営業からWebデザイナー転職は実現可能です【正しい方法とNGな方法を解説】

営業からWebデザイナー転職は実現可能です【正しい方法とNGな方法を解説】

「営業職からWebデザイナーに転職したい」

「でも、営業職からWebデザイナーへキャリアチェンジってできるものなのかな…?」

 

このような悩みをお持ちではないでしょうか?

 

結論からいうと、営業からWebデザイナーへ転職は可能です。理由を本記事で解説します。

 

KEI

これを書いている私は、現在はフリーランスWebデザイナーとして在宅・リモート中心で仕事をしています。

 

また転職事業も行っており、これまで営業からWeb業界へ転職した多くの方を知っています。

 

そのような経験から、営業からWebデザイナー転職のリアルを解説しますね。

 

営業からWebデザイナーに転職できる2つの理由

営業からWebデザイナーに転職できる理由

 

  1. Webデザイナーは未経験からでも転職できるから
  2. 営業からWebデザイナーに転職している人は実際に多くいるから

 

理由は上記2つです。それぞれ解説しますね!

 

1. Webデザイナーは未経験からでも転職できるから

一つ目の理由はこれで、Webデザイナーという仕事は、未経験からでも転職できるからです。

 

私自身、これまで多くのWebデザイナー転職支援をしてきましたが、未経験者を採用するWeb企業は多く存在しましたよ。

 

なぜ未経験でも転職できるの?→Webデザイナー経験者の人手が足りていないから

なぜ未経験でも転職できるかというと、企業側からすれば「Webデザイナー経験者」の人手が足りないからです。

 

前提として、優秀なWebデザイナーはどの企業からも必要とされているので、引っ張りだこです。ですから、市場に優秀なWebデザイナーが出てきても、普通の会社はそういった人材を、採用することはなかなかできません。

 

でも、デザイナーがいないと、仕事は回りません。どうすればいいのでしょうか?

 

そこで多くの企業が行っていることが、自社で未経験者を「ポテンシャル枠で」採用し、教育することです。こういった方針に切り替えている企業が、最近は多いんですよね。

 

このような事情があるため、未経験でも、Webデザイナー転職できるんですよね。

 

もちろん、簡単ではない

未経験からでもWebデザイナーになれるとはいえ、完全未経験の場合、もちろん簡単なものではありません

 

例えば、適当に転職サイトに登録し、適当に企業に応募をして、受かるほど、甘いものでもないんですよね。

 

そうなんだ。じゃあやっぱり無理かもしれない…。

 

KEI

そう不安に思ってしまったかもしれませんが、大丈夫です。未経験でも転職できる方法は存在するので安心してください。

 

ではどうやって行動していけばいいか、「具体的な方法」は後述するので、まずは続きをどうぞ。

 

2. 営業からWebデザイナーに転職している人は実際に多くいるから

営業からWebデザイナー転職できるもう一つの理由は、営業からWebデザイナーに転職している人が、世の中たくさんいるからです。

 

事実、私はこれまで多くのWebデザイナー転職支援をしてきましたが、未経験からWebデザイナーになった人の多くは「営業からの転職」でしたよ

 

営業経験は違う仕事にいっても活かせます

全く異なる仕事、それこそデザイナーのような仕事に転職した場合、今までの経験が無駄になる、活かせないと思っていませんか?

 

朗報として、営業経験はWebデザイナーになっても活かせますよ。

 

例えば人と会話をしながら、物事を進めていく「コミュニケーション能力」は、Webデザイナーになっても重宝されます。

 

Webデザイナーは、案件によってはクライアント先に行きますし、社内で営業担当やマーケターと関わることもあります。

 

私もWebデザイナーなので人のことは言えませんが、、Webデザイナーの中には「コミュニケーションが得意でないタイプ」も少なからず存在します。

 

そんな時に、営業出身のWebデザイナーの方であれば、クライアントも社内の関係者も、やっぱり安心感はありますよね。

 

仮に営業として成果が出せていなくても大丈夫。これまで場数をたくさん踏んできましたよね。そういった経験自体も、次の仕事で生かすことは十分できますよ。もちろん、転職活動の際もアピールできます。

 

KEI

ですから、これまであなたが経験したことは無駄ではありません。あなたが活かそうと思えば、転職活動でも、次の仕事でも、必ず活きますよ。

 

営業からWebデザイナー転職できる2つの理由
  1. Webデザイナーは未経験からでも転職できるから
  2. 営業からWebデザイナーに転職している人は実際に多くいるから

 

営業からWebデザイナーに転職するポイント

営業からWebデザイナーに転職するポイント

 

営業からWebデザイナーになれるとはいえ、簡単ではないとお伝えしました。

 

ではどうやって行動していけば、営業からWebデザイナーになれるのか?

