おすすめのWebデザインスクール

教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール3選!給付金でお得に受講できる

教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール3選【現役デザイナーが解説】

時間がない方向けのまとめ

当記事で登録の多い、教育訓練給付金制度対象のWebデザインスクールは以下です↓

 

「教育訓練給付金制度を利用してWebデザインスクールを受講したいけど、どのスクールが対象なの?」

「給付金を利用できるスクールだけをまとめて紹介してほしい!」

 

このように思い、この記事にたどり着いていませんか?

 

教育訓練給付金制度とは、厚生労働省が実施している給付金制度の一つです。

 

KEI

給付金制度のあるWebデザインスクールを活用すれば、国から給付金の支給を受け、出費を抑えてスクールを受講できます!

 

そこでこの記事では、教育訓練給付金制度があり、給付金の支給を受けて受講できるWebデザインスクールを、現役Webデザイナーでありスクール受講経験のある私が厳選して紹介します。

 

KEI

本記事で紹介している給付金制度のWebデザインスクールを利用すれば、コスパよくWebデザイナーを目指せますよ!

 

教育訓練給付金制度のWebデザインスクールとは?

教育訓練給付金制度のWebデザインスクールとは?

 

一言で言えば「一定の受給要件を満たす方は、受講費用の一部を、国から給付金として支給を受けられる制度」です。

 

KEI

厚生労働省によると、教育訓練給付金制度の概要は次の通りです。

 

教育訓練給付制度とは、働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。

引用:厚生労働省

一定の受給要件を満たす方が、厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練を受講・修了した場合に、その費用の一部が教育訓練給付金として支給されます。

引用:厚生労働省

 

教育訓練給付金制度の3つの種類

教育訓練給付金と一言で言っても、実は3つの種類が存在しています。

 

教育訓練の3つの種類によって、給付金の「給付率」や「対象講座」が変わってきます。

 

KEI

今回紹介する3つのスクールも含めて分類すると次の通りです。

 

教育訓練の種類給付率対象講座の例
①専門実践教育訓練制度最大で受講料の70%を支給(年間上限56万円)インターネット・アカデミーReスキル講座
②特定一般教育訓練制度最大で受講料の40%を支給(年間上限20万円)該当なし
③一般教育訓練制度最大で受講料の20%を支給(年間上限10万円)ヒューマンアカデミーWebデザイン講座
インターネット・アカデミーWebデザイナー総合コース
KENスクールWebデザインコース

 

このように、Webデザインスクールや、中にはコースによっても、給付金の給付率は異なってきます。

 

眺めるとわかりますが、Webデザイン系コースの場合、ほとんどは「一般教育訓練」であり、最大で受講料の20%を支給(年間上限10万円)となります。

 

例えばWebデザインスクールの中でもトップクラスの実績と規模を持つヒューマンアカデミーWebデザイン講座も「一般教育訓練」であり、最大で受講料の20%を支給(年間上限10万円)です。

 

一定の受給要件ってどんなもの?

KEI

結論、記事の執筆時点(2022年)では次の方が受給要件の対象となっています。

 

教育訓練給付金の受給対象者
  1. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入している+今までに教育訓練給付金を受けたことがない+雇用保険の加入期間が1年以上ある方
  2. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入している+今までに教育訓練給付金を受けたことがあるが、前回受給から雇用保険の加入期間が3年以上ある方
  3. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入していないが、離職してから1年以内である+今までに教育訓練給付金を受けたことがない+雇用保険の加入期間が1年以上ある方
  4. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入していないが、離職してから1年以内である+今までに教育訓練給付金を受けたことがあるが、前回受給から雇用保険の加入期間が3年以上ある方

 

KEI

上記いずれかの条件に合う方は、給付金の適用対象者となります。

 

補足

給付金制度対象の判断は、最終的にハローワークが行います。最終確認はハローワークでの支給申請に通るかどうかで判断となります。

 

また上記要件に合致しない方でも、特定条件を満たす場合は支給を受けられる可能性があります。

 

「自分が受給対象かわからない、対象か教えてほしい!」という方へ

上記のように自身が受給対象であるかわからない方は、各スクールが設けている「無料説明会」「無料カウンセリング」に参加すると、あなたの現状を見た上で診断してもらえます。

 

KEI

自身が受給対象であるか判断がつかない場合、ここから紹介するWebデザインスクールの無料説明会、カウンセリングにまずは参加し、診断してもらうことが確実です。

 

教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール3選【給付金の支給でお得に受講できる】

教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール3選

 

