おすすめのWebデザインスクール

50代未経験からWebデザイナーを目指せる理由【失敗しない3つの手順も解説】

50代未経験からWebデザイナーを目指せる理由【失敗しない3つの手順も解説】

最近は50代からWebデザインを学び始める人が増えています。

 

それもそのはず、Webデザインは未経験から技術を身につけやすい上に、需要が高いです。

 

さらに、Webデザインを学ぶと、副業や在宅ワークで収入をプラスし、老後のお金の不安を解消することもできます。

 

とはいえ、50代からWebデザイナーをいざ目指すとなると、

 

「年齢的にさすがに厳しいんじゃないか…」

「50代からだと絶対に無理だ…」

 

という不安も強く感じてしまいますよね。

 

結論、50代未経験からでも、Webデザイナーになることは可能ですよ。

 

そこでこの記事では、現役フリーランスデザイナーの私が、50代未経験からWebデザイナーを目指せる理由や、Webデザイナーを目指す具体的3つの手順を解説します。

 

KEI

今回紹介する手順に沿って行動すれば、50代からWebデザイナーになるチャンスはまだまだありますよ。

 

ただし、一点注意点があります。それは、50代未経験からWebデザイナーは簡単ではないことです。

 

例えば転職サイトに登録し、手当たり次第に応募しても、書類選考で落とされてしまうことが大半です。

 

だからこそ、50歳以上からWebデザインを学んで人生を変えたい、あなたがそう願っているなら、本記事を最後まで読み、行動までしてみてください。そうすれば、未来はまだまだ明るいですよ。

 

50代未経験からWebデザイナーを目指せる2つの理由

50代未経験からWebデザイナーを目指せる2つの理由

 

  1. Webデザインは50代でも習得できるから
  2. 50代からWebデザイナーになっている人も実際にいるから

 

KEI

50代未経験からWebデザイナーになれる理由はこの2つです。それぞれ解説しますね!

 

1. Webデザインは50代でも習得できるから

理由一つ目は、Webデザインは50代からでも習得しやすいからです。

 

Webデザインは、完全未経験からでも、技術を身につけるまでに1年も2年といった長期間は必要ありません。

 

KEI

例えば、「Webデザイン習得に必要な勉強時間とは【現役Webデザイナーが解説】」の記事で解説していますが、Webデザイン習得に必要な時間は、勉強方法によって変わり、以下の通りです。

 

  1. 独学で学ぶ場合:6ヶ月〜1年程度
  2. Webデザインスクールで学ぶ場合:2ヶ月〜3ヶ月程度

 

上記の通り、独学で勉強する場合は6ヶ月〜1年程度で、Webデザインスクールで勉強する場合は2ヶ月〜3ヶ月程度となります。

 

独学だと半年以上かかりますが、「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】」で紹介しているようなWebデザインスクールで体系的に学べば、実はたった3ヶ月程度でも、一定の技術を身につけることができるんですよね。

 

KEI

このように、Webデザインは未経験でも習得しやすい技術のため、50代未経験からでもWebデザインは身につけることができます。

 

2. 50代からWebデザイナーになっている人も実際にいるから

もう一つの理由は、50代未経験からWebデザイナーになっている事例は、意外と多く存在するからです。

 

私はキャリア支援の仕事も携わっているのですが、これまで多くのWebデザイナー志望者の事例を見てきました。

 

KEI

その中では、50代未経験からWebデザインを始め、副業や在宅ワークなどの働き方を実現した方は、意外と多く存在しましたよ!

