでOKです。就職・転職に必要なWebデザインスキルは十分学べます。

 

一方で、もしお金に余裕があるならTechAcademy Webデザイン+WordPress講座の方が更に充実しているため、こちらを受講することも良い選択です。

 

なおTechAcademy公式サイトには「無料説明会動画」や「無料体験」もあります。気になる場合、まずは無料で試してみると、オンライン受講のイメージがつくと思いますよ。

>>TechAcademy公式サイトはこちら

 

\就職・転職に必要な実践的スキルが身につく/

 

TechAcademyの評判はこちら👇

>>TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースを受講した率直な感想や評判

TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースの評判や感想TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースを受講した率直な感想や評判

 

2. テックキャンプ デザイナー転職

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コースデザイナー転職コース
目的デザイナー就職/転職前提
期間10週間
価格648,000円/10週間
受講スタイルオンライン or 教室型

 

テックキャンプ デザイナー転職は「Webデザイン学習」と「転職支援」が最初からセットになったスクールです。

 

転職前提でないと受講できませんが、転職意思が固まっているのであれば、最も手厚い転職サポートを受けられるスクールでもあります。

 

特筆点は転職決定率です。テックキャンプデザイナー転職経由の転職決定率は98.6%であり、受講生の大半が、Webデザイナーへキャリアチェンジを成功させています。

 

「なぜこんなに転職成功率が高いの?」と思うかもしれませんが、テックキャンプは「教育」に圧倒的に力を入れているからです。実力をしっかりつけて転職を目指せるからです。

 

ですので、テックキャンプの学習自体はかなり大変です。言ってみればWebデザインスクール業界のライザップですね。短期間でがっつり負荷をかけて、スキルを磨いていくからです。

 

でも負荷をかけて学習するからこそ、就職・転職に必要なスキルが身につきます。結果、98.6%という転職成功率で、優良企業へのデザイナー転職まで実現できるんですよね。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

テックキャンプの教室内の風景です

 

「就職先・転職先は超一流企業!」、というわけにはいきませんが、良質な実務経験が積める企業へ転職サポートしてくれますよ。Webデザイナーを採用している会社って、知名度こそないものの、働きやすく、経験も積める穴場企業が意外とあるんです。

 

一方でデメリットとしては、基本的に「転職前提のスクール」であることです。

 

厳密にいうと転職サポートを受けなくても受講はできますが、価格が約64万円ですので、転職サポートを利用しない場合は割高です。

 

とはいえ、転職前提で受講するのであれば、転職サポートも充実していますし、転職できなければ全額返金保証もあるので、間違いないスクールです。

 

「Webデザイナーになりたいけど、私の経歴でなれるのか不安だな..」

「最新の転職先の詳細が知りたい」

 

という場合も、テックキャンプ デザイナー転職「無料カウンセリング」を実施しているので、まずは相談してみると良いですよ。無料カウンセリングでは、あなたの経歴を見た上で、どのような会社に、どのような年収で転職できそうか、無料で教えてくれます。

 

カウンセリングは毎日開催しており、無料で相談できます。対面はもちろん、オンラインで自宅からも相談可能です。

 

スマホやPCから簡単30秒で無料予約できるので、まずは予約だけでも済ませておくことが吉です。

>>テックキャンプ デザイナー転職公式サイトへ

 

\10週間でデザイナー転職(転職できなければ全額返金保証あり)/

 

テックキャンプ デザイナー転職の評判はこちら👇

>>テックキャンプ デザイナー転職の評判・口コミは?【後悔のない転職ができる!】

テックキャンプ デザイナー転職の評判・口コミは?【後悔のない転職ができる!】

 

3. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コースデザイナー専攻
目的学習+希望すれば就職サポートも
期間6ヶ月
価格450,000円/6ヶ月
受講スタイルオンライン or 教室型

 

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、Webデザインスクールの中でも特に「実力者集団」が運営している、質の高いデザインスクールです。

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの特徴は、プロを目指すWebデザイン学習を受けられることです。

 

具体的にいうと、Webデザイナーとして活躍するスキルはもちろん、WebディレクションやWebマーケティングスキルまで、「これからのWebデザイナー」に必要なWebスキルを幅広く習得していけることがメリットです。

 

デジタルハリウッドで身につくスキル

・HTML

・CSS

・JavaScript

・PhotoShop

・Illustrator

・マーケティングスキル

・ディレクションスキルなど

 

