おすすめのWebデザインスクール

【格安】Adobe CCを安く買うには?お得に購入できる4つの方法!【学生・社会人それぞれで解説】

Adobe CCを安く買うには?お得に購入できる方法をご紹介!

「Adobe CCを安く買う方法ってないのかな?一番安く購入できる方法が知りたい」と、思っていませんか?

 

Adobe CCコンプリートプランは通常価格で購入すると、税込6,248円/月(税込74,976円/年)かかります。決して安くはないので、一番安く購入したいですよね。

 

そこで本記事では、Adobe CCを安く買う4つの方法を、値段をわかりやすく比較しながら紹介します!

 

本記事で紹介する方法を使えば、年間で最大3万円以上、割合にして約50%(半額)の値段で、Adobe CCを購入可能です。

 

先に結論からお伝えすると、学生の方と社会人の方で、最も安く買う方法は次の通りです。

 

Adobe CCを安く買う方法(学生・社会人)

  • 学生の場合:Adobe公式サイトから「学生・教職員版」のAdobe CCを購入(値段は年間26,136円で最安値!)
  • 社会人の場合①(一番安い方法):職業訓練校に通い、「学生・教職員版」のAdobe CCを購入(値段は年間26,136円で最安値!
  • 社会人の場合②(一番おすすめな方法):Adobe認定スクールの通信講座を受講(値段は年間39,980円

 

上記が結論です。記事内で詳しく解説します。

 

KEI

本記事を読めば、損することなく、Adobe CCをお得に購入できますよ!

 

学生ならAdobe公式サイトで「学生・教職員版」のAdobe CCを買うことが一番安い

あなたが学生なら答えは一択で、Adobe公式サイトから「学生・教職員版」を買うことです。

 

なぜなら学生・教職員版の場合、学生なら学割価格で、お得にAdobe CCを利用できるからです。

 

Adobe CCには「個人版」と「学生・教職員版」の2つがある

大前提覚えておくべきことは、個人でAdobe CCを買う場合、「個人版」と「学生・教職員版」があることです。

 

個人版の通常価格と、学生・教職員版を比べると以下の通りです。

 

個人版と学生・教職員版の料金比較

個人版の通常価格月6,248円(年間74,976円)
学生・教職員版(学生が利用可能)月2,178円(年間26,136円)

※全て税込

 

学生・教職員版の利用条件【13歳の学生ならOK!】

  • 中学生(13歳以上)
  • 高等学校
  • 高等専門学校
  • 中等教育学校(13歳以上)
  • 特別支援学校(13歳以上)
  • 特別支援学校(13歳以上)
  • 大学
  • 専修学校

 

KEI

13歳以上の学生(中学生〜大学生)であれば、ほぼ問題なく利用できますね!

 

このように、あなたが学生なら、Adobe公式サイトから「学生・教職員版」のAdobe CCコンプリートプランを購入することが一番安くてお得です。

 

学生でない方がAdobe CCを安く買う4つの方法

一方で、あなたが学生ではない社会人や専業主婦等の場合、結論からお伝えすると、公式サイトで通常価格(年間74,976円)より、Adobe CCを安く買う方法は以下4つです。

 

  1. Adobe認定スクールのAdobe CC通信講座とセット購入する【年間39,980円。総合的に最もおすすめ! 】
  2. Adobe公式サイトのキャンペーンで購入する【年間52,536円】
  3. Amazonの割引セールで購入する【年間47,760円】
  4. 職業訓練校で購入する【年間26,136円。一番安い!】

 

1. 【最もおすすめ!】Adobe認定スクールのAdobe CC通信講座とセット購入する

一番おすすめの方法はこちらです。

 

Adobe認定スクールって何?

Adobe社が正式公認したオンラインスクールが提供するAdobe CC通信講座のことです。

 

Adobe認定スクールの通信講座を受講することで、Adobe CCの通信講座だけでなく、Adobe CCを「アカデミック価格」でお得価格で購入することが可能なんですよね。

 

KEI

Adobe CCは学生なら「学生価格」で安く購入できますが、Adobe認定スクールに入ることで「受講生価格」で購入できるという仕組みです。

 

気になる費用は、通常価格が税込74,976円/年のところ、認定スクールの通信講座なら、一番安いスクールで「税込39,980円/年」と、通常価格の約47%引きで購入可能です。

 

KEI

約半額なので、とてもお得ですよね!

