Adobe XDは何ができる?できることや使い方をわかりやすく解説

Adobe XDは何ができる?XDでできることをわかりやすく解説

Adobe XDは、UI/UXデザインを初心者でも直感的にできるツールです。

 

とはいえ、Adobe XDを使うと具体的に何ができるのか、使ったことがないとイメージしにくいですよね。

 

そこで本記事では、現役Webデザイナーの私が、Adobe XDでできることを具体的にご紹介します。

 

KEI

本記事を読めば、Adobe XDでできることがわかりますよ!

 

Adobe XDとは?

Adobe XDは、PhotoshopやIllustratorで有名なAdobe社が開発・提供している「UI/UXデザインツール」です。

 

「初心者でもUI/UXデザインを簡単にできること」を目指して開発されており、便利な機能がたくさん搭載されていることが特徴となっています。

 

また、Adobe XDは「直感的」にUI/UXデザインができるようになっているので、初心者でも一定以上のUI/UXデザインを気軽にすることができます。

 

KEI

「UI/UXデザインを始める第一歩」として、Adobe XDは特に人気を集めています!

 

UI/UXデザインってそもそも何?

  • UIデザイン:ユーザーインターフェイスのこと。ボタンやテキストなど、ユーザーが見て触れる場所を「UI」と言います
  • UXデザイン:ユーザーエクスペリエンスのこと。サービスの使いやすさなど、ユーザーの体験に関わるものを「UX」と言います

 

上記の通り、UIデザインとはボタンなどの「ユーザーが見て触れる部分」を、UXデザインとは「ユーザーの体験に関わる体験」を指します。

 

例えばWebサイトをみていると、

 

「このサイト、とても見やすい!」

「ついつい定期的にチェックしてしまう」

 

と、感じたことはありませんか?それはきっと、UI/UXデザインまで考えて、設計されているはずです。

 

UI/UXデザインをすることで、ユーザーに心地よい操作性のもと、良い体験を与えることができます。結果として、ユーザーの満足度を高め、惹きつける事にも繋がるんですよね。

 

KEI

このように、ユーザーにとって価値あるWebサイト作りを実現する際に、Adobe XDなら「初心者でも、直感的に」、UI/UXデザインをすることが可能ですよ!

 

Adobe XDでできることや使い方

Adobe XDでできること

 

Adobe XDで具体的にできることをご紹介します。

 

Adobe XDでできること

  1. デザイン作成
  2. プロトタイプ作成
  3. 共有・コメント
  4. 共同編集

 

KEI

できることの詳細・使い方をそれぞれ解説しますね!

 

1. ワイヤーフレームやデザインカンプの作成

  • ワイヤーフレーム:Webサイト上に配置する要素を確認するための設計図
  • デザインカンプ:クライアントに提出するデザインの完成形

 

KEI

Adobe XDを利用すると、上記のようなワイヤーフレーム・デザインカンプを作ることができます。

 

ワイヤーフレーム・デザインカンプを作る際に使える機能

機能できること
デザイン編集パス・クリッピングマスク、透過等ができる
リピートグリッド要素の繰り返しが、ドラッグ一つで簡単にできる
コンポーネントボタンやアイコンのように、繰り返し使うパーツを編集しやすいよう管理できる機能
Adobe CCとの連携Creative Cloudライブラリとの連携ができる

 

KEI

具体的な機能は上記の通りです。いくつか詳細をご紹介しますね!

 

例:リピードグリッド

XDの人気機能に「リピートグリッド」があります。

 

リピードグリッドとは、一度使った要素を「ドラッグ一つ」で簡単に再現することができる機能です。

 

Webデザインの仕事をしていると、サムネイルがたくさん並んだり、記事一覧が並んだりと、要素が並ぶデザインはよくあるんですよね。

 

そういう時に、特定のアイテムをリピートグリッドとして登録すると、連続して一つの要素を増やすことが簡単にできます。

 

無駄な作業が減る分、作業効率が上がるメリットがあるんですよね。

 

例:コンポーネント

ボタンやアイコンのように繰り返し使い、かつ複数存在するようなパーツを、毎回個別に編集するのは面倒ですよね。

 

その点Adobe XDであれば、あらかじめパーツを「コンポーネント」として登録しておけば、あとから一括で、同じ形状のパーツをまとめて編集できます。

 

KEI

リピートグリッドやコンポーネントのように、面倒な作業を簡素化できるのは、XDの良いところです!

 

2. プロトタイプ作成

  • プロトタイプ:実際にWebサイトを作る前に作成し、完成形をイメージしやすくするもの。モックアップとも言います。

 

Adobe XDでは、デザインカンプで作ったものを「プロトタイプ」として、Webブラウザ上で動きを設定・検証することも可能です。

 

KEI

ボタンにリンクを設定したり、モーションをつけることが、プログラミング知識がなくても問題なくできます。

 

3. 共有・コメント

ワイヤーフレームやデザインカンプを作り、クライアントに共有したい時に使えるのが「共有・コメント機能」です。

 

共有・コメント機能を使うことで、作ったワイヤーフレームやデザインカンプをクライアントに共有することができます。

 

KEI

ただ共有するだけでなく、クライアントからのフィードバックをコメントでもらうことも可能です!

