当サイトはPRが含まれます

Webデザインのリスキリング講座4選!現役Webデザイナーが厳選

Webデザインのリスキリング講座4選!現役Webデザイナーが厳選

リスキリング講座とは「キャリア相談」「リスキリング」「転職」までを一体的に支援してくれる、経済産業省の制度です。

 

条件を満たすことで、受講料の最大56万円の補助金を受けることができます。

 

そこでこの記事では、リスキリング講座の中でも「Webデザインのリスキリング講座&スクール4選」を、現役Webデザイナー目線で厳選しました!

 

KEI

この記事を読めば、Webデザインのリスキリング講座やスクールをどのように選んでいけばいいか、具体的におすすめできる講座はどこか、答えがはっきりとわかりますよ。

 

Webデザインのリスキリング講座・スクール4選!補助金を受けられる

KEI

早速、Webデザインのリスキリング講座・スクール4選を紹介していきます。

 

【結論】Webデザインのリスキリング講座・スクール4選(公式サイトへ飛べます)

  1. DMM WEBCAMP Webデザインコース【実践的なWebデザインスキルを習得。受講料の最大70%(最大380,800円)を支給】実質負担額97,600円から
  2. TechAcademy Webデザインコース【受講中に副業案件に挑戦して実績作りができる。受講料の最大70%(最大335,300円)を支給】実質負担額135,600円から
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【プロのWebデザイナーを目指す本格派。受講料の最大70%(最大329,000円)を支給】実質負担額188,000円から
  4. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座【就職率90.9%。国内最大級の全国24校舎あり。受講料の最大70%(最大520,000円)を支給】実質負担額297,352円から

 

1. DMM WEBCAMP Webデザインコース

Webデザインのリスキリング講座4選!現役Webデザイナーが厳選

公式サイトDMM WEBCAMP Webデザインコース
おすすめの受講目的副業・フリーランス・在宅ワーク・就職・転職・スキルアップなど
期間8週間、16週間、24週間、32週間のいずれか
価格268,600円/8週間
378,400円/16週間
488,400円/24週間
598,400円/32週間
リスキリング補助金受講料の最大70%(最大380,800円)の補助金を支給!!
※例.8週間コースの場合:268,600円実質負担額97,600
受講スタイルオンライン完結
無料相談無料相談あり

 

DMM WEBCAMP Webデザインコースは、実績豊富な大手DMMグループが運営しているWebデザインスクールです。

 

受講料の最大70%(380,800円)のリスキリング補助金を受けられる【実質負担額97,600円から】

DMM WEBCAMP Webデザインコースはリスキリング講座対象となっており、受講料の最大70%(380,800円)の補助金を受けることができます。

 

例えば8週間コースの場合、268,400円実質負担額97,600となり、なんと総額10万円を切る実質負担額で受講できます。

 

ちなみに、リスキリング補助金対象スクールで、総額10万円を切るスクールは他にありませんでした。

 

KEI

最高クラスのコスパで選ぶなら、10万円かからない値段で受講できるDMM WEBCAMPが一番おすすめです!

 

実践的なカリキュラムでプロのWebデザイナーのスキルを習得

DMM WEBCAMPでは、実践的なカリキュラムを通じて、プロのWebデザイナーとして通用するスキルを学んでいきます。

 

他のスクールと比べて初心者・未経験者向けでわかりやすく、基礎から実践までしっかり学べることが特徴です。

 

KEI

プロの現役Webデザイナーがマンツーマンでサポートしてくれるので、未経験でも安心してスキルを身につけていけますよ!

 

何より、リスキリング補助金を適用することで、総額10万円を切ってきます。

 

KEI

総額10万円以下のWebデザインスクールで、品質やサポートも充実したスクールは正直ほぼありません。

この一点だけでも、DMM WEBCAMPを選ぶ理由になるでしょう。

 

リスキリング補助金の詳しい詳細は「無料相談」に参加すると聞けます。

 

あなたが補助金を利用できるかの「無料診断」も、無料相談に参加すると、無料で診断してもらえます。

 

KEI

まずは無料相談に参加し、詳しい話を聞いてから、受講をじっくり検討することがおすすめです。

DMM WEBCAMP公式サイトはこちら

 

\まずはお気軽に無料相談から!申込みは簡単30秒/

参加しても入会する必要はありません。安心してご参加ください。

 

DMM WEBCAMPの評判はこちら👇

>>DMM WEBCAMP Webデザインコースの評判・口コミ・特徴

【新コース】DMM WEBCAMP Webデザインコースの評判・口コミ・特徴DMM WEBCAMP Webデザインコースの評判・口コミ・特徴【2024年最新】

 