 

それも、たった1人や2人の話ではありません。ネットでは見えない現実世界では、多くの方が未経験からWebデザインを学び、仕事まで実現しています。

 

余談ですが、カーネルサンダースがKFCを創業したのは、65歳の時です。

 

もちろん、65歳の誰もが、KFCのような世界的大企業を作れるわけではありません。

 

それでも、65歳から世界的大企業を作ることを考えれば、50代前半や50代後半からWebデザインを学び、ちょっとした収入を得ることくらい、なんてことない難易度だと思いますよ。

 

KEI

それこそ月数万円であれば、今の会社や生活を続けながら「副業」や「在宅ワーク」といった形で、収入を得ることも目指せる水準です。

 

50代未経験からWebデザイナーになりやすいルート

50代未経験からWebデザイナーになりやすいルート

 

結論、フリーランスや副業、在宅ワークなど、「企業に雇用されない働き方」をすることです。

 

企業に雇用される働き方は50代未経験だと難しい

まずは厳しい事実ですが、企業に雇用される働き方を目指すのは、50代未経験からだとかなり厳しい道のりです。

 

企業に雇用される働き方とは、わかりやすく言えば「正社員」として企業に就職・転職することです。

 

未経験からWebデザイナー×正社員の就職・転職事情は、50代だとかなり厳しいです。というのも、多くの企業は20〜30代、もう少し上でも40代までを採用対象としていることが大半だからです。

 

企業が雇用を考える際は、前提として「長期雇用」を前提にしています。その点で50代は年齢的にもリタリア時期が近いため、企業の雇用条件とマッチしないことが多いんですよね。

 

もちろん、100%無理というわけではありません。例えば、社長が60代以上の方で、自分より年齢が下の50代を採用しているケースはあります。

 

KEI

ですが、そういう事例はやはり少ないため、企業に雇用されてWebデザイナーとして働くのは、完全未経験かつ50代だと厳しいと言わざるを得ません。

 

50代未経験はフリーランスや副業、在宅など企業に雇用されない働き方を

そこで50代未経験の方におすすめしたいのは、フリーランスや副業、在宅ワークなど、企業に雇用されない働き方です。

 

企業に雇用されない働き方の場合、50代未経験からでも比較的実現しやすいです。

 

例:クラウドソーシングを使えば、年齢関係なく仕事を探せる

例えば、最近はクラウドソーシングという、「仕事を探している人」と「仕事を依頼したい人」をマッチングするサービスがあります。

 

こういったクラウドソーシングサービスに登録すれば、Webデザインの案件を探せるのですが、こういった案件は、年齢による制限が基本ありません。

 

なぜなら、仕事を依頼する人が求めているのは、仕事をするデザイナーの「年齢」ではなく、求める制作物の「納品」だからです。

 

つまり、50代未経験でも、今からWebデザインの技術を身につけ、仕事を依頼する人が求める制作物を「納品」さえできれば、極論年齢は一切関係ないということです。

 

このように、フリーランスや副業、在宅ワークの世界の場合、年齢よりも、期待する納品物を納品できるだけの技術・実績が重視されます。

 

高い技術は必要ない

「そんなレベルの高い技術を今から身につけるなんて無理だよ」と思ってしまうかもしれませんが、高い技術は必要ありません

 

Webデザイナーとして高い技術が必要なのは、トップレベルのデザイナーとして仕事をする場合や、トップレベルの企業でデザイナーとして仕事をする場合です。

 

クラウドソーシングサービス等で簡単な案件をするくらいなら、そこまで高い技術は必要ないんですよね。

 

とはいえ、適当な技術でできるわけではないことも事実。だからこそ、体系的にWebデザインの技術を身につける必要があります。

 

KEI

技術を身につける方法はこの後紹介しますので、続きをどうぞ。

 

50代未経験からWebデザイナーを目指す3つの手順

50代未経験からWebデザイナーを目指す3つの手順

 

手順1
Webデザインを学習する
Webデザインスクールを使って学習する(おすすめのスクール:現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選比較【評判がいい】 )
手順2
簡単なWebサイトやサービスを作ってみる
Webデザインスクールで学んだことを活かし、簡単なWebサイトを制作する
手順3
実際の案件にチャレンジする
クラウドソーシングなど案件エージェントに登録し、初心者OKの仕事を探す

 

KEI

50代未経験からWebデザイナーを目指す手順は上記3つだけです。それぞれ解説しますね!

