就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール厳選5社【就職・転職ならここから選ぼう】

就職・転職支援に強いWebデザインスクール厳選5社【就職したいならここから選ぼう】

「Webデザイナーに就職したいんだけど、就職・転職に強いWebデザインスクールはどこだろう?」

 

本記事では上記の疑問に答えます。

 

結論から言うと、就職・転職に強いwebデザインスクールは以下の5つです。

 

Webデザイナー就職・転職に強いスクール5社

  1. TechAcademy就職・転職だけでなく、副業や在宅ワークで稼ぐスキルも習得したい方向け】
  2. テックキャンプ デザイナー転職Webデザイナーへ確実に転職したい方向け※転職決定率98.6%で転職できなければ全額返金保証あり】
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG6ヶ月じっくり質の高いWebデザインを学び、就職したい方向け】
  4. CodeCamp安く短期間でWebデザインを学び、就職したい方向け】
  5. ヒューマンアカデミー実績あるスクールで安心して転職したい方向け※就職内定率90.6%】

 

上記5つとなります。迷ったらこの中から選べば間違いありません。

 

これを書いている私は、 Web デザインスクールを受講してスキルを習得しました。現在はフリーランスのWeb デザイナーとして仕事をしています。

 

また転職関連の事業も行っておりまして、未経験からWeb デザイナーを目指す多くの方や、Webデザイナー採用を行っている企業の経営者や人事部長に、多くお会いしている立場です。その過程で、Webデザイナー就職・転職する上で、どんなスキルが求められるか、その実態も把握していました。

 

Web デザインスクールを利用し、かつWeb デザイナーの採用支援に携わってきた経験をもとに、就職や転職支援に強いwebデザインスクールを紹介していきます。

 

KEI

この記事を読めば、あなたに合ったデザインスクールがどこか答えが見つかりますよ。記事を読んで、Web デザインスクールを選ぶことで悩むことはもう終わりにしましょう。

 

Webデザイナー就職・転職するならWebデザインスクールが最適な理由

Webデザイナー就職・転職するならWebデザインスクールがおすすめな理由

 

  1. 最短で就職・転職に必要なスキルが身につく
  2. 最短かつ高確率で就職・転職決定まで実現できる
  3. Webデザインスクール経由の方が内定を取れる確率も高い

 

理由は上記の3つです。それぞれ解説しますね。

 

1. 最短で就職・転職に必要なスキルが身につく

まず一つ目は「就職・転職に必要なスキルが最短で身につくから」です。

 

Webデザインスクールではプロのデザイナー講師の徹底サポートのもと、就職や転職に必要なスキルを、無駄なく、効率的に習得することができます。

 

独学だと遠回りしがちなことも、プロが道を示してくれるからこそ、最短ルートで学習していけるんですよね。

 

そのため、本来独学では半年から1年以上かかる学習も、Web デザインスクールであれば2ヶ月から3ヶ月程度で、技術を習得することができます。

 

このスピードが、Webデザインスクールを利用する価値ですね。

 

なお、独学とスクールの「学習期間の違い」を図にすると、以下の通りです。

 

Webデザインを独学で勉強する場合

手順1
HTML・CSS(期間:2週間)
HTML・CSSを学ぶ
手順2
JavaScript(期間:1〜2ヶ月)
JavaScriptを学ぶ
手順3
Photoshop(期間:1〜2ヶ月)
PhotoShopの使い方を覚える
手順4
Illustrator(期間:1〜2ヶ月)
Illustratorの使い方を覚える
手順5
Webサイト制作・デザインの実践(期間:3〜4ヶ月)
Webサイトのデザインや制作をやってみる

 

独学の場合は、上記の通りで、だいたい6ヶ月〜1年くらいとなります。結構時間がかかりますね。

 

Webデザインをスクールで勉強する場合

手順1
HTML・CSS(期間:1週間)
HTML・CSSを学ぶ
手順2
JavaScript(期間:2週間)
JavaScriptを学ぶ
手順3
Photoshop(期間:2週間)
PhotoShopの使い方を覚える
手順4
Illustrator(期間:2週間)
Illustratorの使い方を覚える
手順5
Webサイト制作・デザインの実践(期間:1ヶ月〜2ヶ月)
Webサイトのデザインや制作をやってみる

 

一方でWebデザインスクールを利用する場合は上記の通りです。Webデザインスクールの場合、だいたい2〜3ヶ月の学習時間となります。

 