 

アカデミック価格は、一般的な量販店やPCストア・通販サイトでは販売されていません。認定スクールだからこそ許されている「超限定価格」なんですよね。

 

Adobe認定スクールは日本でわずか4校しか存在しない

実はこのAdobe認定スクール、日本でたったの4校しか認定されていないんですよね。

 

気になる4校は次の通りです。

 

Adobe認定スクール費用
ヒューマンアカデミーたのまな年間39,980円(税込)
デジタルハリウッド年間39,980円(税込)
アドバンスクール年間51,700円(税込)
パソコンスクールISA年間43,230円(税込)

 

KEI

一番安く購入できるのは、年間39,980円のヒューマンアカデミーたのまなデジタルハリウッドです。選ぶならこの2校が最もおすすめです!

 

とは言っても、通信講座を受けるつもりはないんだけど・・

と、思いますよね。でも安心してください。通信講座は強制ではないので、購入だけして「講座受講しないことも可能」なんですよね。

 

とはいえ、せっかく通信講座も付いてくるので、これからAdobe CCの使い方を覚えていきたいなら、お得に購入できて、学習もできる、一石二鳥の方法です。

 

KEI

もしあなたが未経験なら、Adobe CCの活用方法から学べて、かつお得にAdobe CCを使えるこの方法が一番お得ですよ!

 

唯一デメリットは法人で購入できないこと

完璧な方法と思いきや、一点だけデメリットがあります。上記の通り、法人で購入できないことです。

 

とはいえ、個人であれば全く問題ありません。個人のプライベート利用はもちろん、個人で商用利用で使うこともできます。個人なら全てOKと覚えておけば大丈夫ですよ!

 

KEI

Adobe認定スクール4校の詳しい詳細は記事中盤でご紹介しますね。

 

2. Adobe公式サイトのキャンペーンで購入する

Adobe公式サイトで定期的に行われている「キャンペーン」を利用し、購入することもおすすめです。

 

Adobe公式サイトのキャンペーンは定期的に内容が変わりますが、直近確認したところ52,536円(税込)で購入可能となっていました。

 

Adobe公式のキャンペーンなら法人でも購入可能!

ちなみに、またAdobe公式サイトのキャンペーンは、個人だけでなく、法人でも購入可能です。

 

法人の場合は、Adobe公式のキャンペーンを定期的にチェックしておくことがおすすめです。

 

3. Amazonの割引セールで購入する

Adobe公式サイトだけでなく、Amazonでも定期的に「割引セール」が実施されています。

 

セール期間中に購入することで、公式サイト同様、お得に購入することが可能ですよ。

 

Amazonの割引セール価格も定期的に変わりますが、直近確認したところ、47,760円(税込)となっていました。

 

Amazonも個人だけでなく、法人購入可能ですので、法人で購入を考えている場合も、検討してみると良いでしょう。

 

4. 職業訓練校で購入する

最後は穴場の方法ですが、職業訓練校に通う方法です。

 

実は職業訓練校に通うと、正規の学生・教員版のAdobe CCを購入することができます。

 

学生の場合、アカデミック価格(学生価格)で値段は26,136円(税込)なので、最も安い方法がこちらです。

 

ただしデメリットは、職業訓練校に通わないといけないことです。気軽にはできないので、他の選択肢より現実的ではないですよね。

 

KEI

とはいえ、あなたが職業訓練校への通学も検討している場合は、この方法なら「学生・教職員版」の最も安いAdobe CCを購入できますよ。

 

Adobe CCを購入する4つの方法の料金比較

改めて、ここまでご紹介した4つの方法で料金を比べると、次の通りです。

 

料金を比較すると・・

方法料金
1. Adobe公式認定スクールで購入する年間39,980円(税込)
2. Adobe公式キャンペーンで購入する年間52,536円(税込)※キャンペーンによって変動あり
3. Amazon割引セールで購入する年間47,760円(税込)※セールによって変動あり
4. 職業訓練校で購入する年間26,136円(税込)
(通常価格で購入する)年間74,976円(税込)

 

「値段」や「実現しやすさ」を総合的に考えると、一番おすすめは「Adobe公式認定スクールで購入する方法」です。

 

一番安いのは職業訓練校の場合、実際に入校して学習しないといけません。

 

その点、Adobe公式認定スクールの場合は通信講座で、通信講座を受講するかどうかは自由です。

 

KEI

もし迷ったら、誰でも気軽にお得価格で購入できる「Adobe公式認定スクールの通信講座で購入」が一番おすすめですよ!

