おすすめのWebデザインスクール

【保存版】Photoshopを独学で勉強する方法!初心者は何から始める?4ステップを解説

【保存版】Photoshopを独学で勉強する方法!初心者は何から始める?4ステップを解説

フリーランスWebデザイナーのKEIです。

 

この記事では、Photoshopを独学で習得したい方向けに、Photoshopを独学で勉強する方法をまとめました。

 

人気デザインツールのPhotoshopを習得したい方はとても増えていますが、次のように悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

  • Photoshopを学びたいけど、独学でも習得できるの?時間はどれくらいかかる?
  • Photoshopを独学で学ぶにはどんな勉強方法がある?本や独学サイトでもできる?
  • 何から始めればいいかわからない…結局初心者は何からどんな順番で手をつければいいの?

 

安心してください。この記事を読めば、上記のことはすべてわかりますよ!

 

KEI

「Photoshopを独学で学びたいけど、何もわからない」、そんな方はぜひこの記事を通じて、Photoshopの効果的な勉強方法を理解してみてくださいね!

 

関連記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

関連記事Illustrator(イラストレーター)を独学で勉強するおすすめの方法【注意点も解説】

 

Photoshop(フォトショップ)の基本スキル

Photoshop(フォトショップ)の基本スキル

 

Photoshop(フォトショップ)とは、Adobe社が販売している画像編集アプリケーションソフトウェアです。

 

デザインツールと呼ばれることも多く、プロのWebデザイナーが普段の仕事で数多く活用しています。

 

KEI

そもそもPhotoshopとはどのようなスキルで構成されているのか、基本的なスキルは次のようなことです。

 

Photoshopの基本スキル

  1. 画像の拡大・縮小
  2. 画像の明るさの調整
  3. 画像の色味の調整
  4. 画像の補正や合成
  5. 写真の調整
  6. 画像への描画
  7. 画像の切り抜き・トリミング
  8. 画像の部分削除や透過・塗りつぶし
  9. 画像の保存など
  10. 色のグラデーションをつける
  11. 画像にぼかし・モザイクをつける
  12. 図形や曲線の挿入
  13. テキスト挿入
  14. 文字の装飾
  15. フリーハンドでの図形や線の描画など

 

KEI

細かく分けるとたくさんありますが、一言で言えば画像を編集するためのスキルです。

 

画像を挿入して明るさや色を調整し、目的に応じて図形やテキストの挿入を行うことで、一つの画像を作成することが、Photoshopでできることです。

 

つまり、Photoshopのスキルを学ぶとは、画像編集に必要な基本スキルを一つずつ覚えていき、最終的に画像を編集するスキルを身につけることを目指すものです。

 

Photoshop(フォトショップ)の独学は難しい?

Photoshop(フォトショップ)の独学は難しい?

 

結論から言うと、Photoshopの独学は難しくはありません。

 

KEI

誤解のないように付け加えると、Photoshopの独学は決して簡単ではありません。

ですが、独学で習得している方もたくさんいるため、簡単ではないが難しくもないという位置付けですね。

 

Photoshopを基本スキルを学ぶだけなら独学でも十分可能

例えば、先ほど挙げた基本スキルを学ぶなら、独学でコツコツ学んでいけば、それだけでもできるようになるでしょう。

 

後述する勉強方法で使い方を一つずつ覚えていけば、画像の明るさや色味を調整し、図形やテキストなどを挿入して、そこそこ良い感じの画像を編集はできるようになるでしょう。

 

Photoshopを独学して就職は難しい

一方で、Photoshopを独学して就職を目指すとなると話は変わり、難しくなります。なぜなら、就職するためには、基本スキルを覚えれば良いだけではないからです。

 

Photoshopを学んで就職を目指すなら、仕事で使えるレベルを目指す必要があります。基本スキルだけではなく、基本スキルを使って応用できるレベルにならないといけないんですよね。

 

加えて、Photoshop”だけ”をマスターしても、多くのWebデザイン系求人は「Photoshopだけでなく、Webデザイナーの一連のスキルを求める傾向が強い」です。

 