 

4. 共同編集

同じドキュメントをリアルタイムで共同編集できる機能も、Adobe XDにはあります。

 

共同編集ができれば、個別に作成したデザインを結合する手間がなくなります。共同編集機能は、複数人で作業するとき、とても便利な機能です。

 

以上がAdobe XDでできるメジャーなことです。

 

KEI

百聞は一見にしかず、実際に使った方がイメージも湧くと思いますので、ここからは「Adobe XDを始める方法」をご紹介しますね!

 

Adobe XDを始めるには?主な方法は3つ

Adobe XDを始めるには?主な方法は2つ

 

Adobe XDを始めるには、大きく3つの方法があります。

 

Adobe XDを始める方法

  1. Adobe XD単体プランを購入する
  2. お得なセットのAdobe Creative Cloudを購入し、XDを無料ダウンロードする
  3. 無料のスタータープランから始める(機能制限あり)

 

このように3つあります。それぞれを比較すると以下の通りです。

 

Adobe XD 3プランの比較表

プラン1. スタータープラン2. XD単体プラン3. Creative Cloud
できることXDのみ(機能制限あり)XDのみXD、Photoshop、Illustrator、After Effectsなど20以上のAdobeアプリを使える
費用無料月額1,298円(税込)月額6,248円(税込)

 

1. 無料のスタータープランから始める

Adobe XDには、スタータープランと言われる「無料体験版」もあります。

 

使える機能はかなり制限されるものの「とりあえずXDを使ってみたい」「使ってから有料にするか考えたい」という場合は、最初はスタータープランで始めてみることもおすすめです。

 

一方、今後UI/UXデザインを本格的に学んでいきたいなら、後述するXD単体プラン(月額1,298円)やCreative Cloud(月額6,248円)を購入した方が機能は豊富ですので、XDの使い方や操作にもいち早く慣れることができます。

 

2. Adobe XD単体プランを購入する

Adobe XDをとにかく安く使いたい、Adobe XD以外の機能が不要なら、Adobe XD単体プランを購入することがおすすめです。

 

Adobe XD単体プランは月額1,298円(税込)で、Adobe XDの機能をフルに使うことができます。

 

XDはMac、Windowsどちらも使えますし、日本語にも対応しています。アップデートも頻繁にあるので、安心して利用可能です。

 

KEI

「費用を払うだけの価値」は十分ありますよ!

 

3. お得なセットのAdobe Creative Cloudを購入し、XDを無料ダウンロードする

XDだけでなく、他のAdobe製品も使いたいなら、Adobe Creative Cloudの購入がおすすめです。

 

Adobe Creative Cloudは、Adobe製品をお得に購入・利用できるセットプランです。PhotoshopやIllustrator、After Effectsなど、20以上のAdobe製品を、全て「定額」で使い放題となります。

 

もしあなたがすでにCreative Cloudを持っている場合、XDアプリを無料ダウンロードするだけでOKです。

 

一方、まだCreative Cloudを持っていない場合、月額6,248円(税込)で購入できます。

 

Creative Cloudの場合、前述したXD単体プランより費用は上がるものの、PhotoshopやIllustratorなども利用したいなら、こちらを購入した方がお得です。

 

KEI

XDだけでなく、PhotoshopやIllustratorなど、お得にAdobe製品を利用するなら、Adobe Creative Cloudを選びましょう!

 

まとめ

Adobe XDは何ができる?できることや使い方をわかりやすく解説

 

述べてきた通り、Adobe XDはUI/UXデザイン初心者でも、直感的にUI/UXデザインをすることが可能なツールです。

 

Adobe XDを有効活用すれば、デザイナーとして「仕事の生産性」はもちろん、「市場価値」を上げることにも繋がります。なぜなら、UI/UXデザイナーは「転職市場で評価されやすい職種だから」です。

 

そんなUI/UXデザインを始める第一歩として、今回ご紹介した「Adobe XD」を使ってみてはいかがでしょうか?

 

なお、もし一人でできるか不安な場合、「UI/UXデザインスクール」を利用することで、プロのデザイナーから基礎から実践まで学ぶことも可能です。

 

どうしても不安な場合は、スクールで短期集中で学習することも、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

KEI

おすすめのUI/UIデザインスクールは「UI/UXデザインが学べる優良スクール【現役デザイナーが厳選】」でご紹介しています。

興味があればチェックしてみてください!

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較

人気記事UI/UXデザインが学べる優良スクール【現役デザイナーが厳選】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です