KEI

ここからは、教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール3選を一つずつ紹介していきます。

 

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座

教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール

コースヒューマンアカデミーWebデザイン講座
目的学習(希望すれば就職サポートも)
期間6ヶ月〜
価格Webデザイナーコース:6ヶ月468,600円(税込)
Webデザイナー総合コース:6ヶ月616,000円(税込)
※国の給付金で最大10万円の支給あり(詳細は無料説明会で聞けます)
受講スタイル選べる3つの受講スタイル
1. 教室型(全国23拠点)
2. オンライン
3. 教室+オンラインのミックス
無料説明会無料説明会あり

 

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座は、Webデザインスクールの中でも国内有数の実績を誇る大手スクールです。

 

就職・転職支援や資格取得に強く、修了生・卒業生数は累計142万人を超えています。

 

ヒューマンアカデミーは「一般教育訓練給付金制度」の対象であり、国の給付金で「最大10万円(授業料等の20%)」が支給されます。

 

例えば、未経験からWebデザイナー就職・転職を目指せる6ヶ月プラン「Webデザイナーコース」は、国の給付金を利用すると、6ヶ月47万円弱→6ヶ月37万円弱(最大10万円OFF)と、学習内容・サポートを考えれば破格級の安さで受講が可能です。

 

学習内容も充実しており、未経験からプロのWebデザイナーを目指すカリキュラムが充実しています。

 

Webデザイン基礎や、Photoshop・Illustratorなどデザインツールの使い方、本格的なWebサイトのデザイン制作まで、本番を想定した学習が可能です。

 

就職サポートも充実しており、就職率は90.9%を記録。10人中9人が就職できている実績もあります。

 

給付金の詳細を含めて、あなたの目的にあったおすすめコースは「無料説明会」で、プロの講師からアドバイスをもらえます。

 

もちろん、説明会の参加は「完全無料」です。受講を少しでも検討してみたい方や、給付金についてもっと知りたい方は、初めに「無料説明会」に参加してみることをおすすめします。予約は以下公式サイトから簡単30秒でできます。

>>ヒューマンアカデミーWebデザイン講座 公式サイトはこちら

 

\国の給付金で最大10万円の支給あり/

参加しても入会する必要はありません。安心してご参加ください。

 

ヒューマンアカデミーWebデザインの評判・レビューはこちら👇

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?【授業や教材の評判が良い!】

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミは?【実際どう?】ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミ、就職事情

 

インターネット・アカデミーWebデザイン

教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール

コースWebデザインコース
目的学習+就職サポートがセット
期間1ヶ月〜
価格Webデザイナー入門コース:1〜3ヶ月209,000円
受講スタイル選べる3つの受講スタイル
1. 教室型(東京の新宿・渋谷に拠点あり)
2. オンライン
3. 教室+オンラインのミックス

 

インターネット・アカデミーは、国内有数の大手Web制作会社が運営するWebデザインスクールです。

 

インターネット・アカデミーには、Webデザイナーを目指すコースがたくさんあり、給付金制度対象のコースも複数あることが特徴です。

 

インターネット・アカデミーReスキル講座」は、専門実践教育訓練制度の対象であり、最大で受講料の70%・年間上限56万円の支給を受けられます。

 

インターネット・アカデミーWebデザイナー総合コース」は、一般教育訓練給付金制度の対象であり、最大で受講料の20%を支給(年間上限10万円)を受けられます。

 

学べる内容も本格的です。インターネット・アカデミーの母体は、東京大学・東京藝術大学・気象庁など、国内でもトップクラスのWeb制作案件を多数行ってきた企業が運営しています。

 

最前線の現場で培ってきたWebデザイン技術や知見を徹底的に学べるカリキュラムや、質の高いインストラクターが特徴です。

 

ヒューマンアカデミーと同様、給付金の詳細を含めて、あなたの目的にあったおすすめコースは「無料カウンセリング」に参加すると、プロからアドバイスをもらえます。

 

給付金に関する相談や、気軽なキャリア相談だけでも多くの方が参加しています。まずはカウンセリングを予約し、相談してみることがおすすめです。

インターネット・アカデミー公式サイトはこちら

 

\実績豊富な大手スクール/

 

インターネット・アカデミーWebデザインの評判はこちら👇

インターネットアカデミーWebデザインの評判・口コミは?【デメリットも挙げます】

インターネットアカデミーWebデザインコースの評判・口コミは?インターネットアカデミーWebデザインの評判・口コミは?【デメリットも挙げます】

 