2. TechAcademy Webデザインコース

Webデザインのリスキリング講座4選!現役Webデザイナーが厳選

公式サイトTechAcademy Webデザインコース
おすすめの受講目的副業・フリーランス・在宅ワーク・就職・転職・スキルアップなど
期間4週間、8週間、12週間、16週間のいずれか
通常価格284,900円/4週間(学割で273,900円/4週間)
372,900円/8週間(学割で361,900円/8週間)
449,900円/12週間(学割で438,900円/12週間)
526,900円/16週間(学割で515,900円/16週間)
リスキリング補助金受講料の最大70%(最大335,300円)を支給!!
※例.8週間コースの場合:372,900円実質負担額135,600
受講スタイルオンライン型
無料体験無料相談あり

 

TechAcademy Webデザインコースはオンライン完結型のWebデザインスクールであり、Webデザインスクールとして国内大手のスクールです。

 

KEI

TechAcademyは私自身も受講したことがありますが、満足度が非常に高いスクールでした。

 

リスキリング講座対象!受講料の最大70%(335,300円)の補助金を受けられる【実質負担額135,600円から】

TechAcademy Webデザインコースはリスキリング講座対象となっており、受講料の最大70%の補助金を受けることができます。

 

例えば8週間コースの場合、372,900円実質負担額135,600円(237,300円のキャッシュバック)となり、10万円弱の実質負担額で受講できます。

 

私が受講した当時はリスキリング講座はなかったため通常価格で受講しましたが、4週間の受講で15〜16万円ほどでした。今ならリスキリング講座で8週間で13万円弱で受講できるので、これから受講される方が正直羨ましいほどです…笑

 

現役Webデザイナーのマンツーマンサポートで副業案件に挑戦できる

TechAcademyの大きな特徴に、プロの現役Webデザイナーのマンツーマンサポートのもと、副業案件に挑戦できることがあります。

 

TechAcademyは完全オンラインスクールであり、オンラインで学習を進めていきます。

 

KEI

オンラインでもあなた専属の現役Webデザイナーがマンツーマンでついてくれるので、安心してスキル習得していける環境です。

 

しかも、TechAcademy側から副業案件の紹介を受けられる制度があるため、受講生は受講中に実案件にチャレンジできます。実際の実務案件をWebデザイナー講師と二人三脚でこなすことで、現場の仕事の流れを知ることはもちろん、実案件を通じた実績を作ることも可能です。

 

ただでさえコスパ抜群のスクールですが、リスキリング補助金を適用することで、最上級のコスパを持つスクールになりました。迷ったらTechAcademyを選ぶと間違いありませんよ!

 

KEI

実体験からも本気でオススメできます。

>>TechAcademy公式サイトを見る

 

6/23(日)まで期間限定!1コース申込むともう1コースもらえる/

相談は完全無料&スマホOK。当日1時間後から予約できます

 

TechAcademyの評判・レビューはこちら👇

>>TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースを受講した率直な感想や評判・口コミ

TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースの評判や感想【体験談&評判】テックアカデミーWebデザインを受講した私の感想と口コミまとめ

 

3. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

Webデザインのリスキリング講座4選!現役Webデザイナーが厳選

公式サイトデジタルハリウッド STUDIO by LIG
おすすめの受講目的副業・フリーランス・在宅ワーク・就職・転職・スキルアップなど
期間6ヶ月
価格495,000円/6ヶ月
リスキリング補助金受講料の最大70%(329,000円)を支給!!
495,000円実質負担額188,000
受講スタイルオンライン or 教室(上野、池袋、大宮、北千住、川崎、町田の6拠点)
無料説明会無料説明会あり

 

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、Webデザインスクールの中でも「質の高いスクール」として評判です。

 

受講料の最大70%(329,000円)のリスキリング補助金を受けられる【実質負担額188,000円】

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGもリスキリング講座対象となっており、受講料の最大70%の補助金を受けることができます。

 

例えばメインコースのWebデザイナー専攻コース(6ヶ月受講)の場合、495,000円実質負担額188,000となり、20万円を切る価格で受講できます。

 

本格的なプロのスキルを習得するカリキュラム

大きな特徴は、本格的なプロのスキルを習得するカリキュラムです。

 

KEI

累計9万人もの卒業生を輩出してきた実践型カリキュラムであり、非常に品質が高いことが特徴です。

 

東京・埼玉・神奈川には合計6つの校舎があり、実力派デザイナーから手厚い個別指導を受けることができます。

 

先ほど紹介したDMM WEBCAMPとTechAcademyはオンラインスクールであり、どちらも対面式では学ぶことができません。

 

KEI

関東の校舎に通える方で、かつ対面指導を希望する方は、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGが向いているでしょう。