 

1. Webデザインを学習する

まずはWebデザイン学習を行い、技術を身につけていきましょう。

 

50代の学習方法は「Webデザインスクール一択」

50代からWebデザインを習得したい場合、方法はWebデザインスクール一択です。

 

なぜなら、50代からでもWebデザイナーになれるとはいえ、20代30代と比べれば、遅れていることは事実だからです。

 

だからこそ50代の場合、いち早くWebデザインの技術を体系的に身につけ、Webデザイナーとして仕事できる状態に到達できる「Webデザインスクール」を活用することがおすすめです。

 

スクールを活用すれば、年齢の遅れを挽回するだけでなく、報われるタイミングも早く訪れますよ!

 

50代におすすめなWebデザインスクール

KEI

参考までに、50代利用者が多く、最短でWebデザインを学べるWebデザインスクールを紹介しておきます。

 

  1. TechAcademy Webデザインコース50代受講者が多い!現役デザイナーとオンラインでマンツーマンで学べる
  2. CodeCampデザインマスターコース【同じく50代に選ばれている人気スクール!オンラインで安く、マンツーマンでWebデザイン学べる】
  3. ヒューマンアカデミーWEBデザイン講座【通学&オンラインで自分のペースで学べる!50代にも特に人気で費用も安い】

 

この3つがおすすめです。

 

TechAcademy WebデザインコースCodeCampデザインマスターコースは、どちらもオンラインで受講できるスクールです。

 

パソコンとネット環境さえあれば、オンラインで現役デザイナーとマンツーマンでWebデザインを学べます。他の受講生と顔を合わすこともなく、学習に集中できることで、50代以上の方からも特に選ばれています。

 

一方で、オンラインだけだと不安な方は、ヒューマンアカデミーWEBデザイン講座がおすすめです。ヒューマンアカデミーはオンラインはもちろん、全国各地の主要駅に教室があるので、オンラインと教室受講を組み合わせて学習もできます。

 

この3つならどこを選んでも間違いないです。Webデザイナーとしてどのようなステップを踏んでいけばいいか、現役デザイナー講師がノウハウも詳しく教えてくれますよ。

 

2〜3ヶ月程度でも良いので、プロから直接学ぶことで、Webデザイナーになれる確率はグッとあがります。

 

KEI

50代未経験からWebデザイナーを目指す手順は上記3つだけです。それぞれ解説しますね!

 

無料体験レッスンや無料説明会の詳細はこちら(公式サイトへ飛びます)

  1. TechAcademy Webデザインコース50代受講者が多い!現役デザイナーとオンラインでマンツーマンで学べる
  2. CodeCampデザインマスターコース【同じく50代に選ばれている人気スクール!オンラインで安く、マンツーマンでWebデザイン学べる】
  3. ヒューマンアカデミーWEBデザイン講座【通学&オンラインで自分のペースで学べる!50代にも特に人気で費用も安い】

 

KEI

上記3つのスクール含め、おすすめスクールは「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選比較【評判がいい】」で違いをまとめているので、参考にしてみてくださいね。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較 現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

 

2. 簡単な制作物を作る

Webデザインスクールで学習したら、次は簡単な制作物を作ってみましょう。

 

制作物とは、自分で作った作品のことです。Webデザイナーであれば「Webサイト」「バナー」「ロゴ」などが作品となります。

 

KEI

簡単な制作物が一つでもあった方が、3つ目の手順で案件にチャレンジする際に、仕事を得やすくなります

 

制作物を作る自信なんてないんだけど…

結論、自信がなくても問題ありません。

 

なぜなら、いまは自信がなくても、手順1で紹介したWebデザインスクールで学んでいけば、卒業する頃には簡単な制作物は作れるようになっているからです。

 

加えて、前述した「TechAcademy Webデザインコース」「CodeCamp デザインマスターコース」「ヒューマンアカデミーWEBデザイン講座」は、カリキュラムの中でオリジナルの制作物を作ることまで行います。

 

