Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】

Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】

「Webデザイナーにプログラミング言語は必要なのかな?」

「もし言語が必要であれば、どのような言語を学ぶべきか知りたい」

 

このような疑問に、現役フリーランスWebデザイナーの私が答えていきます。

 

結論から言うと、Webデザイナーもプログラミング言語を学んだ方が、仕事の幅、人生の幅が広がります。

 

なので、Webデザイナーもプログラミングは学んでおいた方が良いということが結論になります。

 

これが結論ですが、本記事ではWebデザイナーとプログラミングの関係について、よりわかりやすく、実態を紹介していきます。

 

本記事を通じて得られること

  • Webデザイナーとプログラミング言語の関係性
  • Webデザイナーにおすすめなプログラミング言語
  • Webデザイナーがプログラミング言語を最短で習得するステップ

 

本記事を読めば、これらについてわかるようになります。

 

これを書いている私は、現在フリーランスのWebデザイナーとして仕事をしています。また、転職関連の事業も行っており、転職エージェントとしてWeb企業の経営者や人事部長とも多くお会いしています。その過程で、企業から必要とされるWebデザイナーのスキルについても把握しています。

 

本記事を読めば、Webデザイナーとプログラミング言語の関係性について全てわかりますよ!

 

Webデザイナーになりたい初心者の方や、現在Webデザイナーでこれからプログラミングを学ぼうか悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【あった方が有利です】

Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【あった方が有利です】

 

冒頭の通り、Webデザイナーはプログラミング言語を学んでおいた方が良いです。

 

すごく厳密に言うと、Webデザイナーにプログラミング言語は必須ではありません。ですが、あった方が有利になる場面が多いんですよね。

 

なので、これからWebデザイナーになりたい人は、プログラミング言語も学んでおいた方が良いということが結論になります。

 

ではなぜWebデザイナーでもプログラミング言語を学んでおくべきなのか、その理由を解説していきます。

 

Webデザイナーもプログラミング言語を学んだ方が良い3つの理由

Webデザイナーもプログラミング言語を学んだ方が良い3つの理由

 

  1. Webに適したデザインが考えられるようになるから
  2. 動的なデザインを考える上で、プログラミングの知識が必要だから
  3. 就職や転職、副業や独立もしやすくなるから

 

理由は上記の3つです。

 

1. Webに適したデザインが考えられるようになるから

Wedデザインと普通のデザインが異なるところは、Webデザインの場合、Webに適したデザインを考える必要があることです。

 

紙のデザインを作ることと、Webのデザインを作ることは似ているようで完全に異なります。Webでは実現できないデザインもあれば、Webだからこそ実現できるデザインもあるからです。

 

この辺りを深く理解するためには、Webでできることを理解している必要があり、その際にプログラミングの知識が役立ちます。

 

例えば私が過去に転職支援をしたWeb系の会社では、Webデザイナーに対して「プログラミングのスキル」を入社段階で求めている会社もありました。それくらい、Webデザイナーとプログラミング言語が密接しているんですよね。

 

ですから、Webに適したデザインを考える上では、プログラミング言語は学んでおいた方が良いです。

 

2. 動的なデザインを考える上で、プログラミングの知識が必要だから

Webデザインには「動的な動き」をするものがあります。

 

例えばネットでWebページを見ていると、文字が動いているページなどを見たことがありませんか?あのような動きをWeb上で持たせる際に、プログラミング言語の知識が必要となります。

 

Webページも世の中にたくさん存在する中、人を惹きつけるページを作っていきたい場合は、動的な部分も含めてデザインを考え、実装できる状態になっておくと、非常に役立ちます。

 

3. 就職や転職、副業や独立もしやすくなるから

Webデザイナーがプログラミングを学ぶと案件の幅が広がるため、就職や転職だけでなく、副業や独立もしやすくなります。

 

例えばコーディング案件は、需要が高い一方、肝心のコーディングができる人材が少ない分野です。そのため、Webデザイナーとしてだけでなく、よりプログラミングに近い領域でも就職や転職を目指せます。

