おすすめのWebデザインスクール

Webデザイナーが辛い・仕事きつい・大変と感じる場面と乗り越える3つの方法

Webデザイナーが辛い、きつい、大変と感じる場面と、乗り越える3つの方法

「Webデザイナーの仕事が想像以上にきつい。辛い…」

「Webデザインの勉強を始めたものの、理解できずに大変すぎる…」

 

あなたはこのように悩み、この記事にたどり着いていませんか?

 

Webデザイナーの仕事は、クライアントから感謝されたり、働き方の自由度が高いなど魅力・楽しさがある一方、きついことや辛いこともあるため、途中で挫折する人もいます。

 

KEI

そこでこの記事では、フリーランスWebデザイナーの私が、Webデザイナーが仕事きつい・辛い・大変と感じる場面を解説します。

 

結論からお伝えすると、Webデザイナーがきつい・辛い状態は、今回紹介する「Webデザイナーが辛い状態を乗り越える3つの方法」を活用すれば克服できます。

 

  1. 今の仕事が辛い、きついと感じている「現役Webデザイナー」
  2. Webデザイナーを目指して学習している「Webデザイナー志望の未経験者」

 

KEI

上記どちらにとっても、この記事の内容は参考になると思います。

 

Webデザイナーが辛い、大変、仕事きついと感じること

Webデザイナーが辛い、きつい、大変、しんどいと感じること

 

KEI

Webデザイナーが辛い、大変、仕事きついと感じることは次の通りです。

 

Webデザイナーが辛い、大変、仕事きついと感じること
  1. スキルや知識が足りず、修正が何度も入ってしまう
  2. 仕事量が多く、労働時間が長い
  3. 仕事量の割に安月給である
  4. 覚えることが多すぎる
  5. 正社員になりたくても、なるまでに一定の時間がかかる

 

1. スキルや知識が足りず、修正が何度も入ってしまう

Webデザイナーとして日々仕事をしていると、たくさんのWebデザイン案件の納品に追われることになります。

 

駆け出しWebデザイナーの頃は「スキル」や「知識」が足りないことが多いため、クライアントから何度も修正が入ることもしばしばあります。

 

KEI

「スキルや知識が足りず、修正に追われている状態」は、Webデザイナーとして仕事をしていて辛いと感じる場面です。

 

修正が入る度に修正工数は増えるため、単純に作業量が増えて大変になります。加えて何度も修正指示を受けていると精神的にも消耗しがちです。

 

KEI

このように、駆け出しWebデザイナーの頃は知識とスキルが足りず、修正対応に追われて大変な日々を過ごすこともあります。

 

2. 仕事量が多く、労働時間が長い

Webデザイナーの仕事は需要が高いメリットがある反面、案件の引き合いが多いため、仕事量や労働時間も増えがちです。

 

フリーランスであれば自分次第で仕事量を調整できますが、特に会社員のWebデザイナーだと、自身で仕事量を調整することは基本できません。

 

会社側がWebデザイナーの工数を考慮せず、たくさんの案件を取ってきた場合、毎日21時〜22時まで残業が続くこともあります。

 

KEI

このように、仕事量が多く労働時間も長くなりがちな点は、Webデザイナーのきついところです。

 

3. 仕事量の割に安月給である

「仕事が多くて大変でも、その分、給料が高ければ割に合うよね?」と考える方もいると思います。

 

KEI

ですが、Webデザイナーは仕事量の割に、安月給なことも、Webデザイナーの辛いところです…。

 

転職サイトdodaによると、正社員Webデザイナーの年収は「年収356万円」です。

 

Webデザイナー、年収

出典:平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

 

日本全体の正社員の年収が「年収403万円」です。つまり、Webデザイナーの年収は日本全体平均より低いのです。

 

Webデザイナーと全体の平均年収

  1. Webデザイナーの平均年収:年収356万円
  2. 全体の平均年収:年収403万円

 

フリーランスWebデザイナーの場合、自分次第で高収入と自由な働き方を両立できますが、会社員だとなかなか給料が増えないことも事実です。

 

KEI

このように、労働量の割に給料が安いことも、Webデザイナーの辛いことです。

 

4. 覚えることが多すぎる

日々覚えることが多いことも、Webデザイナーの大変なところです。

 

KEI

Webデザインの仕事はトレンドがあるため、覚えること・キャッチアップすべきことは必然的に多くなります。

 

一度身につけた知識やスキルだけで生涯安定して仕事ができるものではなく、常に様々な知識やスキルを覚えていかないといけません。

 

