おすすめのWebデザインスクール

Webデザイナーに資格は必要ない2つの理由【現役デザイナー兼エージェントが解説】

Webデザイナーに資格は必要ない理由【現役デザイナー兼エージェントが解説】

「Webデザイナーになりたいんだけど、Webデザイナーになるために資格は必要?取っておけば有利になる?」

「Webデザイナーに役立つ資格にはどんなものがあるだろう?」

「少しでも有利にしたいから、Webデザイナーになる上でおすすめの資格を知りたい」

 

本記事では上記の疑問に、現役Webデザイナーが答えていきます。

 

結論からお伝えすると、Webデザイナーになるために資格は必要ありません。

 

なぜなら、Webデザイナーには資格を取るより「大事なこと」があるからです。

 

事実、資格取得に時間や労力を消費するより、Webデザインスクールのような環境でスキル習得している人は、Webデザイナー転職・副業・在宅ワークなどを実現している割合が多いです。資格はわざわざ取らなくても、Webデザインを仕事にしていけるんですよね。

 

私は現在フリーランスのWebデザイナーとして活動しています。転職関連の仕事もしており、Webデザイナーの採用支援も多く行ってきました。その中で、IT企業やWeb企業からどのようなWebデザイナーが求められているか、そのリアルをこの目で見てきました。

 

KEI

そのような経験をもとに、Webデザイナーに資格は必要ない2つの理由や、他にやるべきことについて解説します。本記事を読めば、市場価値が高く、仕事に困らないWebデザイナーになる上で必要なことがわかりますよ。

 

Webデザイナーに資格は必要ない2つの理由

Webデザイナーに資格は必要ない理由

 

  1. Webデザイナーは資格がなくてもできる仕事だから
  2. Webデザイナーは資格よりもスキルが重視されるから

 

結論、理由は上記2つです。それぞれ解説しますね!

 

1. Webデザイナーは資格がなくてもできる仕事だから

一つ目は「Webデザイナーの仕事自体が、資格がなくてもできる仕事だから」です。

 

KEI

つまり、資格がなかったとしても、Webデザイナーとして仕事をするには全く困らないんですよね。

 

資格の必要性を考える上で知っておくべきこととして、世の中には大きく「2つ」の仕事があります。

 

  1. 資格がないとできない仕事
  2. 資格がなくてもできる仕事

 

この2つです。このどちらかによって、資格の必要性は当然ながら変わります。

 

例:資格がないとできない仕事とは?

例えば、以下の仕事は「資格がないとできない仕事」です。

 

資格がないとできない仕事
  • 弁護士
  • 税理士
  • 行政書士
  • 司法書士
  • 公認会計士
  • 医師
  • 歯科医師

 

上記のように、弁護士や医師などの仕事は「資格がないとできない仕事」です。

 

KEI

こういった仕事をする場合には、資格は必要です。資格がないと、そもそも仕事に従事すらできないからですね。

 

Webデザイナーは資格がなくても就職できるし、独立もできる

一方でWebデザイナーのような「資格がなくてもできる仕事」の場合、資格を取る必要はありません。

 

なぜなら、Webデザイナーとして就職や転職する際に資格は不要ですし、個人で案件を受注する際も資格は必要ないからです。

 

KEI

私自身もフリーランスとして仕事をしていますが、Webデザインの資格は何も持っていません。それでも、案件を受注する際に困ったことはないですね。

 

このように、Webデザイナーは仕事柄、資格がなくても困らない仕事です。だからこそ、Webデザイナーに資格は必要ないです。

 

Webデザイナー就職・在宅は難しい?→誰でもできます【あなたもできる手順を解説】Webデザイナー就職・在宅・独学は難しい?→可能です【あなたもできる手順と難易度を解説】

 

2. Webデザイナーは資格よりもスキルが重視されるから

もう一つの理由は、Webデザイナーは「資格」よりも「スキル」が重視される仕事だからです。

 

これは私自身が多くのWeb企業の転職・採用支援をしてきた中で見てきた確固たる事実です。

 

企業の経営者や人事責任者が求めるWebデザイナーとは?