 

またWebデザイナーがプログラミングを学べば、コーディング案件を「副業」で受けることもできます。

 

コーディング案件は1件あたり数万円は稼げるため、「副業」として個人で月5〜10万円を稼ぐこともできるようになります。

 

私自身、プログラミング言語を学んでから、できる案件の幅が一気に広がりました。前述しましたが、企業側はデザイナーにプログラミング言語の知識を求めるケースもあります。

 

企業から求められるプログラミングスキルを持っていると、仕事は本当に取りやすくなるんですよね。

 

このように、Webデザイナーがプログラミング言語を学ぶことで、デザインの本業にも役立つ上に、より幅広い仕事にも携われるようになります。

 

結果、収入も良くなり、働き方も良くなり、人生の満足度も上がっていくんですよね。

 

Webデザイナーがプログラミング言語を学ぶならどれがおすすめ?

Webデザイナーがプログラミング言語を学ぶならどれがおすすめ?

 

  1. HTML/CSS
  2. JavaScript
  3. PHP

 

結論、上記の言語がおすすめです。

 

1. HTML/CSS

HTML/CSSについて
需要の高さ
(5.0)
始めやすさ
(5.0)
将来性
(4.5)
総合評価
(5.0)

 

まずはHTML/CSSです。基礎中の基礎ですね。

 

すごく簡単に解説すると、HTMLはWebページの枠を作る際に利用するイメージです。そして、作った枠に対して装飾をしていくのがCSSの役目です。

 

例えば、あなたが今見ているこのサイト「デザキャリ」の画面や文字、画像は全てHTMLで表現されています。HTMLをマークアップ言語と呼びます。

 

一方のCSSは、このサイトの色やレイアウトなどを表現しています。CSSのことをスタイルシート言語と呼びます。

 

このように、HTMLとCSSができると、Webページを作り、装飾まで一人でできるようになります。

 

2. JavaScript

JavaScriptについて
需要の高さ
(4.5)
始めやすさ
(4.5)
将来性
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

JavaScriptは動的な動きを作る際に利用します。

 

例えば、先ほどHTMLとCSSで作ったページに対して、動的な動きをつける際に使います。

 

前述通り、いまは動的なコンテンツも含めてWebデザインを行っていくことに需要があります。

 

その際にJavaScriptができると、世の中からニーズのあるWebデザインを一人で作ることができるようになります。

 

またJavaScript自体がWebサイトのみならず、アプリなど様々な用途で利用されています。

 

需要が非常に高い言語なので、一度身につけておけば、就職や転職、副業でも困りづらくなります。

 

3. PHP

PHPについて
需要の高さ
(5.0)
始めやすさ
(4.0)
将来性
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

PHPはプログラミング言語の中でも需要の高い言語であり、Webデザイナーも学んでおくと良い言語です。

 

PHPはサーバーサイドの言語であり、Webデザイナーの本来の仕事からは外れます。一方で、最近のWebサイトは「WordPress」というCMSでできていることが多く、WordPress自体がPHPで作られています。

 

そのため、PHPを理解していた方が、需要の高いWordPress案件まで仕事をこなすことができるようになり、できることの幅が更に広がります。

 

PHPは2番目に需要の高い言語

PHPはプログラミング言語の中でも、実は2番目に案件の多い言語です。ちなみに1位はJavaという言語であり、この2つでエンジニアの案件の約50%くらいを占めているほど。一度身につけておけば需要が高く、仕事に困りにくいので、そういう意味でもPHPはおすすめです。

 

Webデザイナーがプログラミング言語を習得する3ステップ

Webデザイナーがプログラミング言語を勉強する方法

 

手順1
プログラミング学習サイトで基礎学習する
無料でできるプログラミング学習サイトを利用して基礎学習する(期間:1週間程度)
手順2
プログラミングスクールで実践学習する
プログラミングスクールでWebデザインに必要なプログラミングを実践学習する(期間:1〜3ヶ月程度)
手順3
実際にWebサイト制作・デザインをやってみる
自身でWebサイトデザイン・制作をしたり、あるいは小規模な案件を受けて仕事をしてみる

