なぜ独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしないのか

なぜ独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしないのか

独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことはおすすめしません。

 

なぜおすすめしないのか、その理由を本記事で解説します。

 

KEI

これを書いている私は、フリーランスWebデザイナーです。もともとWebデザインは経験がなかったのですが、未経験からWebデザインを学んでスキルを習得。一度企業で実務経験を積んでから、現在は独立をしています。

 

そのような経験があるので、未経験からフリーランスWebデザイナーを目指す人を多く見てきました。その過程で「成功する人」も、逆に「失敗する人」も数多く見てきました。

 

それらの実体験をもとにわかったことが、本記事の内容です。未経験からフリーランスWebデザイナーを目指すなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

なぜ独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしないのか?

なぜ独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしないのか?

 

  1. 独学だと時間がかかりすぎるから
  2. その上挫折しやすいから
  3. より最短かつ確実に、スキル習得できる方法が今はあるから

 

独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしない理由は上記3つです。

 

それぞれ解説しますね。

 

1. 独学だと時間がかかりすぎるから

まずは独学だと時間がかかりすぎるからです。

 

これについては、他の学習方法と「数字」で比較すると、イメージが湧くと思います。

 

「Webデザイン習得時間」を、他の学習方法と比較してみる

ここでは、

 

  1. 独学で勉強する場合
  2. スクールで勉強する場合

 

この2つで、Webデザイン習得までの時間を比較します。

 

以前「Webデザイン習得に必要な勉強時間とは【現役Webデザイナーが解説】」の記事でまとめた結論を引用すると、習得時間は以下の通りです。

 

Webデザインの習得時間

1. 独学で学ぶ場合:6ヶ月〜1年程度

2. Webデザインスクールで学ぶ場合:2ヶ月〜3ヶ月程度

 

このように、独学とスクールの場合、習得までの時間がおよそ3倍も変わるんですよね。

 

独学は全部自分1人で調べて、進んでいかないといけない

なぜ独学がそれだけ時間がかかるかというと、上記の通り、わからないことがあっても、全部1人で解決し、進んでいかないといけないからです。

 

Webデザインはわからないことがあれば、通常ネットや本で調べて、一つずつ解決していきます。

 

これが初心者の場合、わからないことを「一つ」解決するだけでも、相応の時間がかかるんですよね。それこそ、一つわからないことを解決するだけで、30分、1時間と時間を消費することもあります。

 

もちろん、一つずつわからないことを解消していけば、いつかは独学でもスキル習得できますよ。でも、やっぱり時間がかかりすぎるんですよね。

 

特にあなたがフリーランスを目指すのであれば、一定レベルのスキルは必要です。ですから独学だと、上記で挙げた以上に、もっと時間はかかると思います。

 

KEI

このように「独学だと時間がかかりすぎること」が、独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしない一つ目の理由です。

 

2. その上挫折しやすいから

時間がかかることに加えて、独学は「挫折」しやすいです。

 

私自身、これまで多くの学習者を見てきましたが、独学は途中で挫折する人がとても多かったです。

 

事実、私の周囲だと、10人独学で勉強したら、そのうち8〜9人は挫折しています。

 

どれだけ時間をかけて取り組んでも、最後に挫折してしまったら、それまでの努力は水の泡ですよね。

 

【体験談】私も挫折しました

何を隠そう、実は私自身も、独学で挫折した1人です。

 

冒頭の通り、私は未経験からWebデザインを学んでフリーランスになりましたが、最初は「独学」で勉強をスタートしました。

 

でも前述通り、独学は毎日わからないことにぶつかります。その都度調べては、また手を動かし、また壁にぶつかる。こういうことをずっと繰り返していました。

 

それであるときに気づいたんです。「あれ、全然前に進んでないんじゃないか…?」ということに。

 

しかも、

 

「このまま進んでいけば、本当にWebデザイナーになれるのかな..?」

「本当にこのやり方で良いんだろうか…?」

 