デジタルハリウッド STUDIO by LIG 公式サイトへ

 

\プロのWebデザイナーを目指すなら/

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・レビューはこちら👇

>>デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミ【現役デザイナーが解説】

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミデジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評判・口コミ【現役デザイナーが解説】

 

4. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座

Webデザインのリスキリング講座4選!現役Webデザイナーが厳選

公式サイトヒューマンアカデミーWebデザイン講座
おすすめの受講目的副業・フリーランス・在宅ワーク・就職・転職・スキルアップなど
期間6ヶ月〜
価格Webデザイナーコース:6ヶ月588,500円
Webデザイナー総合コース:6ヶ月817,718円
リスキリング補助金受講料の最大70%(520,020円)を支給!!
※例.Webデザイナー総合コースの場合:817,718円→実質負担額297,352
受講スタイル選べる3つの受講スタイル
1. 教室型(全国24拠点)
2. オンライン
3. 教室+オンラインのミックス
無料説明会無料説明会あり

 

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座は、Webデザインスクールの中でも実績豊富な大手スクールです。

 

KEI

ヒューマンアカデミーは就職・転職支援や資格取得に強く、修了生・卒業生数は累計142万人を超えています。

 

リスキリング講座対象!受講料の最大70%(520,000円)の補助金を受けられる

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座もリスキリング講座対象となっており、受講料の最大70%の補助金を受けることができます。

 

例えばWebデザイナー総合コースの場合、817,718円実質負担額297,352で受講できます。

 

就職率90.9%!就職支援で実績トップクラスの大手スクール

最大の特徴は就職率・転職率の高さです。

 

KEI

就職率は90.9%であり、Webデザインスクールの中でもトップクラスの実績があります。

 

私も受講したTechAcademyや、DMM WEBCAMPは、副業・フリーランス・在宅向けのキャリアサポートは充実している一方、就職支援はあまり充実していません。

 

ヒューマンアカデミーでは、専属のキャリアアドバイザーが多数在籍しており、手厚い就職・転職サポートをしてくれます。

 

KEI

全国24校舎あるため、地方都市での就職・転職を目指す場合も、ヒューマンアカデミーがオススメです。

 

リスキリング補助金をはじめ、詳しい詳細を知りたい方は、『無料説明会』で詳しい話を聞くことができます。

 

受講を検討してみたい方は、まずは無料説明会に参加し、詳しい話だけでも無料で聞いてみてはいかがでしょうか?

>>ヒューマンアカデミーWebデザイン講座 公式サイトはこちら

 

最大520,000円の支給あり!まずは「無料説明会」へ/

参加しても入会する必要はありません。安心してご参加ください。

 

ヒューマンアカデミーWebデザインの評判・レビューはこちら👇

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?【授業や教材の評判が良い!】

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?【実際どう?】ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミ、就職事情

 

人気記事教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール3選!補助金でお得に受講できる

 

Webデザインのリスキリング講座・スクールおすすめ4選(公式サイトへ飛べます)

  1. DMM WEBCAMP Webデザインコース【実践的なWebデザインスキルを習得。受講料の最大70%(最大380,800円)を支給】実質負担額97,600円から
  2. TechAcademy Webデザインコース【受講中に副業案件に挑戦して実績作りができる。受講料の最大70%(最大335,300円)を支給】実質負担額135,600円から
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【プロのWebデザイナーを目指す本格派。受講料の最大70%(最大329,000円)を支給】実質負担額188,000円から
  4. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座【就職率90.9%。国内最大級の全国24校舎あり。受講料の最大70%(最大520,000円)を支給】実質負担額297,352円から

 

Webデザインのリスキリング講座・スクールとは?選ぶポイント

KEI

ここでは、Webデザインのリスキリング講座・スクールの概要や選ぶポイントを解説します。

 

  1. 「キャリア相談」「リスキリング」「転職」の3つの支援を一貫して受けることができる
  2. 転職して就業すれば最大56万円、転職しない場合も最大40万円の補助金を受けられる

 

1.「キャリア相談」「リスキリング」「転職」の3つの支援を一貫して受けることができる

Webデザインのリスキリング講座・スクールとは?選ぶポイント

 

KEI

リスキリング講座では、大きく3つの支援を受けることができます。

 

  1. キャリア相談(無料)
  2. リスキリング(最大56万円の補助金あり)
  3. 転職支援(無料)

 

1. キャリア相談(無料)

リスキリング講座では、まず初めにキャリアコンサルタントとキャリア相談を実施していきます。

 

KEI

キャリア相談では、あなたのこれまでやってきたことの棚卸しや、これから目指したい未来の姿を一緒に考え、今後のキャリアの方向性を模索していきます。

 

