おすすめのWebデザインスクール

Webデザイナーを目指すのに年齢は関係ある?どの年代からでも遅くない3つの理由

Webデザイナーを目指すのに年齢は関係ある?どの年代からでも遅くない3つの理由

フリーランスWebデザイナーのKEIです。

 

この記事ではWebデザイナーと年齢の関係について、現役デザイナーの立場から解説します。

 

いま、Webデザイナーを目指す方は、20代や30代だけでなく、40代や50代など、年齢関係なく増えています。

 

とはいえ、以下のような「年齢の不安」で、なかなか一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

 

  • 私の年齢からだと、Webデザイナーはもう遅いんじゃないか?
  • 何歳までWebデザイナーになれるんだろう…

 

結論、未経験からWebデザイナーを目指すのに、どの年齢でも遅くはないですよ。30代の方はもちろん、40代や50代の方にもチャンスはあります。

 

KEI

事実、最近は現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社で取り上げているようなWebデザインスクールを活用し、Webデザイナーになっている30〜50代の方も増えています。

 

とはいえ、年齢が全く関係ないかというと、もちろんそうではありません。年齢によって目指しやすいキャリアと、目指しにくいキャリアもあります。

 

そこでこの記事では、どの年代はこれからどんな実現しやすいか、そのためにどんな行動を取るべきかまで、記事ですべて解説します。

 

KEI

この記事を読めば、あなたの年齢であればどのように行動すればいいか、具体的な方法までわかりますよ!

 

MEMO

30代、40代、50代の年齢別でWebデザイナーを目指せるか知りたい方は、この記事を合わせて以下記事もチェックしてみてください。

30代向け30代未経験からWebデザイナーは可能です。30代後半もOK!【理由と方法を解説】

40代向け40代未経験からWebデザイナーはまだ間に合います【手順を解説】

50代向け50代未経験からWebデザイナーを目指せる理由【失敗しない3つの手順も解説】

 

未経験からWebデザイナーを目指すのに年齢は関係ある?どの年齢からでも遅くない3つの理由

未経験からWebデザイナーを目指すのに年齢は関係ある?どの年齢からでも遅くない3つの理由

 

冒頭の通り、未経験からWebデザイナーを目指すのは、どの年齢からでも遅くはありません。

 

KEI

Webデザイナーを目指すのが遅くない理由は大きく3つあります。

 

  1. Webデザインスキルは年齢関係なく習得できるものだから
  2. 年齢制限なく未経験者を採用、または案件発注している企業も存在するから
  3. 年齢関係なくWebデザイナーになっている方も実際は多いから

 

1. Webデザインスキルは年齢関係なく習得できるものだから

世の中にはいろんなスキルがあります。例えばプログラミングや英語は人気のスキルですよね。

 

ですが、プログラミングや英語を始め、多くのスキルは、習得までに相応の時間がかかります。

 

そのため、年齢関係なく、どんな人でも習得できるものではそもそもないんですよね。

 

KEI

その点Webデザインは、正しい方法で学べば、スキル習得までに時間がかからないメリットがあります。

 

例えば「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判・口コミがいい】」で紹介しているWebデザインスクールを活用すれば、未経験から2〜3ヶ月程度でも、スキルを習得できます。

 

KEI

しかも、20代など若い方だけでなく、30代や40代、50代の方でも、スクールのような正しい環境で学べば、未経験から短期でスキル習得できるんですよね。

 

このように、Webデザインは年齢関係なく習得できます。これが、どの年齢からでもWebデザイナーを目指すのに遅くない理由の一つです。

 

2. 年齢制限なく未経験者を採用、または案件発注している企業も存在するから

「Webデザインスキルを仮に身につけたとしても、30代や40代の未経験者を雇ってくれる企業や、案件を発注してくれる会社なんて存在しないんじゃないかな…」と不安に思ってしまいますよね。

 

安心してください。日本には数え切れないほど会社が存在しており、その中には年齢制限なく未経験者を採用している企業や、案件を発注してくれる企業も存在していますよ!