という風に、自身がやってきたこと全てが、間違っているような感覚に襲われてしまったんですよね。そこから自分の勉強に自信を持てなくなりました。

 

独学は、出口の見えない暗いトンネルを彷徨うようなもの【辛い】

独学は、言ってみれば出口の見えない暗いトンネルを、1人さまよっている感覚です。

 

出口が見えていれば、人は頑張って進んでいけるものです。

 

マラソンだってそうですよね。ゴールが見えていれば頑張れます。でも、ゴールが見えないマラソンは死ぬほど辛いです。「いつになったらゴールにたどり着けるのか」と不安になるからです。

 

そうやって独学に苦しんだ結果、私は挫折しました。

 

どれだけ時間をかけても、最終的にゴールにたどり着けなければ全く意味がないことを、そのときに痛感しました。

 

KEI

このように「挫折しやすいこと」が、独学でフリーランスを目指すことをおすすめしない2つ目の理由です。

 

3. より最短かつ確実に、スキル習得できる方法が今はあるから

最後3つ目の理由は、独学よりも最短、かつ確実に、スキル習得できる方法が今はあるからです。

 

最近は「未経験からWebデザインを学べる環境」が多くあります。そんな中、敢えていばらの道である独学を選ぶ必要性は、そもそも無いんですよね。

 

特にあなたが「フリーランス」を目指す場合、前述通り、しっかりとしたスキルを身につけることは必要不可欠です。そういう意味でも、独学は適切じゃないと思います。

 

以上が、Webデザイナーのフリーランスを目指す上で、独学をおすすめしない理由です。

 

独学をおすすめしない理由
  1. 独学だと時間がかかりすぎるから
  2. その上挫折しやすいから
  3. より最短かつ確実に、スキル習得できる方法が今はあるから

 

独学ではない、フリーランスWebデザイナーを目指すおすすめの方法は?【プロに学ぶこと】

独学ではない、フリーランスWebデザイナーを目指すおすすめの方法は?【プロに学ぶこと】

 

では、フリーランスWebデザイナーを目指す方法は何かと言うと、それは「プロに学ぶこと」です。

 

プロに学ぶことが、最も最短かつ確実に、フリーランスレベルのWebデザインを習得する方法です。

 

プロから学ぶことが、物事の上達の秘訣

Webデザインに限った話ではありませんが、どんな物事も、その道のプロから学ぶことが、上達の秘訣です。

 

例えばサッカーであれば、サッカー選手に学ぶことが一番良いんですよね。野球であれば野球選手です。

 

これと同じで、フリーランスとして活躍するWebデザインをこれから習得したい場合、現役フリーランスWebデザイナーから学ぶことがおすすめです。

 

例えば「Webデザインスクール」であれば、現役フリーランスWebデザイナーが講師となり、マンツーマンでWebデザインを教えてくれます。

 

こういった環境を利用することで、あなたが完全未経験であっても、最短かつ確実に、フリーランスに必要なWebデザインを習得することができます。

 

私もWebデザインスクールで再出発し、フリーランスになれた

独学で挫折した私ですが、その後はWebデザインスクールで再度勉強をしました。

 

その結果、今ではフリーランス Webデザイナーになることができたんですよね。

 

私の事例が全てとは言いませんが、いま未経験からWebデザイナーになっている人の多くは「プロ」から正しいWebデザインを学び、正しいスキルを身につけた上で、フリーランスになっていることが多いです。

 

だからこそ、これからフリーランスWebデザイナーになりたいと本気で願うなら、Webデザインスクールでプロから学ぶことがおすすめです。

 

フリーランスWebデザイナーを最短かつ確実に目指すステップ

フリーランスWebデザイナーを最短かつ確実に目指すステップ

 

以上のことを踏まえて、「最短」かつ「確実」に、フリーランスWebデザイナーを目指すステップをまとめます。

 

結論、以下行動を取っていくことが、フリーランスWebデザイナーになる最短ルートです。

 