学習する内容や期間は各スクールによって異なりますが、独学とスクールの違いは概ね上記の通りですね。

 

このように、就職・転職に必要な部分だけ、無駄なく、効率的に学べるのがWebデザインスクールの良さです。

 

 

KEI

私自身、これまで多くのWebデザイン学習者にお会いをしましたが、独学の場合、スキル習得に時間がかかったり、最終的に挫折する人が多く存在しました。

 

その点Webデザインスクールであれば、就職や転職するために本当に必要なスキルをピンポイントで学習することができます。私自身もWebデザインスクールを利用したからこそ、最短で就職・転職に必要なスキルを習得できました。

 

これが独学とスクールの大きな違いですね。

 

2. 最短かつ高確率で就職・転職決定まで実現できる

最短でスキルが身につくだけでなく、最短かつ高確率で就職や転職まで実現できるのが、Webデザインスクールを利用する2つ目のメリットです。

 

なぜなら、就職面においても、独学よりもWebデザインスクールの方が優れているからです。

 

Webデザインスクールの場合、学習とセットで「就職・転職支援」を受けられるスクールが大半です。このようなサポートを利用した場合、学習終了後、最短1ヶ月程度でWebデザイナー就職・転職が目指せます。

 

一方で独学の場合は、転職活動も全部自分一人でやらないといけません。自分自身で転職サイトや転職エージェントに登録し、経歴書を準備したりと、やることがかなり多いです。そのため、2〜3ヶ月、あるいはそれ以上に時間がかかることもあります。

 

KEI

Webデザインスクールでは、就職に必要な経歴書の作成サポートや、面接対策まで一貫してサポートしてくれます。就職実績も多いため、安心してWebデザイナー就職・転職まで一貫して目指せることが、Webデザインスクールの良いところですね。

 

3. Webデザインスクール経由の方が内定を取れる確率が高い

また、Webデザインスクール経由の方が「内定を取れる確率が高いこと」もスクールを利用するメリットです。

 

「スクール経由」と「一般の転職サービス経由」の違い

上記2つでそれぞれ比較してみましょう。

 

まず一般の転職サイトや転職エージェントを使う場合ですが、実務未経験だと多くの企業では書類選考で落とされてしまうのが実情なんですよね。

 

なぜなら、一般の転職サイトは転職エージェントは「Web デザイナーの経験者」も多く利用しているからです。つまりライバルが強いんですよね。

 

一方でWeb デザインスクール経由の場合、書類選考の通過率が高いことが特徴です。また、面接から内定までの通過率も高くなる傾向があります。

 

なぜならWebデザインスクール経由で面接を受ける就職先は、もともとWebデザイナーの卵である「未経験者」を採用するつもりで、スクールと提携しているからです。

 

もちろんスクール経由の場合、ライバルはみんな未経験者です。つまりライバルが弱いんですよね。ですからWeb デザインスクール経由の場合、内定を取れる確率が高くなります。

 

なお、「Webデザインスクール経由の就職先はブラックが多いのでは…?」と感じるかもしれませんが、大丈夫です。Webデザインスクール経由の就職先には「働きやすい優良企業」や「良質な実務経験を積める会社」が多く存在しています。

 

KEI

実務経験がしっかり積める企業であるかは、就職先を選ぶ大事なポイントです。良質な実務経験が積める会社に入れば、フリーランスとして独立したり、副業で個人で稼ぐことも、近い将来できるようになるからです。

 

そういった企業への転職に強いのも、Webデザインスクール経由の特徴ですね!

 

就職・転職支援付きWebデザインスクールを選ぶポイント

就職・転職支援付きWebデザインスクールを選ぶポイント

 

Webデザインスクールを選ぶ際のチェックポイントは以下3つです。

 

  • 就職・転職支援の内容はどんなものか?
  • 就職・転職先はどのような企業か?
  • 就職・転職までの期間や学べる内容

 

それぞれ解説しますね。

 

1. 就職・転職支援の内容はどんなものか?