 

私はデザイナーの仕事に加えて転職の仕事にも携わっており、Webデザイナーを採用している会社とも付き合いがあります。

 

その経験からいうと、Webデザイナーを採用している会社の中には、30代未経験の方をWebデザイナーとして採用した会社や、40代未経験の方に案件を発注している会社もあります。

 

周囲に上記のような事例が一切ないと、イメージが湧かないと思います。ですが世の中には、本当にいろんな会社があります。

 

未経験のあなたを採用してくれる会社や、仕事を発注してくれる会社は、必ずどこかにあります。この事実をまずは頭に入れておきましょう。

 

3. 年齢関係なくWebデザイナーになっている方も実際は多いから

「でも実際に、30代や40代からWebデザイナーになっている人なんていないんじゃないか?」と思ってしまいますよね。

 

確かに、そういった方はあまり表には出てこないので、本当に事例があるのか、イメージが湧かないと思います。

 

ですが、年齢関係なくチャレンジし、今ではWebデザイナーとして働けるようになった方は、意外とたくさん存在しますよ。

 

年齢の壁を超えてWebデザイナーになった方々のリアルな声を紹介

KEI

百聞は一見にしかず、年齢の壁を超えてWebデザイナーになった方々のリアルな声を紹介しますね!

 

 

 

このように、年齢関係なく、未経験からWebデザイナーになった方はたくさん存在するのです。

 

KEI

これはあくまで一部の声ですが、世の中にはあなたと同じような年代かつ境遇から、Webデザイナーになった方は意外と多くいますよ。

 

歴史的偉業を成し遂げたローマ史上最高の天才であるカエサルは、40歳までほとんど実績がありませんでした。

 

KEI

何歳になっても、行動するのは遅くないのです。

 

Webデザイナーとして目指せるキャリアと年齢の関係

Webデザイナーとして目指せるキャリアと年齢の関係

 

次に「Webデザイナーとして目指せるキャリアと年齢の関係」も解説します。

 

実はWebデザイナーとしてどんな働き方を実現したいかといった「目的」ごとに、この目的であればこの年齢までという目安は、ある程度決まっています。

 

KEI

目的は大きく2つに分解できます。

 

  1. Webデザイナーとして企業で働きたい場合(就職・転職など)
  2. Webデザイナーとして個人で収入を得たい場合(副業・在宅ワーク・フリーランスなど)

 

1. Webデザイナーとして企業で働きたい場合(就職・転職など)

目的が就職や転職など「Webデザイナーとして企業で働きたい場合」は、年齢は大きく関係してきます。

 

KEI

一般的には、未経験からだと30代、ギリギリ40代までなら転職が可能です。

 

なぜなら、多くの企業は20〜30代までは未経験者を採用しており、40代や50代になると、経験者のみを採用するケースが多いからです。

 

特に正社員の就職・転職の場合、単にスキルや実績があるから採用されるわけではありません。年齢含め、社内の人間とうまくやっていけるかという「人間性」も含めて、採用するかどうかが決められます。

 

また、正社員として就職・転職を目指す場合、企業からすれば「雇用」です。一度正社員を雇用すると、日本の法律では簡単に解雇ができません。ですから、正社員の採用は、企業からすると慎重にならざるを得ないんですよね。

 

KEI

30代なら可能、40代だとハードルが高くなり、50代だとかなり難しい、というのがリアルな難易度です。

 

このように、企業で働く就職や転職を目指す場合は、年齢が大きく関係してきます。

 

【朗報】40代以上でもWebデザイナー転職している人はいる

「じゃあ40代以上だとWebデザイナー転職できないのか」と思ってしまいますよね。

 

結論、転職できないわけではありません。40代以上でもWebデザイナー転職している人は存在しますよ!

 

KEI

例えば、40代以上の方がWebデザイナー転職できている事例で多いのは「平均年齢が高い会社への転職」です。

 

平均年齢が20〜30代の会社だと、40代以上かつ未経験から採用されることは稀です。一方、平均年齢が30〜40代、あるいは30〜50代の会社であれば、40代でも未経験から採用される確率は高まります。

 

そもそも転職の採用は、今いるメンバーとの相性も考慮して総合的に決められます。その点、平均年齢が20〜30代など若い会社だと、年齢が上がれば上がるほど不利になるのが一般的です。

 

一方、平均年齢が高めの会社の方であれば、近しい年代・境遇の方が多いことから「この年代ならまだ大丈夫だろう」と、採用確率は高くなります。

 