KEI

こういったスクールを活用すれば、現役デザイナーによるサポートのもと、Webデザインの制作物を作る技術が身につくだけでなく、簡単な実績をスクール受講中に得ることもできます。

 

前述通り、Webデザインは独学で学ぶと時間がかかりますが、プロから学べるスクールを使えばそこまで難しくありません。

 

ですから「TechAcademy Webデザインコース」や「CodeCampデザインマスターコース」などの環境に飛び込めば、このステップも問題なくクリアしていけます。

 

3. 実際の案件にチャレンジする

スキルを身につけ、簡単な作品も作ったら、あとは実際の案件にチャレンジするのみです。

 

仕事を探す方法は、前述したクラウドソーシングなどの、仕事を探している人と仕事を依頼したい人をマッチングするサービスを使えばOKです。

 

Webデザインのフリーランス・副業・在宅案件がたくさん掲載されているので、できそうな案件にチャレンジしてみると良いでしょう。

 

50代におすすめのWebデザイン向けクラウドソーシング・案件サイト

  1. クラウドテック【Webデザインで副業・在宅ワークしたい方向け】
  2. クラウドワークス【Webデザインで副業・在宅ワークしたい方向け】
  3. ママワークス【主婦・女性の方で、Webデザインで在宅ワークしたい方向け】
  4. レバテックフリーランス【Webデザイナー向け。フリーランスでがっつり稼ぎたいデザイナーにおすすめ※経験を積んだ後】

 

上記はいずれも「完全無料」で利用できます。

 

仕事を依頼したい企業側がお金を払っているからです。なので、複数登録しつつ、気になる企業や案件に応募してみましょう。

 

ちなみに、前述した「TechAcademy Webデザインコース」は、副業や在宅ワークの仕事を受注するためのサポートまで付いています。

 

このステップに自信がない方は、TechAcademyを検討すると、不安を解消できるでしょう。

 

KEI

ここまで紹介したステップで行動していけば、50代からでもWebデザイナーになることは目指せますよ!

 

まとめ

50代未経験からWebデザイナーを目指せる理由【3つの手順も解説】

 

述べてきた通り、50代未経験からでも、Webデザイナーになることは可能です。

 

もちろん、誰でも簡単にというわけではありません。50代という年齢ですから、ハンデはもちろんあります。

 

ですが、今回ご紹介した手順で行動していけば、今から3ヶ月後にWebデザインを習得し、半年〜1年後に月数万円の収入を、副業や在宅ワークといった形で得ることも実現できる水準です。

 

50代のうちに収入源を増やしておけば、老後のお金の不安はかなり軽減されるでしょう。

 

「何かあっても十分な貯金がある」「いざとなったら年金以外に自分の力で食べていける」という安心感は、やっぱり心強いものです。

 

そういった未来を実現できるのは、Webデザインの技術が「手に職」であり、何より「需要が高いから」です。

 

いずれにしても、行動を起こさない限りは、ただただ時間だけが過ぎていき、人生は何も変わっていきません。

 

でも大丈夫です。行動すれば、今ならまだ間に合いますよ。

 

いまの生活を捨てて、Webデザイナー1本に絞ることはリスクはありますが、Webデザインを学ぶことは一つもリスクはなく、副業などからスタートするなら、余計にリスクはありません。

 

だからこそ、人生を変えたい、老後に向けたお金の不安を解消したい方は、まずはWebデザインを数ヶ月、短期集中で学んでみることをおすすめします。Webデザインを本気で学べば、50代未経験からでも、人生を変えることがきっとできますよ。

 

まずはWebデザインを学ぶことが第一歩です(無料体験レッスンや無料説明会の詳細はこちら)

  1. TechAcademy Webデザインコース50代受講者が多い!現役デザイナーとオンラインでマンツーマンで学べる
  2. CodeCampデザインマスターコース【同じく50代に選ばれている人気スクール!オンラインで安く、マンツーマンでWebデザイン学べる】
  3. ヒューマンアカデミーWEBデザイン講座【通学&オンラインで自分のペースで学べる!50代にも特に人気で費用も安い】

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】