まず就職・転職支援の内容です。

 

Webデザインスクールの就職・転職支援には大きく以下「2つ」の支援方法があります。

 

  1. 最初から就職・転職支援がセットになったスクール
  2. 最初はセットでないものの、希望すれば後から就職支援を受けることができるスクール

 

大きく上記2つです。

 

就職・転職前提なら「就職・転職支援がセットのスクール」を選ぼう

Webデザイナー就職・転職を前提としてスクールを受講するなら、最初から就職・転職支援がセットになったスクールを受講することがおすすめです。

 

なぜならこのタイプの方が、就職・転職サポートが充実していることが多いからです。

 

一例を挙げると、転職支援がセットになったテックキャンプ デザイナー転職には「転職できなければ受講料全額返金保証」がセットになっています。

 

これは学習カリキュラムを終え、期間内に内定まで取れなかった場合は、受講にかかった費用を全額返金する保証制度です。

 

つまりあなたの立場からすると、リスクなくWebデザインを学べ、Webデザイナーを目指せるんですよね。

 

このような転職支援が最初からセットになったスクールの場合、受講の際は「転職前提の意思」が必要になります。ただそういった条件さえクリアすれば、かなり優遇された条件でWebデザイナーを目指せます。

 

KEI

ですから転職前提でWebデザインスクールを受講する場合は、テックキャンプ デザイナー転職のような最初から支援がセットになったスクールの利用がおすすめです。

 

まずWebデザインを学びたい方はこちら

一方で、「いまはまだ就職・転職は完全に決めていないけど、その可能性も残しておきたいな。」という方は、受講後に希望すれば就職・転職支援を受けられるスクールを選びましょう。

 

例えば今回で言うと、TechAcademyはこのタイプに当てはまります。まずはWebデザイン専門のオンラインコースで学習し、その後希望すれば、受講者は無料で就職・転職サポートを受けることができます。

 

このタイプであれば、受講段階で「就職・転職の意思」がなくても受講することができます。加えて、いざ就職・転職したくなった場合であっても、希望すれば「無料」で、手厚い就職・転職支援を受けることができます

 

このように就職・転職支援の内容は各スクールによって変わります。

 

具体的な就職・転職支援の内容はそれぞれのスクールの紹介の際に解説します。

 

2. 就職・転職先はどのような企業か?

次に、就職・転職先がどのような企業か確認しましょう。

 

Webデザインスクール経由の就職・転職先は、大きく以下の2つに分類できます。

 

Webデザインスクール経由の就職先

1. 自社サービスを持つ事業会社

2. 他社のサービスを受託する制作会社

 

大きく上記の通りです。

 

イメージしやすいところでいくと、例えば自社サービスを持つ事業会社はリクルートやDeNaみたいな会社を指します。自社でサービスを持ち、自社サービスのWebデザインを担当するのが、事業会社のWebデザイナーの役割です。

 

一方で制作会社は、例えばLIGのような会社です(LIGは事業会社の側面もありますが、例としてわかりやすいので挙げています)。他社のサービス開発やデザインを受託し、他社サービスのWebデザインを担当するのが、Web制作会社のWebデザイナーの役割です。

 

スクールによって就職先の強みは分かれる

さて、Webスクールによっては、「自社サービスを持つ事業会社」に強いスクールもあれば、「Web 制作会社」に強いスクールもあります。

 

どちらが良い悪いはないですが、人気なのは「自社サービスを持つ事業会社」ですね。

 

なお、今回ご紹介するWebデザインスクールは、就職先・転職先に優良企業が多いスクールに絞って紹介をしています。そのため、どこのスクールを選んでも、少なくとも失敗をすることは避けられると確信しています。

 

KEI

とはいえ、あなたの希望にあった企業に就職できるスクールをちゃんと選別するためにも、各スクールの就職先・転職先を比較した上で、最終的に本受講するスクールを決めることがおすすめです。

 

3. 就職・転職までの期間や学べる内容

また就職・転職までの期間や学べる内容もチェックしておきましょう。

 

各スクールの大まかな「学習期間」と「学べる内容」は次の通りです。

 

学習期間

学習期間:最短1ヶ月〜最長6ヶ月程度

就職・転職までの期間:最短2ヶ月〜最長9ヶ月程度

 

学べる内容

1. HTML/CSS

2. JavaScript

3. Photoshop

4. Illustrator

5. Webサイト制作・デザインの実践スキル(PHPやWordPressの知識など)

 

上記の通りです。

 

一部、受講期間が半年前後と長いスクールはあるものの、だいたいのスクールは1〜3ヶ月程度の学習期間となっています。これに加えて、数ヶ月程度の転職活動期間に分かれていることが多いですね。

 

またスクールによっては、学習と並行して転職活動を始めるところもあります。そういうスクールであれば、最短2ヶ月〜3ヶ月程度でも就職や転職が目指せます。

 

期間に関しておすすめの選び方は?