KEI

このように「覚えることが多いこと」も、Webデザイナーで仕事をしていて大変と感じるシーンです。

 

5. 正社員になりたくても、なるまでに一定の時間がかかる

未経験からWebデザイナーを目指す際、最初から正社員で就職できる方もいれば、中には正社員になれず派遣社員・アルバイトからキャリアをスタートすることもあります。

 

後者のように派遣社員・アルバイトからWebデザイナーを目指す場合、正社員になるためには「1年程度の実務経験」を積む必要があります。

 

この下積み期間は、ここまで述べたきつさや大変に耐えないといけません

 

KEI

このフェーズを乗り越えられず、途中で挫折してしまう方も中にはいます。

 

関連記事なぜWebデザインで挫折するのか?5つの理由と挫折しない3つのポイント【現役Webデザイナーが解説】

 

Webデザイナーが辛い、きつい時期はこれからも続く?【解決できます】

Webデザイナーが辛い、きつい時期はこれからも続く?【解決できます】

 

結論、Webデザイナーが辛い、きつい状態は解決できます。

 

専門職であるWebデザイナーにとって、一番重要なのは「スキル」と「実務経験の年数」です。

 

KEI

「スキル」と実務経験」の2点さえしっかりと積めれば、Webデザイナーとして自分らしい働き方を実現したり、取り戻すことは可能です。

 

ですのでここからは、Webデザイナーが辛い、きつい状態を乗り越える方法を紹介していきます。

 

Webデザイナーが辛い、きつい、大変な状態を乗り越える方法

Webデザイナーが辛い、きつい、大変な状態を乗り越える方法

 

KEI

Webデザイナーが辛い、きつい状態を乗り越える方法は大きく3つあります。

 

  1. 正しいWebデザインスキルを身につける
  2. 下積み期間として実務経験を2〜3年間積む
  3. 働く会社や案件選びを見直してみる

 

1. 正しいWebデザインスキルを身につける

Webデザイナーが仕事をきつい・辛いと感じる大きな要因は「スキルがないこと」です。

 

KEI

逆にいえば、正しいスキルを身につければ、それだけでも辛い状態を乗り越えられる確率が高くなります。

 

正しいWebデザインスキルを身につける方法

例えばあなたがWebデザイン学習を始めたばかりの初心者や、独学でWebデザインを学んでみたものの実務での活かし方がわからない場合、Webデザインスクールで正しいスキルを身につけることがおすすめです。

 

KEI

Webデザインは独学でも学べないことはないですが、Webデザインの独学は相応に時間がかかる上に、何より途中で挫折しやすいです。

 

独学で何とかWebデザイナーになれたとしても、スキルが足りないばかりに、ここまで紹介した辛い状態に陥る可能性も高くなります。

 

その点Webデザインスクールでは、Webデザイナーとして生計を立てていくための「基礎」はもちろん、仕事で使える「実践」まで一貫して学べます。

 

加えてスクールであれば、Webデザイナーとして実際に現場に入ったときの仕事の進め方まで学べるため、Webデザイナーとしてスムーズな立ち上がりを実現していけます。

 

とはいえ、Webデザインスクールと言っても質はピンキリで、中には質が悪いスクールもあります。

 

KEI

だからこそ、本当に質が良いスクールを選ぶことが必要不可欠です。

 

でもどのスクールが良いかは外側からだとわかりにくいです。

 

ですので参考までに、私がWebデザイナーになる際に実際に受講したスクールと、20校以上のスクールを取材や調査して厳選した、受講生の実績が高いWebデザインスクールを挙げておきますね。

 

KEI

結論、以下3校が特に実績豊富でした。

 

品質の良いWebデザインスクール3選

  1. TechAcademy Webデザインコース【オンライン大手の実践型スクール。未経験から副業をはじめるサポートが充実】副業したい方はここ
  2. ヒューマンアカデミーWebデザイン【通学&オンラインで安い大手スクール。就職・転職率90.9%。国の給付金で最大10万円の支給あり通学&オンラインで安く受講したい人や、就職・転職したい人はここ
  3. CodeCamp Webデザインコース【受講者50,000名の大手オンラインスクール

 

迷ったらこの中から選び、正しいWebデザインスキルを身につけることがおすすめです。

 

KEI

特にTechAcademyは私も受講しましたが、オンラインでWebデザインをしっかり学べて満足度が高かったです。

 

そうすれば、Webデザイナーの仕事できついこと・辛いことを乗り越える確かなスキルを習得していけますよ。

 

KEI

上記3校を筆頭に、おすすめのスクールは「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】」でまとめているので、あわせてチェックしてみてください。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較 現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】