 

Adobe CCを安く買える4つのAdobe公式認定スクール

Adobe CCをお得に購入できる、Adobe公式認定スクール(通信講座)4つに関して、簡単に特徴をご紹介します。

 

1. ヒューマンアカデミーたのまな

Adobe CCを安く買える4つのAdobe公式認定スクール

おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
費用年間39,980円(税込)
コース内容Adobe CC1年契約+学習3ヶ月(1ヶ月の動画視聴+3ヶ月の学習サポート)

 

ヒューマンアカデミーたのまなは、資格取得・専門学校の大手ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

 

通信講座では「Adobe CCの1年契約」と「Adobeのオンライントレーニング1ヶ月視聴+3ヶ月サポート」がセットになっています。値段は最安値の年間39,980円(税込)で購入可能です。

 

Adobe認定スクールの中でも、後述するデジタルハリウッドと並んで、最も低価格で購入できるスクールです。

 

ヒューマンアカデミー自体が累計受講者数が約10万人と実績豊富なスクールです。そののため、通信講座の学習内容も、Adobeの実践的活用方法を学べる内容になっています。

 

KEI

迷ったらヒューマンアカデミーたのまなを選んでおけば間違いないですし、控えめに言っても失敗はまず無いですよ!

 

2. デジタルハリウッド

Adobe CCを安く買える4つのAdobe公式認定スクール

おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
費用年間39,980円(税込)
コース内容Adobe CC1年契約+学習3ヶ月(1ヶ月の動画視聴+2ヶ月の課題作成)

 

デジタルハリウッドもヒューマンアカデミーたのまなと並び、Adobe CCを安く買える通信講座です。

 

デジタルハリウッドの通信講座は「Adobe CC 1年契約」と「3ヶ月間の学習(動画閲覧1ヶ月と課題作成2ヶ月)がセット」です。値段は年間39,980円と、前述したたのまなと同じです。

 

デジタルハリウッド自体がクリエイタースクールとしても国内有数の実績があります。ヒューマンアカデミーたのまな同様、最もおすすめできるスクールです!

 

3. アドバンスクール

Adobe CCを安く買える4つのAdobe公式認定スクール

おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
費用年間51,700円(税込)
コース内容Adobe CC1年契約+学習14ヶ月

 

アドバンスクールは、1年間のAdobe CC契約と、1年2ヶ月(14ヶ月)の通信講座がセットになったスクールです。

 

料金は年間51,700円(税込)と高くなるものの、学習サポートが期間が1年2ヶ月と、他スクールよりかなり長いことが特徴です。

 

個人的にはここまでのサポート期間は不要と思いますが、じっくり自分のペースで学びたいなら、少し値段は上がるものの、アドバンスクールを利用することがおすすめです。

 

4. パソコンスクールISA

Adobe CCを安く買える4つのAdobe公式認定スクール

おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
費用年間43,230円(税込)
コース内容Adobe CC1年契約+学習3ヶ月

 

パソコンスクールISAは、年間43,320円(税込)でAdobe CC1年契約と学習3ヶ月がセットになった通信講座です。

 

学習期間はたのまな、デジタルハリウッドと同じですが、費用は少し高めです。なので、前述したたのまな、デジタルハリウッドが合わない場合のみ、検討してみると良いと思います。

 

Adobe CCコンプリートプランで使えるソフト・できること

「Adobe CCって、実際何ができるの?」という疑問に、ここでは簡潔に回答します。

 

Adobe CCコンプリートプランで使えるソフト

Adobe CCで使えるソフトを一覧にすると、次の通りです。

 

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Dreamweaver
  • InDesign
  • Adobe XD
  • Aero

 

Adobe CCコンプリートプランでできること

KEI

それぞれのソフトでできることを簡潔に挙げていきますね!