あなたがいつまでに、どうなりたいかで選ぶと良いです。

 

例えば、半年後にWebデザイナー就職したいのであれば「半年以内に転職できるスクール」を選べばOKです。

 

一方、じっくり1年後にWebデザイナーになりたいのであれば、受講期間が半年程度のスクールも検討すると良いです。じっくり学び、実力をつけて転職も目指せますよ。

 

学べる内容に関しておすすめの選び方は?

学べる内容は各社ともそこまで違いはありません。

 

今回紹介する5社であれば、Webデザイナー就職・転職に必要なスキルは十分学ぶことができます。

 

学び足りないスキルについては、就職して実務経験を積みつつ、学んでいけばOKです。私もスクール卒業後、学び足りなかったことは学んでいきましたが、それで十分やっていけました。

 

KEI

以上がWebデザインスクールを選ぶ上でのチェックポイント3つです。

 

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

 

  1. TechAcademy就職・転職だけでなく、副業や在宅ワークで稼ぐスキルも習得したい方向け】
  2. テックキャンプ デザイナー転職Webデザイナーへ確実に転職したい方向け※転職決定率98.6%で転職できなければ全額返金保証あり】
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG6ヶ月じっくり質の高いWebデザインを学び、就職したい方向け】
  4. CodeCamp安く短期間でWebデザインを学び、就職したい方向け】
  5. ヒューマンアカデミー実績あるスクールで安心して転職したい方向け※就職内定率9

 

結論、上記の5社がおすすめです。

 

それぞれメリットだけでなく、デメリットも含めて解説しますね!

 

1. TechAcademy

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コース Webデザインコースなど20種類以上
目的 学習+希望すれば就職サポートも
期間 4週間、8週間、12週間、16週間のいずれか
価格 149,000円/4週間 (税抜)
受講スタイル オンライン型

 

TechAcademyはオンライン型最大手のWebデザインスクールです。私自身、受講したスクールであり、実体験からも確信を持っておすすめできるスクールです。

 

TechAcademyの特徴は「就職」や「転職」はもちろん、副業や独立など「個人で稼ぐスキル」が最短で身につくことです。

 

なぜならTechAcademyは「実践型カリキュラム」を用いており、卒業段階では個人でも稼げる実践力が身につくようになっているからです。

 

私自身、Webデザインを学んで感じたことですが、Webデザインは実際に手を動かしながら学ぶからこそ、早期にスキル習得まで実現できます。

 

その点TechAcademyでは、受講期間はとにかく手をたくさん動かすことが特徴でした。事実、カリキュラムの中で「オリジナルのWebサイト」の制作まで行いました。

 

もちろん、最初はわからないことだらけです。でも心配は一切不要で、わからないことは都度現役デザイナーに質問しつつ、基礎から実践までを学ぶことができました。結果、卒業段階では、自分だけのオリジナルの制作実績もできました。

 

この制作実績が、就職や転職だけでなく、副業や独立をする際に、スキルの証明として役立ちます。この実績ができることが、TechAcademyの良いところですね。

 

 

また前述通り、TechAcademyは最初から就職・転職支援はセットになっていません。でも希望すれば、受講後に無料で就職・転職支援を受けることができます

 

就職先も事業会社からWeb制作会社まで存在します。就職・転職に必要な実践力をつけ、更には制作実績を作った上で転職活動できるので、就職・転職活動も有利に進めやすいです。

 

なおWebデザインが学べるおすすめコースは以下2つとなります。

 

TechAcademyのおすすめコース

1. Webデザインコース【Webデザイナーを目指すおすすめ定番コース】

2. Webデザイン+WordPress講座【上記コースに加えてWordPress制作もセットで学べるコース】

 

上記の通りです。

 

基本はWebデザインコースでOKです。もしお金に余裕があるならWebデザイン+WordPress講座の方が更に充実しているため、こちらを受講しましょう。

 

TechAcademyは「無料説明会動画のオンライン視聴」や「プログラミングのオンライン無料体験」をやっています。公式サイトから無料で視聴・お試しが可能です。

 

百聞は一見にしかず、無料ですし、トライしてみることがおすすめです。

>>TechAcademy公式サイトはこちら

 