 

手順は上記の通りです。

 

それぞれ補足付きで解説しますね。

 

手順1:プログラミング学習サイトで基礎学習する

まずはプログラミングの基礎学習からスタートです。

 

方法としては「プログラミング学習サイト」が良いですね。

 

最近はネットで利用できる良質な学習サイトが増えてきています。初心者だとプログラミングの本を買って勉強しがちですが、本はわかりづらいものが多いです。私自身も本を買ったりしましたが、学習サイトの方が学びやすくて良かったです。

 

なので、手を動かしながら学べる学習サイトが、基礎学習にはおすすめですね。

 

おすすめの学習サイトはProgate

なお、おすすめの学習サイトは「Progate」です。初心者に人気の定番学習サイトであり、評判もとても良いです。

 

私も最初にProgateを利用しましたが、初心者でもわかりやすい内容になっており、とても使いやすかったことが印象的でした。

 

Progateは無料コンテンツと有料コンテンツが分かれていますが、無料だけでも基礎的なことは十分なので、まずはProgateにトライしてみましょう。

 

手順2:プログラミングスクールで実践学習する

次はプログラミングスクールで実践学習をしましょう。

 

最近は安価で良質なプログラミングスクールも多く存在します。こういったプログラミングスクールを利用すれば、Webデザイナーに必要なプログラミングスキルが最短で習得できます。

 

期間は1ヶ月〜3ヶ月程度でOKです。あなたが今の段階で完全初心者であっても、1〜3ヶ月あれば、Webサイトを作ったり、デザインするスキルは身につきますよ。

 

手順3:実際にWebサイト制作・デザインをやってみる

プログラミングスクールで実践学習をしたら、次は実際に「Webサイトの制作」「デザイン」をやってみましょう。

 

趣味でも、仕事でもどちらもOK

ご自身で好きなサイトを作っても良いですし、クラウドソーシングサイトを使って、小規模な案件をやってみても良いです。

 

「Webサイトデザイン・制作ができるか不安…。」という場合も大丈夫。確かに完全に独学でデザイン・プログラミングを学ぶと難しいですが、プログラミングスクールで実践学習すれば、どのようにWebサイトをデザインし、作っていくか、具体的な方法まで理解できるようになっています。

 

私もプログラミングスクールでプログラミングを学びましたが、実践学習で学んだことで、ちゃんとスキル習得できました。

 

またこれは私だけではなく、周囲の初心者を見ていても、実践学習を経験している方であれば、問題なく出来るようになっていますよ!

 

以上が、Webデザイナーがプログラミング言語を学ぶ3ステップです。

 

まとめ:Webデザインxプログラミング言語はおすすめ

Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】

 

本記事のまとめ

・Webデザイナーがプログラミング言語を学ぶと良い理由は3つ

1. Webに適したデザインが考えられるようになるから

2. 動的なデザインを考える上で、プログラミングの知識が必要だから

3. 就職や転職、副業や独立もしやすくなるから

・Webデザイナーにおすすめのプログラミング言語は「HTML/CSS」「JavaScript」

・今後のステップは「プログラミング学習サイトで基礎学習⇨プログラミングスクールで実践学習⇨実際にサイト制作・デザインしてみる」

 

最後に、Webデザイナーは本当に働きやすい仕事です。スキル一つあれば、在宅で自由に働くこともできますし、案件を多くこなして高収入を得ることもできます。

 

ただでさえ働きやすいWebデザイナーですが、今回紹介したようなプログラミング言語を習得すれば、より幅広い仕事ができるようになるため、もっと自由度の高い仕事や、もっと高単価案件を仕事にすることも可能です。

 

これからWebデザイナーを目指す方も、すでにWebデザイナーの方も、プログラミング言語を学ぶことはおすすめです。

 

今日から行動すれば、3ヶ月以内には十分習得できます。まずは基礎的なことからスタートしてみましょう!

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です