Webデザイナーの一連のスキルとは、例えば「デザインの原理原則の理解」や「Illustratorの使い方」「コーディングスキル」なども含みます。

 

KEI

ですから、Photoshopだけを独学で学んでも、就職活動では苦労する可能性があるんですよね。

 

もちろん、Photoshopを独学して就職が100%無理という話ではなありません。中には独学で就職成功されている方もいますよ。

 

ですが、確実に就職を目指したいなら、最近はWebデザインスクールを活用し、Webデザイナーに必要な一連のスキルを学ぶ方が多いですね。このルートであれば、未経験からPhotoshopを学び、就職まで実現できます。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】の記事で、未経験から就職を目指せるスクールを厳選しているため、よければ参考にしてみてください。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

 

Photoshop(フォトショップ)の独学に必要な期間

Photoshop(フォトショップ)の独学に必要な期間

 

「Photoshopを独学で勉強するのに時間がかかるのはわかったけど、どのくらい期間がかかるの??」と思いますよね。

 

KEI

結論、勉強方法によって必要な期間は大きく変わります。

 

例えば、良質な本や教材を使い、正しく努力をしていけば、3ヶ月程度でもPhotoshopの基本スキルは習得できます。

 

一方、完全我流で適当に選んだ本を使って学習すると、人によっては半年〜1年近くかかる場合もあるでしょう。

 

  1.  Photoshopの独学は、正しく努力すれば3ヶ月程度でできる
  2.  一方、完全我流で適当に勉強すると、半年〜1年近くかかる場合も

 

このように、Photoshopの基本スキルを習得するだけなら、正しく学習すれば、そこまでたくさんの時間はかからないことが実情です。

 

加えて、Photoshopを学んだ後には就職したい、副業したいなど、人によって目的は変わるはず。

 

KEI

就職や副業で稼ぐまでの期間を考えると、上記3ヶ月の期間に加えて、プラス数ヶ月間が期間としてかかってくるイメージですね。

 

Photoshop(フォトショップ)を独学で勉強する3つの方法

Photoshop(フォトショップ)を独学で勉強する3つの方法

 

Photoshopを独学で勉強する方法を紹介します。

 

KEI

結論、独学で勉強する方法は大きく3つです。

 

  1. Photoshopの本で勉強する
  2. Photoshopの独学サイトで勉強する
  3. Photoshopの動画講座で勉強する

 

KEI

それぞれのメリット・デメリットを比較表でまとめると次の通りです。

 

メリットデメリット
本で勉強する・文章や画像で体系的に学べる
・お金があまりかからない
・時間がかかる
・挫折しやすい
独学サイトで勉強する・実際に手を動かしながら学べる
・無料サイトならお金が一切かからない
・時間がかかる
・挫折しやすい
動画講座で勉強する・動画で視覚的に学べる
・本や独学サイトと比べると習得時間を短縮できる
・本や独学サイトと比べるとお金がかかる

 

1. Photoshopの本で勉強する

一番メジャーなやり方はPhotoshopが学べる本を使って勉強する方法です。

 

KEI

本で学ぶメリットは、体系的に学べることと、お金があまりかからないで済むことです。

 

Photoshopの本といっても質はマチマチですが、良質な参考書を活用すれば、Photoshopの基本スキルを体系的に習得できます。

 

しかも、Photoshopの本は1冊1,000円〜3,000円程度です。3冊購入しても1万円行かないため、お財布に余裕がない方にとってはありがたい方法といえるでしょう。

 

KEI

一方でデメリットは、本での学習は時間がかかり、挫折しやすいことです。

 

Photoshopの本は体系的に知識がまとまっている一方、所詮は本ですから、文字や画像が中心です。動画で観ながら学習、ということには不向きのため、人によっては大変さを感じ、挫折することもあるでしょう。

 

一長一短ある方法ですが、完全初心者の方で、まずはPhotoshopの基本スキルを学んでみたい方には、良い方法だと思いますよ。

 

Photoshopのおすすめ本

  1. PhotoShopしっかり入門:Photoshopの使い方が学べる定番本

 