/副業や在宅でワークで個人で稼げるデザイナーに!(無料体験あり)\

 

TechAcademyの評判はこちら👇

>>TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースを受講した率直な感想や評判

TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースの評判や感想TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースを受講した率直な感想や評判

 

2. テックキャンプ デザイナー転職

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コース デザイナー転職コース
目的 デザイナー就職/転職前提
期間 10週間
価格 648,000円/10週間
受講スタイル オンライン or 教室型

 

テックキャンプ デザイナー転職Webデザイン学習とWebデザイナー転職が最初からセットになったスクールです。

 

転職前提でないと受講できませんが、転職意思が固まっているなら、最も手厚い転職サポートを受けられるスクールです。

 

特筆点は、圧倒的な転職決定率です。テックキャンプデザイナー転職経由の転職決定率はなんと98.6%。つまり、受講生の大半が、Webデザイナーへキャリアチェンジを成功させているんですよね。

 

しかも転職先は優良企業が多いです。例えば以下の会社は、テックキャンプ卒業生が実際に転職した企業の一部です。

 

就職先・転職先一覧

・NewsPicks

・チームラボ

・リブセンス

・GMOクラウド

・ランサーズ

・LIFULLなど

 

NewsPicksやリブセンスなど、人気事業会社の転職実績が多いことが見て取れますね。

 

「なんでこんなに転職成功率が高いの?」と思うかもしれませんが、理由はシンプルで、テックキャンプは「教育」に圧倒的に力を入れているからです。

 

なので、テックキャンプの学習自体はなかなか大変です。言ってみればWebデザインスクール業界のライザップですね。短期間でがっつり負荷をかけて、スキルを磨いていきます。

 

でも負荷をかけて学習するからこそ、10週間という短期間であっても、優良企業への就職・転職に必要なスキルが身につきます

 

結果、98.6%という転職成功率で、優良企業へのデザイナー転職まで実現できるんですよね。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

テックキャンプの教室内の風景です

 

デメリットは「転職前提のスクール」であることです。そのため「Webデザインを学びたい」という理由では受講はできません。

 

とはいえ、転職前提で受講するのであれば、最も転職成功に近いスクールであることは間違いない事実です。

 

「Webデザイナーになりたいけど、私の経歴でなれるのか不安だな..」という場合も、テックキャンプ デザイナー転職「無料カウンセリング」を実施しているので、まずは相談してみましょう。

 

プロのコンサルタントがあなたの経歴を見た上で、どのような会社に、どのような年収で転職できそうか、無料で教えてくれます。

 

カウンセリングは毎日開催しており、無料で相談できます。対面はもちろん、オンラインで自宅からも相談可能です。

 

人気スクールにつき、予約枠は常に埋まりがちであることがデメリットですね。スマホやPCから簡単30秒で無料予約できるので、まずは予約だけでも済ませておきましょう。

>>テックキャンプ デザイナー転職公式サイトへ

 

/10週間でデザイナーに転職できる(転職できなければ全額返金保証あり)\

 

テックキャンプ デザイナー転職の評判はこちら👇

>>テックキャンプ デザイナー転職の評判・口コミは?【後悔のない転職ができる!】

テックキャンプ デザイナー転職の評判・口コミは?【後悔のない転職ができる!】

 

3. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コース デザイナー専攻
目的 学習+希望すれば就職サポートも
期間 6ヶ月
価格 450,000円/6ヶ月
受講スタイル オンライン or 教室型

 

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、Webデザインスクールの中でも特に「実力者集団」が運営している、質の高いデザインスクールです。

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの特徴は、圧倒的な知識・ノウハウが詰まったWebデザイン学習を受けられることです。

 

そもそも当スクールは、デジタルコンテンツの大学であるデジタルハリウッド大学と、Web制作会社の中でもトップクラスの実績を持つ株式会社LIGが、共同となり運営するスクールです。

 

つまり、Web領域においては、国内でも有数の知見が集まっている環境なんですよね。

 

そのため、Webデザイナーとして活躍するスキルはもちろん、Webデザイナーよりもレイヤーの高い「Webの総合クリエイター」に必要なWebディレクションやWebマーケティングスキルまで、幅広く、深いWebの知識を学ぶことができます。

 

当スクールで身につくスキル

・HTML

・CSS

・JavaScript

・PhotoShop

・Illustrator

・マーケティングスキル

・ディレクションスキルなど

 