KEI

このように、就職・転職の場合は、年齢が関係してきますが、全く無理という話ではありません。

できるだけ平均年齢が高い会社など、自分自身を採用してくれそうな企業を探すことがポイントです。

 

2. Webデザイナーとして個人で収入を得たい場合(副業・在宅ワーク・フリーランスなど)

次に、副業・在宅ワーク・フリーランスなど「個人で収入を得たい場合」ですが、こちらは年齢関係なく、30代や40代、50代でもチャンスがたくさんあります。

 

なぜなら、副業や在宅ワーク、フリーランスといった働き方は、年齢ではなく「スキル」や「実績」を重視する傾向が強いからです。

 

KEI

ですから、未経験でも今からしっかりスキルを身につけて実績を作れば、年齢関係なくチャンスを得ることができます。

 

加えて、就職・転職のような「雇用」と異なり、副業・在宅ワーク・フリーランスは「契約」となります。

 

契約の場合、万が一契約して相性が合わなかったとしても、企業は契約を切るか、契約を更新しなければ良いだけの話です。そのため企業側からすれば、就職・転職ほど慎重にはなりません。

 

また、副業・在宅ワーク・フリーランスは、社員と異なり教育も必要ありません。

 

教育が絡んでくると、年齢が絡んできます。「30代上司に40代部下の関係だと、社内の人間関係がうまくいかないのでは?」と考える企業はまだまだ多いからです。ですから、教育が不要なフリーランスや副業は、年齢はさほど気にされません。

 

KEI

このように、個人で収入を得る道は、企業で働く道より、年齢関係なくチャンスが多く残されています。

 

ですから、特に40代や50代の方は、就職・転職より「副業・在宅ワーク・フリーランス」を第一に検討した方が、良い結果が早く訪れると思いますよ。

 

KEI

30代、40代、50代の年齢別キャリアをもっと詳しく知りたい方は、以下記事も参考にしてみてくださいね↓

 

30代向け30代未経験からWebデザイナーは可能です。30代後半もOK!【理由と方法を解説】

40代向け【朗報】40代未経験からWebデザイナーはまだ間に合います【手順を解説】

50代向け50代未経験からWebデザイナーを目指せる理由【失敗しない3つの手順も解説】

 

年齢の壁を超えてWebデザイナーを確実に目指す3ステップ

年齢関係なくWebデザイナーを目指す3ステップ

 

ここからは、30代、40代、50代など年齢の壁を超えて、Webデザイナーを確実に目指すステップを解説します。

 

KEI

結論、どの年代にも共通するステップは次の通りです。

 

  1. 正しい方法でWebデザインスキルを身につける
  2. 制作実績とポートフォリオを準備する
  3. 転職活動や案件獲得に向けて活動する

 

1. 正しい方法でWebデザインスキルを身につける

就職や転職、副業や在宅ワーク、フリーランス、どんな道を目指す場合も、正しい方法でWebデザインスキルを身につけることが最初のステップです。

 

ここで重要なのは「正しい方法で学ぶこと」です。なぜなら、30〜50代からWebデザイナーになれるとはいえ、20代の方と比べると遅れていることは紛れもない事実だからです。

 

加えて、正しい方法ではなく、適当な方法で学んでしまうと、Webデザイナーになるために必要なスキルが身につきません。せっかく時間をかけて勉強したのに、それが無駄になってしまう可能性があります。

 

KEI

「まだ間に合う。でも残された時間が少ない方」は、正しい方法を利用し、最短最速でWebデザインスキルを身につけることが必要です。

 

正しい方法ってどんなやり方?