PhotoShopしっかり入門は、PhotoShopの入門編です。PhotoShopの使い方を基礎から学べるため、Photoshopをまだ使ったことがない完全初心者におすすめです。

 

実際にPhotoShopに触れつつ、実践しながら覚えていくことがおすすめの使い方です。

 

2. Photoshopの独学サイトで勉強する

Photoshopの独学サイトで勉強する方法も、初心者の独学でおすすめな方法です。

 

KEI

独学サイトのメリットは、実際に手を動かしながら学びやすいことです。

 

独学サイトでは、画像を実際に編集しながら学べるようになっているサイトがあります。こういったサイトであれば、本とは異なり、実際に手を動かしながら学べます。

 

Photoshopのおすすめ独学サイト

  1. Photoshopチュートリアル:Adobe社が提供しているPhotoshopのチュートリアルサイト

 

Photoshopチュートリアルは、Photoshopを出しているAdobe社が運営しているチュートリアルです。Photoshopを出している大元が提供しているサイトのため、内容はしっかりしています。

 

3. Photoshopの動画講座で独学する

Photoshopの動画講座で独学する方法も、おすすめの独学方法です。

 

Photoshopには、オンラインで閲覧できる動画講座があります。

 

KEI

動画講座は有料講座が大半ですが、動画で視覚的に学べるため、本やサイトよりも上達スピードが速くなることがメリットです。

 

一方で、金額は数千円〜数万円程度の料金がかかってくることが多いです。本やサイトよりも投資額が大きくなることは留意する必要があります。

 

KEI

時間をお金で買う感覚ですね。

 

Photoshopの動画講座

  1. Udemy:世界最大級のオンライン動画講座プラットフォーム

 

Udemyは、Photoshopだけでなく、デザインやビジネス、ITや経営など、あらゆる分野の動画コンテンツが販売されている世界最大級のプラットフォームです。

 

Photoshopに関しても、基礎からしっかり学べる動画講座が豊富にあります。講座は買いきりで、1講座あたり〜数万円です。本やサイトより値段は上がるものの、その分動画で視覚的に学べます。

 

UdemyにはPhotoshop一つでもたくさんの講座があるため、どれを選んだらいいか悩むと思います。その場合は「ベストセラー講座」を購入することが失敗しない秘訣です。

 

ベストセラー講座は、購入数やレビューの良さで決まるため、ハズレが少ないです。無難で間違いない選択をしたいなら、ベストセラー講座の中から、気になった講座を購入して学ぶことがおすすめです。

 

初心者は何から始める?Photoshop(フォトショップ)を独学で勉強する4ステップ

初心者は何から始める?Photoshopを独学で勉強する4ステップ

 

勉強方法はわかったけど、結局何から始めればいいの?と悩んでしまった方向けに、Photoshopを独学で勉強する4ステップもまとめておきます。

 

最短でマスターするポイントを一言で言うと「実際に手を動かしながら一つ一つの操作を学んでいくこと」です。

 

具体的なステップは次の通りです。

 

手順1
Photoshopの全体像や基本スキルを掴む
先ほど紹介した3つの勉強法(本、サイト、動画講座)で好きな方法を選び、全体像や基本スキルを掴む
手順2
実際に手を動かしながら学んでみる
先ほど紹介した3つの勉強法(本、サイト、動画講座)を参照し、実際に画像編集を行いながら学んでいく
手順3
オリジナル制作実績・ポートフォリオを準備する
学んだスキルを活かして自分独自の画像編集をしてみる。ここで作った作品はあなたのオリジナル制作実績・ポートフォリオとして活用できる
手順4
Photoshopの仕事にチャレンジしてみる(コンペ・就活など)
制作実績・ポートフォリオが準備できたら、在宅ワークや副業を目指す方はクラウドソーシング等のコンペに参加してみる。就職や転職を目指す方は、就活・転職活動を始めてみる

 

ステップ1:Photoshopの全体像や基本スキルを掴む

まずは先ほど紹介した3つの勉強方法(本、サイト、動画講座)の中から好きな方法を選び、学習を始めましょう。

 

ステップ1では、Photoshopの全体像がどうなっているか、基本スキルにはどのようなものがあるか、ざっくりでいいので全体を理解することが大切です。

 