フリーランスWebデザイナーを目指す手順

手順1
独学で基礎をサクッと学ぶ(期間:1週間程度)
Progate」などの学習サイトを利用し、基礎をサクッと学ぶ
手順2
Webデザインスクールで実践を短期集中で学ぶ(期間:1〜3ヶ月間)
プロのサポートのもと、Webデザインスクールで実践学習を行う(参考:現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】
手順3
「企業へ就職⇨フリーランス」or「いきなりフリーランス」
一度企業に就職してからフリーランスを目指すか、スクール卒業後にいきなりフリーランスを目指すか

 

上記の3ステップです。

 

手順3で分岐がありますが、このステップで行動すれば、最短半年後、遅くとも2〜3年後にはフリーランスとして独立できますよ。

 

これから学ぶべき、フリーランスWebデザイナーに必要なスキル

これから「基礎学習」と「実践学習」を通じ、フリーランスに必要なスキルを学んでいきますが、そもそも「フリーランスWebデザイナーに必要なスキル」は以下となります。

 

フリーランス Webデザイナーに必要なスキル

1. HTML/CSS

2. JavaScript

3. Photoshop

4. Illustrator

5. Webサイト制作・デザインの実践スキル(PHPやWordPressの知識など)

 

こういったスキルが、フリーランスとして仕事をしていく上では必要です。

 

どれも正しく学んでいけば難しくない

「たくさんスキルがあって、全部できるようになるか自信がない…」

 

そう思ってしまったかもしれませんが、大丈夫。今回紹介するステップに沿っていけば、完全未経験でも着実にスキルを習得していけますよ。

 

ではそれぞれのステップでどのように学び、行動していくべきか、ポイントに絞って解説しますね。

 

1. 独学で基礎をサクッと学ぶ(目安期間:1〜2週間)

まず「基礎学習」です。

 

基礎学習は独学でも大丈夫です。

 

基礎学習ってどんなもの?

先ほど挙げたスキルのうち「HTML/CSS」の学習です。

 

HTML/CSSはコーディングをする際に利用するスキルです。これらは独学でも十分習得できます。

 

目安期間は1〜2週間でOKです。サクッと学びつつ、Webデザインの基礎に触れて慣れてみる、このステップではそんなことを意識しましょう。

 

どうやって独学すればいい?

無料で使える学習サイトがおすすめです。

 

例えば「Progate」という学習サイトを使えば、HTML/CSSの基本は無料で学べます。迷ったらここで勉強することがおすすめです。

 

一方、その他の学習サイトも比較して選びたいなら「【無料あり】Webデザイン独学で使えるおすすめ勉強サイト7選【現役Webデザイナーが厳選】」の記事で紹介しているので参考にどうぞ。もしわからなければ、この中から選んで勉強すると確実です。

 

2. Webデザインスクールで実践を短期集中で学ぶ(目安期間:1〜3ヶ月間)

次に「実践的な学習」です。

 

実践学習は前述通り、プロから学べる「Webデザインスクール」で行いましょう。

 

そのためにあなたがまずやるべきことは「スクールの選定」です。「どこのスクールを利用するか」を選んでいくことですね。

 

ですから、HTML/CSSの基礎学習をしつつ、並行してスクールの選定を早速始めましょう。

 

【悲報】Webデザインスクールは数が多すぎる

ここで悲報としては、Webデザインスクールは数が多すぎて、初心者だとなかなか選べないことです。

 

Webデザインスクールにも当然ながら良し悪しがあります。質が高いスクールもあれば、残念ながら粗悪なスクールもあります。

 

だからこそ、質が高いスクールを選ぶことが必要なんですよね。

 

私が使ってよかった、おすすめのWebデザインスクールはこちら

なので参考までに、私が使ってよかったWebデザインスクールは「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】」でまとめました。

 

「このスクールであれば間違いない」という5社のみ、厳選しました。

 

「どのスクールを選んでいいかわからない…」という場合は、この5つの中から選ぶと失敗しづらく、後悔しない選択ができると思いますよ。

 

詳細はこちら👇

>>現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較

 

KEI

上記のスクールで、いち早くフリーランスWebデザイナーになりたいなら「1〜3ヶ月程度のスクール」を、じっくり学んでフリーランスになりたい場合は「6ヶ月程度のスクール」を選んで学習していくと、希望に合った形で選べると思いますよ!