まず、未経験からWebデザインスキルを習得するには、大きく2つの方法があります。

 

  1. 独学で勉強する
  2. Webデザインスクールで勉強する

 

このうち、正しい方法で誰でも勉強しやすいのは「Webデザインスクールで勉強すること」です。なぜならスクールの場合、実務から逆算されたカリキュラムで学習できるからです。

 

30代や40代以上の方は、遠回りしている時間は残されていません。その点Webデザインスクールなら、就職や転職、副業やフリーランスで働ける状態から逆算して、カリキュラムが全て作られています。

 

 

KEI

つまり、Webデザインスクールであれば、最短ルートで仕事レベルのスキルを習得できるんですよね。

 

私はWebデザインスクールを受講して人生が変わった

実は私も未経験からスクールを活用しましたが、スクールを利用して人生が変わりました。

 

最初は右も左もわからない状態でしたが、スクールで体系的に学んだことで、Webデザインをイチからしっかり習得できました。今ではフリーランスとして活動できるようになりましたし、控えめに言ってもスクールを利用してよかったと思います。

 

もちろん、独学でスキル習得されている方もいます。なので独学も不可能ではありません。

 

ですが独学の場合、勉強方法も全部自分で設計し、わからないことも全部一人で解決しないといけません。当然時間がかかりますし、挫折率も高くなります。

 

KEI

スピードや確実性、効率面で言えば、圧倒的にWebデザインスクールの方が優れていますよ!

 

【注意】Webデザインスクールもどこを選ぶかで結果が変わってくる

ここで一点注意点があります。それは、Webデザインスクールで学ぶことがおすすめですが、どのスクールを選ぶかで、得られる結果が大きく変わってしまうこと。

 

あるスクールはWebデザイナーのキャリアが拓ける一方、別のスクールはWebデザイナーに必要なスキルが身につかず、時間とお金を無駄にしてしまう可能性があるんですよね。

 

KEI

だからこそ、本当に質の良いWebデザインスクールを選ぶことが必要です。

 

ではどのスクールを選ぶと良いのか?私が受講してよかったWebデザインスクールと、現役デザイナーの私が15つ以上のスクールの取材・体験をしてわかった優良スクール5つは、以下記事でまとめているので、よければ参考にしてみてくださいね。

 

関連記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判・口コミがいい】

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】

 

2. 制作実績とポートフォリオを準備する

Webデザインスクールでスキルを身につけたら、次は制作実績とポートフォリオを準備していきます。

 

MEMO
  • 制作実績とは?

あなた自身がオリジナルで作った作品を指します。Webデザインの場合は、自分でオリジナルで作成したWebサイトやバナー、ロゴなどが当たります。

  • ポートフォリオとは?

オリジナル制作実績や自身のプロフィールをまとめた、Webデザイナーの世界でいう履歴書のようなものです。副業や在宅ワークを目指すコンペ時や、就職を目指す就活・転職活動時に企業へ提出することで、あなたのスキルをアピールできます。

 

制作実績とポートフォリオを準備することで、転職活動や案件獲得のコンペ時に、あなたのスキルや経験を企業にアピールできます。

 

逆に、制作実績やポートフォリオがないと、特にWebデザイナーとして勤務経験がない場合、企業はあなたを採用したり、あなたに仕事を発注していいか判断がつきません。

 

KEI

ですからこのフェーズでは、制作実績とポートフォリオを作ることが必要です。

 

どうやって制作実績とポートフォリオを準備すればいい?

一番確実なのは「制作実績・ポートフォリオ制作がセットのWebデザインスクール」を利用することです。

 

例えば「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判・口コミがいい】」で紹介しているほとんどのスクールは、制作実績・ポートフォリオ制作がカリキュラムに含まれています。

 

KEI

制作実績・ポートフォリオ制作がセットになったスクールを活用することで、スキル習得だけでなく、企業にそのまま提出できるクオリティの制作実績・ポートフォリオを準備できますよ!

 

一方、Webデザインスクールを活用する予定が一切ない方は、独学で自分で用意する必要があります。

 

その場合は「Webデザインの独学勉強法は何から始めればいい?4つのSTEPを現役Webデザイナーが解説!」の記事で方法をまとめているので、参考にしてみてください。

 

3. 転職活動や案件獲得に向けて活動する

制作実績とポートフォリオも準備できたら、あなたの目的に合わせて、転職活動や案件獲得を進めていきましょう。

 

  1. 就職・転職したい方向け
  2. 副業・在宅ワーク・フリーランスを目指す方向け

 

この2パターンに分けて解説しますね!