 

2. 下積み期間として2〜3年間の実務経験を積む

Webデザイナーとして自分で仕事を選ぶ「自由」を手にするためには、前述したスキルに加えて「経験年数」が必要です。

 

Webデザイナーの世界は「実務経験・経験年数」がとても重視されます。

 

KEI

事実、Webデザイナーの求人を見ると「Webデザイナーの実務経験2年以上」など、経験年数を募集要項に含めている企業も多くあります。

 

逆にいえば、Webデザイナーとして実務経験さえある程度積んでしまえば、自分自身で仕事を選べるようになります。

 

2〜3年間は下積み期間として経験年数を積み、その後は自分が本当に理想とする会社・働き方にシフトしていくことが、Webデザイナーとして理想の働き方を実現する最重要ポイントです。

 

実務経験を積む前に「仕事が辛すぎる」と挫折してしまうのは、かなりもったいないです。

 

KEI

人生を本気で変えたいなら、下積み期間は我慢して、2〜3年間の実務経験を得るために集中することがおすすめです。

 

3. 働く会社や案件選びを見直してみる

実務経験を2〜3年間積めば、選べる仕事・働き方は圧倒的に増えます。

 

KEI

経験年数を積んだ段階で、あなたが本当に理想とする仕事・働き方にシフトしていくことがおすすめです。

 

例えば会社員のWebデザイナーとして「今より高年収」と「柔軟な働き方」の両立をしていきたい方は、高収入で、在宅ワークが普及した会社を探すことも一つのルートです。

 

KEI

経験年数があるWebデザイナーは引っ張りだこですから、以下のようなWebデザイナー向け転職エージェントに登録することで、無料で求人を紹介してもらえます。

 

Webデザイナー向けの転職エージェント

  1. ワークポート【Webデザイナーに強い転職エージェント。親身な対応が特徴】
  2. Geekly【Webデザイナー経験者に強い転職エージェント】
  3. レバテックキャリア【Webデザイナー向けの大手転職エージェント】

 

あるいは、フリーランスWebデザイナーとして独立し、自由な働き方を実現することも可能です。

 

KEI

2〜3年程度の実務経験があれば、以下のようなWebデザイナー向けのフリーランスエージェントに登録することで、無料で案件を紹介してもらえます。

 

Webデザイナー向けフリーランスエージェント

  1. ITプロパートナーズ【週2〜3日案件が豊富なWebデザイナー向けエージェント】
  2. フォスターフリーランス【高単価のWebデザイナー案件が豊富】
  3. レバテッククリエイター【Webデザイナー向け大手エージェント】

 

KEI

このように、実務経験を数年積むことで、いろんな仕事・働き方のオプションが手に入ります。

 

まとめ

Webデザイナーが辛い、きつい、大変と感じる場面と、乗り越える3つの方法

 

最後に、Webデザイナーは辛い・きついこともありますが、それ以上に楽しさや魅力も詰まった仕事です。

 

何より「スキル」「実務経験」の2つが揃うと、Webデザイナーの仕事は大変なものから、二度と辞められないような魅力ある仕事に生まれ変わります。

 

だからこそ、Webデザイナーの仕事やWebデザイン学習が辛いと感じている方は、ここで諦めるのではなく、もう一歩踏ん張って欲しいなと思います。

 

KEI

ここで頑張れば、数年後には理想の働き方を実現することも十分可能です。

 

今回紹介した品質の良いWebデザインスクール

  1. TechAcademy Webデザインコース【オンライン大手の実践型スクール。未経験から副業をはじめるサポートが充実】副業したい方はここ
  2. ヒューマンアカデミーWebデザイン【通学&オンラインで安い大手スクール。就職・転職率90.9%。国の給付金で最大10万円の支給あり通学&オンラインで安く受講したい人や、就職・転職したい人はここ
  3. CodeCamp Webデザインコース【受講者50,000名の大手オンラインスクール

今回紹介したWebデザイナー向けの転職エージェント

  1. ワークポート【Webデザイナーに強い転職エージェント。親身な対応が特徴】
  2. Geekly【Webデザイナー経験者に強い転職エージェント】
  3. レバテックキャリア【Webデザイナー向けの大手転職エージェント】

今回紹介したWebデザイナー向けのフリーランスエージェント

  1. ITプロパートナーズ【週2〜3日案件が豊富なWebデザイナー向けエージェント】
  2. フォスターフリーランス【高単価のWebデザイナー案件が豊富】
  3. レバテッククリエイター【Webデザイナー向け大手エージェント】

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】