私は仕事柄、これまで多くのWeb企業の経営者や人事責任者とお会いしてきました。

 

KEI

その経験からの事実をお伝えすると「資格を持っているWebデザイナーが欲しい」とオーダーをもらったことは一度もありません。

 

なぜ資格の要望が出ないかというと、資格とスキルは比例しないからです。

 

世の中には資格を持っていてもスキルがない人はたくさんいます。逆に、資格を持っていなくても優秀な人もたくさんいます。

 

この事実を、多くの企業は知っているんですよね。

 

KEI

ですから「資格保有者が欲しい」というオーダーは、Webデザイナーでは聞いたことがないですね。

 

一方で「経験のあるWebデザイナーが欲しい」といったオーダーや「優秀なデザイナーが欲しい」というように、スキルあるWebデザイナーを欲する声は本当に多く聞いてきました。

 

もちろん、これが「資格が必要な仕事」であれば、企業からのオーダーは変わります。例えば「建築設計」の仕事であれば、木造領域であれば二級建築士の資格が必要ですし、鉄筋コンクリート領域であれば一級建築士の資格が必要です。これらの職種の採用では、企業からも「資格」の話が真っ先に出てきます。

 

ただ前述通り、Webデザイナーは資格がなくてもできる仕事であり、スキルこそ重視される仕事です。

 

この事実が全てです。ですから、Webデザイナーには資格は必要はなく、むしろなくても全く問題ありません。

 

Webデザイナーが資格を取るメリットはある?【一部あり】

Webデザイナーが資格を取るメリットはある?【一部あり】

 

結論、一部はあります。

 

特に「未経験の方」に当てはまりますが、未経験の場合、Webデザイナーに関する資格を持っておくと、以下のようなメリットがあります。

 

  1. スキルの証明ができる
  2. 意欲を伝えることができる

 

こちらもそれぞれ解説しますね。

 

1. スキルの証明ができる

Webデザイナー未経験の方が一番苦労するポイントは「自分自身がどの程度のスキルを持っているか、相手に理解してもらうこと」です。

 

この「スキルの証明」の際に、資格が役立つ場面があります。

 

スキルを証明する代表的な方法とは?

結論「ポートフォリオ」です。ポートフォリオを準備することが、企業に対してスキルを証明する代表的な方法です。

 

ポートフォリオとは、これまで作ってきたWebサイトなどの「制作実績」をまとめたものです。実際にどんなものを作ってきたかこそが、Webデザイナーのスキルを図る一番の指標なんですよね。

 

一方でWebデザイン実務未経験の場合、ポートフォリオ自体がなかったり、あっても不十分なケースがあります。

 

KEI

未経験の方が自身をアピールする際に、ポートフォリオ+αとして「資格」をアピールすることも可能です。

 

ただ前述通り、資格を評価する企業自体はそこまで多くないことが事実です。企業からすれば「資格を取っていることは良いんだけど、それであなたは何ができるの?」という問いが常にあるからです。

 

なので「資格があると、一部の企業はスキルを評価してくれる可能性がある」くらいのメリットは、確かにあるとも言えるでしょう。

 

2. 意欲を伝えることができる

もう一つは、未経験の場合は「意欲」をアピールする手段になることです。

 

例えば、経験がなくても「事前にWebデザインについてこんなことを勉強してきました!」という熱量や意欲を評価してもらうことです。資格の勉強をしておけば、企業によっては意欲自体を評価し、ポテンシャルで採用してくれるケースがあります。

 

例えば20代前半など若い方であれば、この方法でも採用してくれる可能性があります。

 

KEI

20代前半など若い方であれば、資格を取っておくと、役立つ場面があるかもしれません。

 

一方で、20代後半や30代の年齢になってくると、意欲だけで採用してくれる企業は減ることが事実です。「あなたは何ができるの?」に対して、きっちり答えるスキルが重要となってきます。

 

なのでこちらの場合も、20代前半など若い人が「意欲」を伝える手段としてなら、資格を学ぶことはメリットにはなるかなという感じですね。

 

このように、Webデザインの資格は「取っておけば得することはあるかもしれない」くらいの立ち位置です。明確に就職や転職が有利になることは残念ながらありません。

 

KEI

だからこそ、限りある時間を何に使うのか、本当に資格取得に使うべきかを、冷静に考える必要がありますね。

 

Webデザイナーの資格を勉強するならどれがおすすめ?