上記の通り、Webデザインに必要なスキルを網羅的に学べるだけでなく、周辺知識(マーケティングやディレクション)も学ぶことができます。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

引用:LIG公式ブログ

 

そんなデジタルハリウッドSTUDIObyLIGですが、学習期間は6ヶ月です。今回紹介しているスクールの中でも「最も長い受講期間」となっています。

 

なぜ6ヶ月かというと、前半3ヶ月で「実践的Webデザインスキルを習得」し、後半3ヶ月は「オリジナル制作・ポートフォリオ制作」をがっつり行うからです。

 

3ヶ月間もの間、プロのWebデザイナーのサポートのもと、就職・転職で役立つポートフォリオ制作ができるのは、デジタルハリウッド STUDIO by LIGくらいです。他のスクールだと、ここまで期間をとって、ポートフォリオ制作を行いません。

 

このように、高い技術と万全のポートフォリオを準備して就職・転職活動できる分、就職先は優良企業が多いです。転職の質で言えば、おそらくNo.1のスクールです。

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGも「オンライン無料説明会」を実施しています。自宅からオンラインでできるので、就職先・転職先を知りたい場合も、まずは無料相談してみましょう。

>>デジタルハリウッド STUDIO by LIG公式サイトへ

 

\就職・転職に役立つポートフォリオ作成に強い/

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判はこちら👇

>>デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミ【現役デザイナーが解説】

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミデジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミ【現役デザイナーが解説】

 

4. CodeCamp デザインマスターコース

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コースデザインマスターコースなど約10種類
目的学習+希望すれば就職サポートも
期間2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月
価格148,000円/2ヶ月+入会金30,000円
受講スタイルオンライン型

 

CodeCampデザインマスターコースは、オンライン完結のWebデザインスクールです。

 

CodeCampの特筆点は、オンラインで安く、実践的Webデザインを習得できることです。

 

CodeCampは前述したTechAcademyととても似ています。実践的なWebデザインを学べる点も、オリジナルWebサイト制作を通じ、就職や転職だけでなく、副業や独立が目指せる点も同じです。

 

一方で「価格面」は、TechAcademyが2ヶ月209,000円だったのに対し、CodeCampデザインマスターコースは2ヶ月受講で178,000円であり、約3万円も安くなります。

 

  1. CodeCamp:178,000円/2ヶ月(CodeCampの方が約3万円安い!)
  2. TechAcademy:209,000円/2ヶ月

 

ですから、8週間以上かつできるだけ安く受講したい場合、CodeCampデザインマスターコースの方がコスパが良いです。

 

一方で、CodeCampは毎回講師を選んでレッスンを受けるスクールなので、マンツーマンの専属講師はいないことです。TechAcademyの場合、専属講師が進捗管理もしてくれるので、その点は違いとなります。

 

とはいえ、CodeCampの学習内容であれば、就職・転職に必要なスキルは十分身につきますし、オリジナルサイト制作を通じて、就活に必要な実績も作ることができます。

 

CodeCampもオンラインで「無料体験レッスン」ができます。就職・転職事情も無料体験時に聞けるので、CodeCampを検討してみたい場合は有効活用しましょう。

>>CodeCamp公式サイトはこちら

\低価格で転職に必要なスキルと実績を手に入れる/

 

CodeCampのレビューはこちら👇

>>CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミは?講師の質が高くておすすめ!【悪評も解説】

CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミは?講師の質が高くておすすめ!【悪評も解説】CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミは?講師の質が高くておすすめ!【悪評も解説】

 

5. ヒューマンアカデミー

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コース38種類以上のWebデザイン講座が存在
目的学習+就職サポートがセット
期間3ヶ月〜
価格Webデザイナースタンダードコース(オンライン):6ヶ月315,900円+入会金11,000円
受講スタイルオンライン or 対面 or オンラインx対面ミックス

 

ヒューマンアカデミーは全国でも有数の実績・歴史を持つWebデザインスクールです。

 

特徴は、これまで積み上げてきた「実績」です。ヒューマンアカデミーの修了者数はこれまで96,076名以上であり、規模は国内最大級です。

 

また、就職・転職にも強く、就職内定率は90.7%であり、受講生の約10人に9人は転職実現している実績もあります。

 

気になる就職先や転職先も優良企業が多く、以下の通りです。

 