 

3. 「一度企業に就職⇨フリーランス」or 「いきなりフリーランス」

ここまでのステップでWebデザインを学習していけば、数ヶ月後には簡単なWebサイトなど「オリジナルの作品」を作れるレベルに到達できます。

 

そこから先の道は以下の通り、2つあります。

 

  1. 一度企業に就職してから、フリーランスを目指す
  2. スクール卒業後、いきなりフリーランスを目指す

 

この2つです。

 

最初は企業に就職して実務経験を積む道と、すぐにフリーランスとして働く道ですね。

 

おすすめは一度企業に就職し、フリーランスを目指すこと

結論、どちらも実現可能ですが、おすすめは「一度企業に就職し、その後フリーランスを目指すこと」です。

 

なぜなら一度企業で実務経験を積んだ方が、収入(単価)が上がりやすいからです。

 

いきなりフリーランスとして独立しても、月10〜月20万円くらいは稼げます。とはいえ「高単価案件」は最初は受けにくいことが事実です。

 

一方、企業で実務経験をしっかり積んでおけば、より高単価の案件を受注できるようになります。そうすれば、月30〜50万円以上も十分実現できます。

 

また中には、企業で経験を積みつつスキルアップし、年収1,000万円以上を稼ぐWeb系フリーランスも、最近は特に増えています。

 

KEI

そういった事実から考えても、特にあなたが「高収入」を目指したいなら、1〜2年でも良いので、企業で実務経験を積んでおくことがおすすめですね。

 

企業に就職しながら「副業」すれば、リスクなくフリーランス 独立できる

また企業に一度就職すれば、働きながら「副業」できます。

 

副業で「個人の実績」を先に積んでおけば、いざフリーランスになる際は、リスクなく独立することができます。

 

どうやって副業するかは「初心者がWebデザイン副業で稼ぐまでの全知識を、現役Webデザイナーが徹底解説」でまとめているのでこちらもどうぞ。

 

だからこそ「できるだけ失敗したくない」と思う場合は、Webデザインスクールで学んだ後は、企業へ就職することがおすすめです。

 

KEI

スクール卒業後についてはまだ少し先の話なので、まずは「Webデザインの基礎と実践」を学ぶことからスタートです。

 

特に「スクールの選定」は人によっては時間がかかるので、今のうちから良さそうなスクールを探しておくことがおすすめですよ!

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較

 

独学でフリーランスWebデザイナー独立はおすすめしない

独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことはおすすめしない

 

まとめ
  • なぜ独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしないのか?

・・独学だと時間がかかりすぎるから

・・その上挫折しやすいから

・・より最短かつ確実に、スキル習得できる方法が今はあるから

  • フリーランスWebデザイナーを目指すおすすめ手順

・・Progateで基礎学習する(1〜2週間)

・・並行してWebデザインスクールを選ぶ(おすすめ:現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

・・Webデザインスクールで実践学習する(1〜3ヶ月)

・・一度企業へ就職し、その後フリーランスを目指す

 

KEI

述べてきた通り、完全独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことは、時間がかかる上に挫折しやすいので、おすすめしません。

 

一方、今回紹介したステップであれば、最短半年、長くても2〜3年後にはフリーランスWebデザイナーになれますよ

 

Webデザインは個人で稼げるスキルなので「在宅勤務」や「リモートワーク」もしやすいです。一度きりの人生を、自分のために生きれるようになるスキルだからこそ、学んでおいて得することはたくさんあっても、損することはないと思いますよ。

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です