上記の通り、Webデザインに必要なスキルを網羅的に学べるだけでなく、周辺知識(マーケティングやディレクション)も学ぶことができます。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

引用:LIG公式ブログ

 

そんなデジタルハリウッドSTUDIObyLIGですが、学習期間は6ヶ月です。今回紹介しているスクールの中でも最も長い受講期間となっています。

 

そのため、いち早くWebデザイナーになりたい人には不向きですね。

 

一方で、9ヶ月〜1年後くらいにWebデザイナーになりたい、かつその際には「高いレベル」でWebデザインを習得していたいなら、デジタルハリウッド STUDIO by LIGがおすすめです。

 

高い技術を身につけて就職できる分、就職先は優良企業が多いです。また、就職先にはなんと運営元の「株式会社LIG」もあります。LIGは言わずと知れたWeb制作会社の代表的な企業ですから、LIGに入りたい方にもおすすめですね。

 

なお、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGも「オンライン無料説明会」を実施しています。自宅からオンラインでできるので、気になる場合は、まずは無料相談してみましょう。

>>デジタルハリウッド STUDIO by LIG公式サイトへ

 

/6ヶ月で質の高いWebデザイナーになれる\

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判はこちら👇

>>デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミ【現役デザイナーが解説】

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミデジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミ【現役デザイナーが解説】

 

4. CodeCamp

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コース デザインマスターコースなど約10種類
目的 学習+希望すれば就職サポートも
期間 2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月
価格 148,000円/2ヶ月+入会金30,000円
受講スタイル オンライン型

 

CodeCampはオンライン完結のプログラミング・Webデザインスクールです。

 

CodeCampの特筆点は、オンラインで安くWebデザインが学べることです。

 

例えば、CodeCampでWebデザインを学べるデザインマスターコースは2ヶ月の受講で178,000円(税抜)です(受講料148,000円+入会金30,000円)。

 

CodeCampと特徴が似ているTechAcademyと比較すると、TechAcademyは2ヶ月で199,000円(税抜)となります。

 

  1. CodeCamp:178,000円/2ヶ月
  2. TechAcademy:199,000円/2ヶ月

 

このように、とにかく安くWebデザインを学びたい場合は、CodeCampの方が安く受講できます。

 

特徴がTechAcademyと似ているので、両者を並行して検討することがおすすめです。どちらもオンライン完結で、学べる内容も似ています。

 

私個人的には、TechAcademyは専属パーソナルメンターがつき、学習進捗も徹底サポートしてくれ、挫折しにくい特徴があるTechAcademyをおすすめしています。

 

ですから、迷ったらTechAcademyで良いと思いますが、人によっては希望するポイントが値段だったりと異なることも事実です。

 

なお、CodeCampもオンラインで無料体験レッスンができます。なのでTechAcademyとCodeCampの両方を試してみて、実際に自分の目で比較してみると良いですね。そうすれば、あなたに合ったスクールがどちらか、はっきりと見えてきますよ。

>>CodeCamp公式サイトはこちら

/2ヶ月178,000円で安く学べる(オンライン無料体験レッスンあり)\

 

CodeCampのレビューはこちら👇

>>CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミは?講師の質が高くておすすめ!【悪評も解説】

CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミは?講師の質が高くておすすめ!【悪評も解説】CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミは?講師の質が高くておすすめ!【悪評も解説】

 

5. ヒューマンアカデミー

就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5選

コース 38種類以上のWebデザイン講座が存在
目的 学習+就職サポートがセット
期間 3ヶ月〜
価格 Webデザイナースタンダードコース(オンライン):6ヶ月315,900円+入会金11,000円
受講スタイル オンライン or 対面 or オンラインx対面ミックス

 

ヒューマンアカデミーは全国でもトップクラスの実績や歴史を持つWebデザインスクールです。

 

特徴は、これまで積み上げてきた圧倒的な実績です。ヒューマンアカデミーの修了者数はこれまで96,076名以上です。現役のプロデザイナー講師の指導のもと、約10万人の支援を行った実績があります。

 

また就職内定率は90.7%。つまり、ヒューマンアカデミーが就職支援をした受講生の「約10人に9人」は転職まで実現しています

 

気になる就職先や転職先も優良企業が多く、以下の通りです。

 