就職先・転職先

コナミデジタルエンターテイメント

ソフトバンククリエイティブ

オプト

ネットイヤー

リンクシェア・ジャパン

アイレップなど

 

超大手ではないものの、事業会社やWeb制作会社、ネット広告代理店など、様々な選択肢があります。

 

ヒューマンアカデミーでは、メンターが1名とキャリアコンサルタントが1名専属で担当としてつきます。Webデザイン学習はもちろん、就職・転職活動の不安も、コンサルタントが一つずつ解消してくれます。

 

このような体制があるからこそ、就職内定率が90.7%もあるんですよね。

 

悩みどころは、ヒューマンアカデミーのWebデザインコースは38種類以上も存在していることです。なので、どのコースを選べばいいか悩むと思います。

 

あなたに合ったコースを一番確実に見つける方法としては、「無料説明会」に参加し、あなたの希望を伝えた上で候補を複数出してもらうことが一番早いです。その中から、予算や期間をもとに選べば、無駄なく効率的に受講コースを決めることができますよ。

 

無料説明会はオンラインで実施しているので、自宅から無料で参加・相談可能です。

 

\就職内定率90.6%!(オンライン無料説明会あり)/

 

ヒューマンアカデミーレビューはこちら👇

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?【授業や教材の評判が良い!】

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?【授業や教材の評判が良い!】

 

迷ったときの就職・転職支援付きスクールの選び方

就職・転職支援に強いWebデザインスクール厳選5社

 

Webデザイナー就職・転職することを決めきれていない場合はTechAcademy Webデザインコース、すでに転職前提でスクールを受けたい場合はテックキャンプ デザイナー転職またはデジタルハリウッド STUDIO by LIG間違いない選択です。

 

上記3社であれば、Webデザイナー就職するためのスキルはもちろん得られますし、最短でWebデザイナーにキャリアチェンジが目指せます。特にTechAcademyは私も受講しており、確信を持って推薦できます。

 

一方、Webデザインスクールは人によって合う・合わないもあります。なので無料カウンセリングや無料体験を最低2〜3社利用した上で、受講を決めると失敗がなくなりますよ。

 

もし私があなたの立場であれば、上記で挙げたテックキャンプ デザイナー転職と、TechAcademyに加えて、デジタルハリウッド STUDIO by LIGの3社全て、無料体験、無料相談を受けます。

 

上記3つはタイプが異なるWebデザインスクールですし、保有する求人も異なります。この3つを比べれば、あなたに合ったスクールがどれか判断できるようになりますよ。

 

まとめ

就職・転職支援に強いWebデザインスクール厳選5社

 

述べてきた通り、今回紹介したような「就職・転職に必要なスキル」が身につき、「オリジナル制作/ポートフォリオ制作」の支援もしてくれるWebデザインスクールを利用すれば、完全未経験でもWebデザイナー就職・転職は可能です。

 

Webデザイナーに就職できれば、給料をもらいながら、スキルや経験を積むことができます。そこで実務経験を2年ほど積めば、フリーランスとして独立し、在宅ワークやリモートワークで、時間や場所に縛られない自由な働き方をすることもできます。

 

これが独学となると、ここまで早く、上記の状態に到達することは難しいです。でも今回紹介したような就職・転職支援付きスクールであれば、2ヶ月弱でWebデザインを学び、3〜4ヶ月程度でWebデザイナーになることも十分実現可能です。

 

さて、ここまで読んでも、おそらく95%の人は行動しないと思います。でもこれは裏を返せば、行動さえ起こせば、上位5%には入れるということです。

 

Webデザインはスクールで学べば難しくありません。誰でもできるようになります。

 

行動したものが報われる世界だからこそ、行動さえ起こせると、未来が大きく変わっていきますよ。応援しています!

 

今回ご紹介したWebデザインスクール(以下リンクから公式サイトへ飛びます)

  1. TechAcademy Webデザインコース【コスパ良く実践的スキルを習得し、就職・転職したい方向け】
  2. テックキャンプ デザイナー転職【手厚い保証のもと、確実に転職したい方向け※転職できなければ全額返金保証あり】
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【手厚いポートフォリオ制作支援を受け、万全の状態で就職・転職したい方向け】
  4. CodeCamp デザインマスターコース【とにかく安く実践的なWebデザインを習得し、就職・転職したい方向け】
  5. ヒューマンアカデミー実績あるスクールで転職したい方向け※就職内定率90.6%】

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です