 

結論をいうと「Webデザインスキル」を事前に学んでおくことです。

 

Webデザインスキルを事前に学んでおくか、そうでないかで、Webデザイナーになれる確率は大きく変わります。

 

なんでスキルを学んでおくべきか?明確な理由

多くのWeb企業は、あなたにWebデザインの基礎から教えているほど、余裕がないからです。

 

前述通り、最近は「ポテンシャル人材」を採用し、自社で教育する方針の企業が増えてきています。

 

一方、Webデザインを一から丁寧に教えるほど「余裕がある企業」は、残念ながら少ないことも事実なんですよね。

 

ですから

 

「HTML/CSSってなんですか??」

「PhotoShop使ったことないです!」

 

という状態だと、正直厳しいですね。

 

スキルがないと内定が取れない

もちろん、スキルがなかったとしても、あなたが言葉巧みに内定を勝ち取ることができれば、全く問題ないです。現場に入ってから、スキルはいくらでも学べるからです。

 

でも問題なのは、スキルがなく、かつ言葉巧みに面接を進められない場合は、書類選考または面接で落ちてしまうことです。

 

とはいえ、今からWebデザインを勉強するのはちょっと面倒だなぁ…。仕事続けながらできるか不安だし..。

 

KEI

もしこう感じてしまった場合、厳しいようですが、Webデザイナーになることは諦めた方が良いです。

 

Webデザイナーに限らず、だってマーケターだって、未経験から転職する場合は、そこまで甘い世界ではないからです。

 

スキルを事前に学んでおけば、それだけで有利に立てる

一方で、これは裏を返せば、スキルさえ事前に学んでおけば、それだけでも、かなり有利に立てるということです。

 

行動さえすれば勝てる世界なんですから。行動しないともったいないですよね。他の人が「勉強大変そう…」と悩んでいる間に、サクッと勉強して、習得してしまえばいいんです。

 

期間は2〜3ヶ月程度で、働きながらでもスキル習得できる

また朗報としては、Webデザインの学習期間は「2〜3ヶ月程度」で十分であり、かつ「仕事をしながら」でも学べることです。

 

ですから、今の営業の仕事を続けながらWebデザインを勉強すれば、3ヶ月後以降にWebデザイナーになることは可能です。

 

KEI

だからこそ、営業からWebデザイナーになりたいなら、Webデザインスキルを事前に学んでおきましょう。そうすれば、転職活動がずっと楽になりますよ。

 

営業からWebデザイナーに転職する手順

営業からWebデザイナーに転職する手順

 

ここからは営業からWebデザイナー転職するステップを紹介します。

 

結論、以下のステップです。

 

営業からWebデザイナー転職するステップ

手順1
Webデザインを学習する(期間:2〜3ヶ月)
Webデザインスクールで学習していく。スクールなら期間は2〜3ヶ月でOK!(おすすめスクール:現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】
手順2
転職活動する(期間:1〜3ヶ月)
「スクールの転職支援」または「一般の転職エージェント・サイト」で転職活動する(おすすめエージェント:Webデザイナー転職で本当におすすめな転職エージェント9選【徹底比較】
手順3
Webデザイナーとして新たなキャリアをスタート
Webデザイナーとして新たな毎日をスタートする

 

上記のステップだけです。それぞれポイントを紹介しますね!

 

1. Webデザインスキルを学習する

まずはWebデザインスキルを学んでいきましょう。

 

期間は前述通り、2〜3ヶ月でOKです。

 

2〜3ヶ月でWebデザインを習得するなら「スクール一択」で、独学はNG

2〜3ヶ月でスキルを習得する場合は、学習方法は「Webデザインスクール一択」となります。独学はNGです。

 

なぜなら独学の場合、早くても6ヶ月、長くて1年ほど、転職に必要なスキル習得まで、時間がかかるからです。

 

Webデザイン習得に必要な勉強時間

1. Webデザインスクールで学ぶ場合:2ヶ月〜3ヶ月程度

2. 独学で学ぶ場合:6ヶ月〜1年程度

 

Webデザイン習得に必要な勉強時間とは【現役Webデザイナーが解説】」の記事でも書いている通り、独学の方がおよそ「3倍」の時間がかかるんですよね。

 

また独学は時間がかかる分、「途中で挫折する可能性」も、かなり高くなる傾向があります。

 

もちろん、あなたが6ヶ月〜1年近くじっくり学びたい、かつ挫折しない自信がある場合は、独学でも良いと思います。

 

でも「早くWebデザイナーになりたい」「1人で学習する自信がない」そういった場合は、Webデザインスクールで学習することが間違いないと思いますよ。

 

事実、未経験からWebデザイナーになっている人の多くは、スクールのように、体系的なスキルが学べる環境を利用しています。

 

そういう成功事例から見ても、スクール利用が良いんじゃないかなと思います。

 

どこのWebデザインスクールを利用すればいいの??