Webデザイナーの資格を勉強するならどれがおすすめ?

 

ここまで読んできて「それでも、少しでも有利になるために資格は学んでおきたい」という方もいるかもしれません。

 

なのでそういった方は、もしWebデザイン資格の中でどれか一つを学ぶなら、どれが良いか、その結論だけ書いておきます。

 

Webデザインの資格一覧

まず前提として、Webデザインの資格には以下のものがあります。

 

Webデザイナーの資格
  • Webデザイン技能検定
  • Webデザイナー検定
  • Webクリエイター能力検定
  • アドビ認定エキスパート
  • PhotoShop®︎クリエイター能力試験
  • Illustrator®︎クリエイター能力試験
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • マルチメディア検定

 

 

こういったものがWebデザインの資格です。

 

もし資格を取るなら「Webデザイン技能検定」がおすすめ

中でも、もし資格を取るのであれば「Webデザイン技能検定」にしておきましょう。

 

Webデザイナーの資格を勉強するとしたらどれがおすすめ?

公式サイト:http://www.webdesign.gr.jp

 

KEI

Webデザイン技能検定は、厚生労働省が認定している「唯一の国家資格」です。

 

Webデザインの資格は様々ありますが「国家資格」という点がポイントですね。Webデザインの資格の中では、企業からの認知度は高めです。

 

Webデザイン技能検定の試験内容は、Webデザインを始め、Webサイト全般の知識まで幅広く存在しています。

 

資格は「1級〜3級」まであります。1級と2級は実務経験が必要であるため、初心者であれば3級となります。この資格は国家資格ですし、企業によっては評価してくれる可能性があります。

 

KEI

その他の資格だと「Webクリエイター能力認定試験」も比較的Web業界で認知のある資格です。もし資格を取るなら、前述した「Webデザイン技能検定」を検討し、もう一つ検討するなら「Webクリエイター能力認定試験」でOKです。

 

参考資格Hacks(資格をお探しの方はこちらのサイトが参考になります)

 

Webデザイナーが資格を取るより必要なこととは?【スキルを身に付けること】

Webデザイナーが資格を取るより必要なこととは?【スキルを身に付けること】

 

Webデザインの資格を取ると、確かに就職や転職で有利になることもあります。

 

ですが、Webデザイナーとして活躍していきたいなら、それ以上に重要なことがあります。

 

それは繰り返しお伝えしている「スキル」です。

 

KEI

「スキルを身につけて実績を作ること」これがどんな資格よりも、最も強い武器になります。

 

多くのWebデザイナーや企業を見てきた結論をいうと、せっかく同じ時間を投下するなら、資格を取るよりも、何か一つでもスキルを身につけ、Webサイトなり、制作実績を作った方が良いですね。

 

その方が企業からの評価は間違いなく高くなります。結果、Webデザイナーへ就職・転職することも、副業や在宅ワークとして、個人で収入を得ることにも繋がります。

 

Webデザイナーになるなら、どんなスキルを身につければいい?

例えば以下のスキルは、Webデザイナーとして働く上で最も必要なスキルです。

 

Webデザイナーに必要なスキル
  1. HTML/CSS
  2. JavaScript
  3. Photoshop
  4. Illustrator
  5. Webサイト制作・デザインの実践スキル(PHPやWordPressの知識など)

 

上記のスキルはWebデザイナーの仕事で密接に関わる仕事です。こういったスキルを身に付けるために時間を使った方が、確実に将来に繋がります。

 

Webデザインスキルを習得する方法は?