Photoshopの個別の基本スキル・使い方は、ステップ2で学んでいきます。

 

ステップ2:実際に手を動かしながら学んでみる

前述通り、Photoshopを最短最速でマスターするポイントは「実際に手を動かしながら一つ一つの操作を学んでいくこと」です。

 

KEI

ステップ2では、本やサイト、動画講座を参照しつつ、実際に画像を編集しながら、操作や使い方を学んでいくことが近道です。

 

最初のうちはなかなか作業が思うように進まないと思いますが、その大変さは成長していることの裏返しです。

 

実際に手を動かすことで、上達スピードは間違いなく速くなります。わからないことは本やサイト、動画講座を参照しつつ、とにかく手を動かしながら学んでいきましょう。

 

ステップ3:オリジナル制作実績・ポートフォリオを準備する

基本スキルを手を動かしながら一通り学んだら、次はPhotoshopを仕事にするために、オリジナル制作実績・ポートフォリオを準備しましょう。

 

MEMO
  • オリジナル制作実績とは?

あなた自身がオリジナルで作った作品を指します。Photoshopの場合は、自分でオリジナルで編集した画像が当たります。

  • ポートフォリオとは?

オリジナル制作実績や自身のプロフィールをまとめた、デザイナーの世界でいう履歴書のようなものです。副業や在宅ワークを目指すコンペ時や、就職を目指す就活・転職活動時に企業へ提出することで、あなたのスキルをアピールできます。

 

Photoshopの基本スキルを学んだだけでは、Photoshopを仕事にすることはできません。なぜなら、あなたに仕事を発注してくれる/採用してくれる企業や個人は、あなたのスキルを判断できないからです。

 

KEI

あなた自身にどの程度のスキルがあるか、何ができるかを理解してもらうため、オリジナル制作実績やポートフォリオは必要不可欠なのです。

 

逆に、独学で挫折する方が一番多いのはこのステップです。

 

裏を返せば、このステップでしっかり、質の高い制作実績とポートフォリオさえ準備できれば、独学でもPhotoshopを仕事に結びつけることは可能ですよ!

 

ステップ4:Photoshopの仕事にチャレンジしてみる(コンペ・就活など)

制作実績やポートフォリオを準備できたら、あなたの目的に応じた仕事にチャレンジしてみましょう。

 

例えば在宅ワークや副業、フリーランスを目指す方は、案件に応募する必要があります。

 

その際、複数の候補者がいればコンペになりますので、前述した制作実績やポートフォリオを武器に、自身のスキルをアピールする必要があります。

 

「案件ってどうやって探せばいいの?」と不安に思うかもしれませんが、最近は未経験でも案件を簡単に探せるクラウドソーシングやエージェントがあります。例えば次のようなサイトです。

 

  1. クラウドワークス【初心者向けの案件が豊富な代表的クラウドソーシングサイト】
  2. クラウドテック【フリーランス・副業向けのエージェント。クラウドワークスの上位版】

 

KEI

このようなエージェントに登録すれば、案件を紹介してもらえます。

 

一方で就職・転職を目指す場合は、転職エージェントを利用すると就職候補先を探せます。例えば次のようなエージェントです。

 

  1. リクルートエージェント【日本最大級の転職エージェント。未経験にも親身】
  2. マイナビエージェント【大手マイナビが運営する転職エージェント】

 

前述通り、Photoshopだけだと就職の難易度は高いですが、中には採用要件に「Photoshopを利用した画像編集経験」という求人もあります。

 

そういう企業であれば、Photoshopを徹底的に学び、活用できる状態になれば、採用される可能性はあります。

 

このように、身につけたスキルを活かして仕事を取る環境は、今の時代はかなり整っています。

 

重要なのは、企業に認めてもらうだけのスキルを身につけ、適切にアピールするための制作実績やポートフォリオを準備することなのです。

 

以上が、Photoshopを学ぶ手順です。

 

Photoshop(フォトショップ)を独学する自信がない人向けのおすすめな方法

Photoshop(フォトショップ)を独学で勉強する自信がない人は?解決策はコレ

 