キャリア相談で話し合った内容をもとに、最適なリスキリング講座を提案してくれ、実際にスキル習得に進んでいきます。Webデザイナーを目指す場合は、Webデザイン系のリスキリング講座を受講することになります。

 

2. リスキリング(最大56万円の補助金あり)

キャリア相談の結果から受講するリスキリング講座が決まったら、実際に講座の受講がスタートします。

 

Webデザインのリスキリング講座は複数の会社が提供しており、それぞれのカリキュラムやサポートが異なります。

 

この記事で厳選しているリスキリング講座は品質が高いところに絞っているので、どこを選んでも間違いないですが、あなたの希望に合う講座を探してみてくださいね。

 

3. 転職支援(無料)

キャリア相談とリスキリング講座の受講を踏まえて、転職に進む場合は、転職支援を受けることができます。

 

2. 転職して就業すれば最大56万円、転職しない場合も最大40万円の補助金を受けられる

Webデザインのリスキリング講座・スクールとは?選ぶポイント

 

Webデザインのリスキリング講座は、実はどこまでの支援を求めるかによって、受けられる補助金の金額が変わってきます。

 

KEI

受けられる補助金は大きく2つのパターンがあります。

 

  1. リスキリング講座を受講し、その後1年間継続的に転職先で就業していることを確認できる場合:最大56万円の補助金を受けられる(受講費用の最大70%相当)
  2. リスキリング講座の受講を修了した場合:最大40万円の補助金を受けられる(受講費用の最大1/2相当)

 

「転職」を目指す方は最大56万円の補助金を受けられる可能性が高い!

最大56万円の補助金を利用したい方は、キャリア相談・リスキリング講座の受講に加えて、転職支援を通じて転職し、転職先で1年間就業することが必要となります。

 

KEI

実際に転職して1年間の就業まで確認できれば、晴れて最大56万円の支給を受けることができます。

 

例えば未経験からWebデザイナーを目指す場合、企業に一度就職・転職し、実務経験を積むことはオススメルートです。

 

KEI

リスキリング講座を活用すれば、最大56万円もの補助金を受けながら実務経験を積めるため、破格級のコスパがあります。

 

転職しない場合も、リスキリング講座を受講すれば最大40万円の補助金を利用できる

一方、中には転職を目指さず、副業・フリーランス・在宅ワーク・スキルアップといった目的の方も多いと思います。

 

転職しない場合は最大56万円は適用できないものの、リスキリング講座を受講するだけでも、最大40万円の補助金を受けることができます。

 

KEI

最大40万円の補助金をもらえるだけでもかなり十分ですよね。

 

転職する場合としない場合を比べても、補助金の金額は大きく変わりません。

 

KEI

副業やフリーランス、在宅ワークやスキルアップ目的でも、リスキリング講座から選ぶと、お得にWebデザインを学ぶことができますよ!

 

Webデザインのリスキリング講座・スクールおすすめ4選(公式サイトへ飛べます)

  1. DMM WEBCAMP Webデザインコース【実践的なWebデザインスキルを習得。受講料の最大70%(最大380,800円)を支給】実質負担額97,600円から
  2. TechAcademy Webデザインコース【受講中に副業案件に挑戦して実績作りができる。受講料の最大70%(最大335,300円)を支給】実質負担額135,600円から
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【プロのWebデザイナーを目指す本格派。受講料の最大70%(最大329,000円)を支給】実質負担額188,000円から
  4. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座【就職率90.9%。国内最大級の全国24校舎あり。受講料の最大70%(最大520,000円)を支給】実質負担額297,352円から

 

まとめ

この記事で厳選したリスキリング講座を活用すれば、最大56万円の補助金を受けることで、お得にWebデザインを学ぶことができます。

 

加えて、Webデザインのリスキリング学習だけでなく、キャリア相談や転職支援も一貫して受けることが可能です。

 

KEI

キャリア相談と転職支援は無料ですから、お金に余裕がない方でも安心です。

 

Webデザインのリスキリング講座・スクールおすすめ4選(公式サイトへ飛べます)

  1. DMM WEBCAMP Webデザインコース【実践的なWebデザインスキルを習得。受講料の最大70%(最大380,800円)を支給】実質負担額97,600円から
  2. TechAcademy Webデザインコース【受講中に副業案件に挑戦して実績作りができる。受講料の最大70%(最大335,300円)を支給】実質負担額135,600円から
  3. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【プロのWebデザイナーを目指す本格派。受講料の最大70%(最大329,000円)を支給】実質負担額188,000円から
  4. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座【就職率90.9%。国内最大級の全国24校舎あり。受講料の最大70%(最大520,000円)を支給】実質負担額297,352円から

 

人気記事教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール3選!補助金でお得に受講できる