 

就職・転職したい方向け

Webデザイナーとして就職・転職を目指す方は、就職活動・転職活動を始めましょう。

 

KEI

就職活動・転職活動の方法は大きく2つあります。

 

  1. Webデザインスクールの就職・転職支援を利用する
  2. 自分で転職エージェントを探して登録する

 

Webデザインスクールの中には、Webデザイン学習やポートフォリオ作成だけでなく、その後の転職活動まで支援してくれるスクールがあります。

 

例えば、Webデザインスクールで国内最大級の「ヒューマンアカデミーWebデザイン講座」は、Webデザイン学習とポートフォリオ作成に加えて、転職活動まで支援してくれます。

 

KEI

ヒューマンアカデミーのようなスクールを使えば、学習から転職活動まで一貫したサポートのもと、良い就職・転職を目指せますよ。

 

なお、ヒューマンアカデミーの最新の就職先・転職先は無料説明会に参加すると教えてくれます。受講を決めていない方の気軽なキャリア相談だけでも参加できます。無料でオンラインでも参加できるため、気になる方は話を聞いてみることをおすすめします。

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座公式サイトはこちら

 

一方で、Webデザインスクールの就職支援を使わない場合、自分自身で転職エージェントに登録し、気になる企業に応募することも可能です。

 

Webデザイナーに強い転職エージェントは「Webデザイナー向け!Webデザイナー転職で本当におすすめな転職エージェント9選【徹底比較】」でまとめています。この中から気になるエージェントに登録し、案件を紹介してもらいましょう。

 

副業・在宅ワーク・フリーランスを目指す方向け

一方で副業・在宅ワーク・フリーランスを目指す方は、クラウドソーシングやフリーランスエージェントを利用し、案件獲得を進めていきます。

 

KEI

例えば次のようなクラウドソーシング・エージェントは、Webデザイナー案件が豊富にあります。

 

  1. クラウドワークス:大手のクラウドソーシングサイト。未経験からチャレンジしやすい案件はこちら
  2. クラウドテック:クラウドワークスの上位版のエージェント。高単価案件はこちら

 

こういったサイトは無料で登録・利用できます。

 

金銭的リスクは一つもないため、まずは無料登録しつつ、案件を眺めてみることから始めてみましょう。

 

中には案件獲得サポートのあるWebデザインスクールも

あるいは、オンラインWebデザインスクール大手のTechAcademy Webデザインコースは、プロの現役デザイナーによる個別サポートのもと、副業・フリーランス案件にチャレンジできる制度があります。

 

KEI

TechAcademyのような案件獲得サポートのあるスクールを使えば、未経験から安心して、副業・在宅ワーク・フリーランスを始めることができます。

[/sayl

 

ちなみにTechAcademyは私がWebデザイナーになる際に利用したスクールです。TechAcademyは実体験からもおすすめできます!

TechAcademy Webデザインコース公式サイトはこちら

 

とにかくたくさんの企業・案件にチャレンジし続けることが大事

就職・転職と、副業・在宅ワーク・フリーランス。どちらにも共通することは、とにかくたくさんの企業・案件にチャレンジし続けることです。

 

未経験からWebデザイナーにチャレンジする場合、1件応募して1件で採用や受注が決まることはほとんどありません。

 

[say img="https://desacari.net/wp-content/uploads/2021/05/admin-ajax.php_.jpeg" name="KEI"]

5件、10件、20件と応募していく中で、最初の内定や受注を勝ち取れるのです。

 

最初の内定や受注さえ取れれば、あとはその案件を無事納品できるように全力を尽くすのみ。

 

KEI

1社、1件の実績さえできれば、2社目・2案件目はずっと楽に内定・受注が取れるようになります。

 

だからこそ、一番大変な最初のうちは、とにかく諦めず行動を続けましょう。そうすれば、明るい未来がすぐそこに待っていますよ。

 

まとめ

Webデザイナーを目指すのに年齢は関係ある?どの年代からでも遅くない3つの理由

 

述べてきた通り、Webデザイナーを目指すのに年齢的にもう遅いはありません。どんな方でも今から行動すれば、道は拓けますよ。

 

いずれにしても、まずはWebデザインスキルを正しい方法で学ぶことが最初のステップです。Webデザインは短期集中でやれば数ヶ月でもスキルが身につきます。

 

今日から行動すれば、明るい未来はもうすぐそこですよ。あなたの希望が叶うよう、応援しています!

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】