KENスクールWebデザイン

教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール

コースWeb基礎対策コースなど約30種類以上
目的学習のみ
期間1ヶ月〜6ヶ月
価格290,400円/6ヶ月※Web実践コースの場合
受講スタイル通学

 

KENスクールも、給付金制度のあるWebデザインスクールです。

 

KENスクールもヒューマンアカデミーと同様、一般教育訓練給付金制度」の対象であり、最大で受講料の20%を支給(年間上限10万円)を受けて受講が可能です。

 

個別指導が充実しており、プロの現役Webデザイナー講師から1対1で教えてもらえます。

 

東京(新宿・池袋・北千住)、神奈川(横浜)、名古屋、大阪(梅田)などに合計8つの教室があり、対面指導で学ぶことができます。

 

検討する場合は、前述した「ヒューマンアカデミーWebデザイン講座」「インターネット・アカデミーWebデザイン」と比べながら、受講を検討してみると良いでしょう。

 

\安心の個別指導/

 

KENスクールのレビューはこちら👇

KENスクールWebデザインの評判、口コミ、特徴は?【個別指導に定評あり】

KENスクールWebデザインの評判、口コミ、特徴は?【個別指導に定評あり】KENスクールの評判、口コミ、特徴は?【個別指導に定評あり】

 

教育訓練給付金制度のWebデザインスクールを利用するステップ

教育訓練給付金制度のWebデザインスクールを利用するステップ

 

「自分自身が教育訓練給付金の受給対象者かわからない…」

「給付金を適用するには、結局どのようなステップで行動すればいいの?」

 

という方向けに、今後のステップをまとめると次の通りです。

 

給付金制度を利用するステップ

手順1
給付金制度対象のWebデザインスクールの無料説明会・カウンセリングに参加する
無料説明会やカウンセリングを通じて、給付金を適用できるか無料で診断してもらう。給付金制度のあるおすすめコースも紹介してもらえる
手順2
ハローワークで支給申請を行う
無料説明会・カウンセリングでの情報をもとに給付金の申請を行う。手続きなどの詳細も各スクールが手厚くサポートしてくれるので安心。
手順3
給付金を利用して受講スタート
給付金の適用が決まったら、支給を受けて受講をスタート

 

自分自身が給付金の受給対象者かわからない方は「給付金制度対象のWebデザインスクールの無料説明会・カウンセリングに参加すること」がファーストステップです。

 

給付金制度のあるスクールは、無料説明会やカウンセリングを通じて、給付金を適用できるか無料で診断してもらえることが一般的です。

 

加えて、給付金を適用して受講できるおすすめコースもわかりやすくプロから教えてもらえます。

 

KEI

まずは今回紹介した3つのスクールの中から、1〜3校の無料説明会・カウンセリングに参加してみることがおすすめです。

 

無料説明会・カウンセリング予約はこちら(予約は簡単60秒)

  1. ヒューマンアカデミーWebデザイン【まずは無料説明会!オンラインor全国23校舎で実施】
  2. インターネット・アカデミーWebデザイン【まずは無料カウンセリング!オンラインor東京の2校舎で実施】
  3.  KENスクールWebデザイン【まずは無料カウンセリング!オンラインorお電話で実施】

 

まとめ

教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール3選【現役デザイナーが解説】

最後に、今回紹介した給付金制度のあるWebデザインスクールを活用すれば、お金の負担を抑えながら、プロのWebデザイナーを目指せます。

 

中にはヒューマンアカデミーWebデザインのように、手厚い就職サポートと高い就職実績を持つスクールもあります。こういうスクールを活用すれば、未経験からWebデザイナーになることも現実的です。

 

前述通り、自分自身が給付金の受給対象者かわからない方は「給付金制度対象のWebデザインスクールの無料説明会・カウンセリングに参加すること」がファーストステップです。

 

KEI

まずは無料で話を聞いてみてから、どのスクールを選ぶかじっくり検討することがおすすめです。

 

今回紹介した教育訓練給付金制度のあるWebデザインスクール

  1. ヒューマンアカデミーWebデザイン【国からも認められた全国規模の大手スクール。通学&オンラインでコスパがいい。国から最大10万円の給付金制度あり】
  2. インターネット・アカデミーWebデザイン【国内有数の大手Web制作会社が運営。国から最大10万円の給付金制度あり】
  3. KENスクールWebデザイン【安心の個別指導。国から最大10万円の給付金制度あり】

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】