ここまで読んできて、

 

「Photoshopを独学で習得する自信がない」

「特に制作実績やポートフォリオを準備できる気がしない」

 

と思った方もいるかもしれません。

 

その場合は、Photoshopを学び、オリジナル制作実績やポートフォリオ制作まで支援してくれる「Webデザインスクール」を活用することがおすすめです。

 

Webデザインスクールであれば、プロの現役Webデザイナー講師による指導のもと、Photoshopの基本スキルだけでなく、Webデザイナーに必要な一連のスキルセットを学べます。

 

Webデザイナーに必要な一連のスキルセット
  1. Webデザインの基本原則
  2. デザインツールの使い方(PhotoshopやIllustratorなど)
  3. Webデザイナーに必要なコーディングの知識(HTML/CSS、JavaScriptなど)
  4. Webサイト制作・デザインの実践スキル(PHPやWordPressの知識など)

 

KEI

Webデザイナーに必要なスキルセットを一通り習得すると、Photoshop単体を学ぶよりも、在宅ワークや副業・フリーランス、就職や転職など、どんな道も実現しやすくなります。

 

Webデザインスクールの場合、受講費用で数十万円ほどかかることはデメリットです。ですが、スクールで正しいスキルを学べば、個人で月10〜20万円以上を稼ぐことも現実的です。

 

KEI

仮にスクールの受講費用が100万円だとしても、受講料の元は短期で回収していけますよ!

 

参考までに、Photoshopに加えて、Webデザイナーの一連のスキルが学べるおすすめスクールをまとめると、次の通りです。

 

  1. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座【国からも認められた実績豊富な大手スクール。複数のコースから目的にあった講座が見つかりやすい国の給付金で最大10万円の支給制度あり
  2. CodeCamp デザインマスターコースオンライン・マンツーマン指導で実績No.1。自分のペース・目的にあわせて着実に学べる。コスパ抜群】
  3. TechAcademy Webデザインコース【プロの現役デザイナーによる専属サポート】

 

KEI

上記3スクールは、全国的にも実績豊富な大手Webデザインスクールです。迷ったらこの中から選ぶと間違いありません。

 

例えばヒューマンアカデミーWebデザイン講座は、ポートフォリオ作りを、カリキュラムの中で行います。しかも、作ったポートフォリオはプロの現役デザイナー講師が添削付きです。

 

KEI

ヒューマンアカデミーであれば、質の高いポートフォリオを準備し、仕事につなげることができるでしょう。

 

上記3スクール含め、PhotoshopとWebデザイナーに必要な一連のスキルを学べるスクールは「Photoshopが学べるおすすめ講座・スクール6選【オンラインなど目的別】」で詳しく解説しています。

 

Photoshopを学びたい方向けのスクール・講座の選び方もわかりやすく解説しています。よければ参考にしてみてくださいね!

 

まとめ

Photoshop(フォトショップ)を独学で勉強する自信がない人は?解決策はコレ

 

今回紹介した勉強法を使えば、Photoshopの基本的なスキルは独学でも習得できます。正しい方法でやれば3ヶ月程度でも習得できますから、チャレンジしてみることは良い選択だと思いますよ。

 

一方で、オリジナル制作実績やポートフォリオを準備することや、就職や転職を目指してWebデザイナーの一連のスキルを身につけるなら、Webデザインスクールの活用が近道です。

 

独学とは異なってしまいますが、Photoshopを学び、確実に仕事を取っていきたい方は、Webデザインスクールも検討してみてはいかがでしょうか?

 

記事で紹介したPhotoshopやデザインスキルを学べるスクール

  1. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座【国からも認められた実績豊富な大手スクール。複数のコースから目的にあった講座が見つかりやすい国の給付金で最大10万円の支給制度あり
  2. CodeCamp デザインマスターコースオンライン・マンツーマン指導で実績No.1。自分のペース・目的にあわせて着実に学べる。コスパ抜群】
  3. TechAcademy Webデザインコース【プロの現役デザイナーによる専属サポート】

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

人気記事Photoshopが学べるおすすめ講座・スクール6選【オンラインなど目的別】