結論、おすすめのは「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】」の記事でまとめています。

 

実は私もWebデザインスクールで学んでデザイナーになりましたが、実際に使ってよかったスクール含み、現役Webデザイナー目線で「ここなら間違いない」という5つを挙げています。

 

10社も20社も比較する必要はありません。迷ったらこの5つから選んでおくことがおすすめです。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較

 

2. 転職活動する

Webデザインスクールで学習したら、次はいよいよ転職活動です。

 

方法は大きく2つある

  1. Webデザインスクールの転職サポートを利用する
  2. 転職エージェントや転職サイトを利用する

 

この2つが転職方法です。

 

Webデザインスクール経由の転職活動について

前述した「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】」の記事には、Webデザイン学習と転職支援がセットになったスクールがあります。

 

こういったスクールを利用すれば、Webデザイン学習から転職活動まで、一貫してサポートしてもらえます。

 

転職エージェント・転職サイト経由の転職活動について

一方の転職エージェント・転職サイト経由の場合、Webデザインスクールとは別でご自身で登録し、転職活動をスタートする必要があります。

 

Webデザインスクールを卒業した後の登録でも良いですが、先に登録をしておくことで、いまの段階でどのような会社に転職できそうか、その可能性を教えてもらうことができます。

 

登録・利用は完全無料なので、先に登録しつつ、並行してスクールで学習していくと、より早くWebデザイナー転職できますよ。

 

なお、

 

  • 転職活動で利用すべき転職エージェント・転職サイト
  • 転職活動で成功する、失敗しないためのポイント

 

これらについては「Webデザイナー転職で本当におすすめな転職エージェント9選【徹底比較】」の記事でまとめています。

 

転職事業をやっている経験から、業界の中でも特に評判の良いエージェントを紹介しています。迷ったらこの中から選んで無料で利用すれば間違いありません。

 

Webデザイナー転職で本当におすすめな転職エージェント9選Webデザイナー転職で本当におすすめな転職エージェント9選【徹底比較】

 

3. Webデザイナーとして新たなキャリアをスタート

このステップで行動していけば、無事内定は取れると思います。

 

そうしたら、Webデザイナーとして新たなキャリアのスタートです!

 

営業からWebデザイナー転職した後のキャリアの話

営業からWebデザイナー転職した後のキャリアの話

 

少し余談ですが、あなたがWebデザイナーになりたいと思ったきっかけは何でしょうか?

 

人それぞれだと思いますが、Webデザイナーになると、少なくとも以下のような未来は実現可能です。

 

Webデザイナーとして実現できる未来
  • 営業のように数字のストレスを追うことがなくなり、気持ちがスッと楽になる。
  • 在宅ワークで、面倒な人間関係を感じることなく、自宅にいながら働く。
  • 国内外を転々として自由に働く。
  • 憧れの海外移住をする。
  • 家事や育児をしながら、社会とつながりを持つこともできる。
  • 会社員の副業で月10万円の副収入を得て、経済的不安を解消する。

 

こういった未来は、Webデザイナーになると、いずれも実現できますよ。

 

営業職の仕事は大変だったと思います。数字を追う仕事なので、時に辛いこと、苦しいこともあったと思います。

 

その点Webデザイナーは数字に追われることはないですし、働き方も自由度が高いです。

 

PC1台あればどこでもできる仕事なので、面倒な人間関係で悩むこともなくなります。一度きりの人生を、あなたが本当にやりたいことや、一緒に過ごしたい人と、使うことができるようになります。

 

今の現状に満足できない、不満が少しでもある場合は、Webデザインを学んでみると、控えめにいっても人生変わると思いますよ。

 

まとめ:営業からWebデザイナーになれる

まとめ:営業からWebデザイナーになれる

 

記事の内容をまとめます。

 

まとめ

✔︎ 営業からWebデザイナー転職はできる

✔︎ ただし簡単ではない(適当に転職サイトに登録し、応募しても受からない)

✔︎ 転職成功、失敗しないためには「スキル」を事前に学んでおくこと

✔︎ Webデザインスクールであれば2〜3ヶ月でスキル習得できる(独学だと早くても6ヶ月はかかる)

 

KEI

最後に、営業からWebデザイナーになることはできますが、年齢が上がっていくほど難易度は上がることも事実です。

 

20代ならまだ大丈夫です。30代も今回紹介したステップであれば、安心してください。まだ間に合いますよ。

>>30代未経験からWebデザイナーになれる?→最短の方法教えます

 

このままページを閉じても、人生は変わりません。まずは今日から、小さな一歩を踏み出すことが大事だと思いますよ。応援しています!

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

人気記事Webデザイナー転職で本当におすすめな転職エージェント9選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です