就職先・転職先

コナミデジタルエンターテイメント

ソフトバンククリエイティブ

オプト

ネットイヤー

リンクシェア・ジャパン

アイレップなど

 

事業会社やWeb制作会社、ネット広告代理店など、様々な選択肢があります。

 

ヒューマンアカデミーでは、メンターが1名とキャリアコンサルタントが1名専属で担当としてつきます。Webデザイン学習はもちろん、就職・転職活動の不安も、コンサルタントが一つずつ解消してくれます。

 

このような体制があるからこそ、就職内定率が90.7%もあるんですよね。

 

少し悩みどころは、ヒューマンアカデミーのWebデザインコースは38種類以上も存在していることです。なので、どのコースを選べばいいか悩むと思います。

 

あなたに合ったコースを一番確実に見つける方法としては、「無料説明会」に参加し、あなたの希望を伝えた上で候補を複数出してもらうことです。その中から、予算や期間をもとに選べば、無駄なく効率的に受講コースを決めることができますよ。

 

無料説明会はオンラインで実施しているので、自宅から無料で参加・相談可能です。

 

/就職内定率90.6%!(オンライン無料説明会あり)\

 

ヒューマンアカデミーレビューはこちら👇

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?【授業や教材の評判が良い!】

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?【授業や教材の評判が良い!】

 

迷ったときの就職・転職支援付きスクールの選び方

就職・転職支援に強いWebデザインスクール厳選5社

 

まだWebデザイナー就職・転職することを決めきれていない場合はTechAcademy、すでに転職前提でスクールを受けたい場合はテックキャンプ デザイナー転職がおすすめです。

 

上記2社であれば、Webデザイナー就職するためのスキルはもちろん得られますし、最短でWebデザイナーにキャリアチェンジが目指せます。

 

就職・転職先も優良企業が多く、どちらも多くの初心者が選んでいるスクールであり、評判も良いです。特にTechAcademyは私も受講しており、確信を持っておすすめできます。

 

一方、Webデザインスクールは人によって合う・合わないもあります。なので無料カウンセリングや無料体験を最低2〜3社利用した上で、受講を決めると失敗がなくなりおすすめです。

 

もし私があなたの立場であれば、テックキャンプ デザイナー転職と、TechAcademyに加えて、デジタルハリウッド STUDIO by LIGの無料相談を受けます。

 

上記3つはタイプが異なるWebデザインスクールです。この3つを比較すれば、あなたに合ったスクールがどれかわかるだけでなく、スクール選びの失敗は高い確率で防げますよ。

 

まとめ

就職・転職支援に強いWebデザインスクール厳選5社

 

述べてきた通り、今回紹介したWebデザインスクールを利用すれば、完全未経験でもWebデザイナーに就職・転職することができます。

 

Webデザイナーに就職できれば、給料をもらいながら、スキルや経験を積むことができます。またWebデザインは個人で稼ぎやすいので、副業で月5〜10万円の収入を、今から半年〜1年以内に得ることもできます。

 

また実務経験を2年ほど積めば、フリーランスとして独立し、在宅ワークやリモートワークで、時間や場所に縛られない自由な働き方をすることもできます。

 

独学だと、ここまで早く、上記の状態に到達することは難しいです。

 

でも今回紹介したような就職・転職支援付きスクールであれば、2ヶ月弱でWebデザインを学び、3〜4ヶ月程度でWebデザイナーになることも十分実現可能です。

 

さて、ここまで読んでも、おそらく95%の人は行動しないと思います。でもこれは裏を返せば、行動さえ起こせば、上位5%には入れるということです。

 

Webデザインはスクールで学べば難しくありません。誰でもできるようになります。

 

行動したものが報われる世界だからこそ、行動さえ起こせると、未来が大きく変わっていきますよ。

 

応援しています!

 

今回ご紹介したWebデザインスクール(以下リンクから公式サイトへ飛びます)

  1. TechAcademy就職・転職だけでなく、副業や在宅ワークで稼ぐスキルも習得したい方向け】
  2. テックキャンプ デザイナー転職Webデザイナーへ確実に転職したい方向け※転職決定率98.6%で転職できなければ全額返金保証あり】
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG6ヶ月じっくり質の高いWebデザインを学び、就職したい方向け】
  4. CodeCamp安く短期間でWebデザインを学び、就職したい方向け】
  5. ヒューマンアカデミー実績あるスクールで安心して転職したい方向け※就職内定率9

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です