 

Photoshopでできること

  • Webデザイン
  • グラフィックデザイン
  • バナー制作
  • など

 

Illustratorでできること

  • ロゴ制作
  • アイコン制作
  • 印刷物のデザインなど

 

関連記事Illustratorを独学で勉強するおすすめの方法【注意点も解説】

 

Premiere Proでできること

  • 動画編集
  • 動画制など

 

After Effectsでできること

  • 動画編集
  • モーショングラフィックスなど

 

Dreamweaverでできること

  • Web制作など

 

InDesignでできること

  • 印刷物の制作(雑誌、ポスター、チラシなど)

 

Adobe XDでできること

  • UI/UXデザインなど

 

関連記事Adobe XDは何ができる?できることや使い方をわかりやすく解説

 

Aeroでできること

  • ARコンテンツの作成など

 

KEI

このように、IT/Web分野の大半の仕事が、Adobe CCを使うとできますよ!

 

Adobe CC購入でよくある質問

ここでは、Adobe CC購入の際によくある質問に答えます。

 

Adobe CCの解約って簡単にできるの?違約金はかかる?

結論、購入する方法によって変わります。

 

例えば、Adobe認定スクール経由で購入すれば、解約は簡単にでき、違約金も一切かかりません(完全無料)

 

一方、認定スクール経由ではなく、公式サイト・Amazon等から購入した場合、1年ごとに自動更新になるので、途中で解約した場合は違約金が発生してしまいます。

 

KEI

最も安く購入し、解約の違約金もかけたくないなら、Adobe認定スクール経由で購入することがおすすめです。

 

Adobe CCの1年契約が切れたら、その後はどうすればいい?

1年後もお得に利用を続けたいなら、「Adobe公式認定スクールの通信講座を利用すること」がおすすめです。

 

なぜなら、Adobe認定スクールの通信講座は「何度でも利用可能」だからです。

 

例えば、一度Adobe認定スクールの通信講座を1年間受講し、その後延長したい場合、同じく認定スクールの通信講座に申し込めば、次の1年間もアカデミック価格で利用できるんですよね。

 

ですから、1年後もお得に利用したい場合は、Adobe公式認定スクールの通信講座を利用することがおすすめです。

 

PCは何台まで利用できるの?

結論、PCは2台まで利用が可能です。

 

Web・ITの仕事をしていると、自宅で作業することも、外出先で作業することもどちらもあります。

 

その点で、自宅用のデスクトップ、外出用のノートパソコンと、どちらでもAdobe CCを使えるので、不便さは感じないですよ!

 

まとめ

記事の内容をまとめます。

 

Adobe CCを安く買う方法まとめ(学生・社会人)

  • 学生の場合:Adobe公式サイトから「学生・教職員版」のAdobe CCを購入(値段は年間26,136円で最安値!)
  • 社会人の場合①(一番安い方法):職業訓練校に通い、「学生・教職員版」のAdobe CCを購入(値段は年間26,136円で最安値!
  • 社会人の場合②(一番おすすめな方法):Adobe認定スクールの通信講座を受講(値段は年間39,980円

 

述べてきた通り、学生であればAdobe公式サイトから「学生・教職員版」のAdobe CCを買うことが一番安いです。

 

一方で社会人の場合、Adobe CCを安く買う一番おすすめの方法は「Adobe認定スクールの通信講座とセットで購入すること」です。

 

最安値は職業訓練校に通う方法でしたが、学校に通う必要があり、多くの人にとっては最適ではありません。

 

一方で、Adobe認定スクールの通信講座であれば、受講するもしないも自由、Adobe CCを購入するだけの目的でも可能です。通信講座とセットにはなりますが、公式サイトで通常価格で単体購入するよりも47%も安くなります。

 

もしあなたがAdobe CCの使い方もこれから覚えていきたいなら、Adobe認定スクールの通信講座とセットで購入することが間違いないですよ!

 

KEI

本記事がAdobe CCを購入するか悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です