未経験からWebデザインスキルを習得するなら、大きく2つの学習方法があります。

 

  1.  独学で勉強する
  2.  Webデザインスクールで勉強する

 

この2つがありますが、Webデザイナーとしてフリーランスや副業、転職など、何かしら仕事につなげたいなら「Webデザインスクール」一択です。

 

なぜなら、Webデザインスクールであれば、プロが現場で使うスキルや知識をそのまま学べるからです。

 

Webデザインは独学でも習得できる一方、時間がかかる上に挫折しやすい

Webデザインは独学でも習得できないことはないです。

 

例えば「Webデザインの独学勉強法は何から始めるべき?4ステップを現役Webデザイナーが解説」でまとめているステップで学習すれば、Webデザインの基本から学べます。

 

ですが、Webデザイン独学は時間がかかる上に、挫折しやすいことも事実です。

 

独学だとWebデザインスクールを比べて、勉強にかかる時間は少なくともスクールの「3倍以上」は見積もっておく必要があります。

 

関連記事Webデザイン・制作の習得に必要な勉強時間・独学期間は?Webデザイナーを目指す期間を解説

 

KEI

加えて、私が見てきた中だと、独学では約10人のうち9人は途中で挫折しています。

 

一方でWebデザインスクールであれば。独学より早く、挫折確率も低く、Webデザインを習得できます。

 

KEI

Webデザインの勉強法で迷ったら、Webデザインスクールがおすすめです。

 

Webデザインスクールには質が低いところもあるので注意

Webデザインスクールでの学習がおすすめですが、どこのスクールを選んでも良いわけではありません。

 

KEI

というのも、中には質が悪いスクールも存在しているからです。

 

参考までに、現役デザイナー目線でおすすめできるスクールは「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】でまとめています。

 

KEI

迷ったらこの中から選ぶと間違いないというスクールを、5つだけ厳選しています。

 

Webデザインをこれから学びたい方は、よければ参考にしてみてくださいね!

 

詳細記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

 

将来的にはUIUXデザインやマーケティングスキルもおすすめ

さらに言えば、Webデザインのスキルを一通り学んだら、

 

  • UI・UXデザイン
  • Webマーケティング

 

こういったスキルも身につけると尚良いです。そうすればWebデザイナーだけでなく、UIUXデザイナーやWebディレクターといったキャリアも拓けます。

 

上記職種は、Webデザイナーからのキャリアアップにも最適です。特にUI/UXデザイナーは市場価値が高く、リクルートなどの大企業も喉から手が出るほど欲している職種です。

 

KEI

このように「資格を取るか」「スキルを身に付けるか」で選べる未来の選択肢が変わってくるからこそ、どちらに時間を使うかが重要なんですよね。

 

WebデザイナーとUI/UXデザイナーの違いは?現役デザイナーが解説WebデザイナーとUI/UXデザイナーの違いは?現役デザイナーが比較して解説 Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】

 

まとめ

Webデザイナーに資格は必要ない理由【現役デザイナー兼エージェントが解説】

 

まとめ

・Webデザイナーに資格は必要ない2つの理由

—  Webデザイナーは資格がなくてもできる仕事だから

—  Webデザイナーは資格よりもスキルが重視されるから

・唯一資格を取るなら、国家資格のWebデザイン技能検定がおすすめ

・Webデザイナーは資格を取るよりもスキルをつけた方が良い

・まずはWebデザインの基本・実践スキルから

・ゆくゆくはUIUXデザイン、Webマーケティングなど幅を広げると、キャリアの選択肢が広がる

 

KEI

Webデザイナーとしてスキルを磨いていけば、Webデザイナーとして就職や副業、在宅ワークができるだけでなく、別職種へのキャリアアップの道も多数存在します。

 

資格を取ることも選択肢の一つですが、かける時間や労力に対し、得られるものが少なくなりがちです。

 

だからこそ「スキル」を磨き「実績」を作ることに時間を投下した方が、得られるものは大きくなるのでおすすめですよ。

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。