【真実】なぜ大半のWebデザイナーは稼げないのか?【原因は大きく3つ】

【真実】なぜ大半のWebデザイナーは稼げないのか?【原因は大きく3つ】

「Webデザイナーに憧れるけど、Webデザイナーは稼げないって情報もあるみたい…。Webデザイナーはやっぱり稼げないのかな?」

 

本記事では上記の疑問に答えていきます。

 

結論から言うと、Webデザイナーは稼げないは半分正解で、半分誤りです。その理由を本記事で解説します。

 

これを書いている私は、現在フリーランスWebデザイナーとして仕事をしています。

 

また転職事業もやっておりまして、日々多くのIT企業やWeb企業の経営者・人事部長と、Webデザイナー採用について会話をしている立場です。

 

Webデザイナーとして働く側と、Webデザイナーを雇う企業側の両方の視界を持っている立場から、Webデザイナーのお金事情について、リアルを解説していきます。

 

なぜ多くのWebデザイナー稼げないのか?【原因は大きく3つ】

なぜ多くのWebデザイナー稼げないのか?【原因は大きく3つ】

 

  1. 雇用形態の問題
  2. 企業スペックの問題
  3. 保有スキルの問題

 

Webデザイナーが稼げない原因は大きく上記「3つ」です。

 

上記3つにより、Webデザイナーの収入は上がることもあれば、下がることもあります。

 

それぞれ解説しますね!

 

1. 正社員のWebデザイナーは稼げない【雇用形態の問題】

まず初めに、「正社員のWebデザイナー」は大きくは稼げません。

 

世の中の大半のWebデザイナーは正社員です。なので、大半のWebデザイナーは稼げないんですよね。

 

まずは現状を把握しよう

まずは現状を知るためにも「正社員Webデザイナーの平均年収」のデータをお見せします。

 

転職サイトdodaが調査した「平均年収ランキング」より引用しますね。

 

【実データ】Webデザイナーの平均年収

Webデザイナー 年収

 

上記の通り、Webデザイナーの平均年収は「347万円」となっています。

 

これが高いか、安いかというと、Webデザイナー含む「クリエイティブ職」の平均年収が以下の通り「377万円」であることから、安いと言えますね。

 

Webデザイナー 年収

 

Webデザイナーの平均年収

Webデザイナー:年収347万円

クリエイティブ職:年収377万円

 

なんで正社員のWebデザイナーの年収は低いのか?

一番大きな理由は、Web業界自体が、売上が安定しない業界だからです。

 

Web業界は変化が激しいです。そのため、ある時は業績がグンと伸びることもあれば、ある時は業績が一気に落ち込むこともあります。

 

たとえばWebメディアを運営している会社であれば、SEOの順位が急に落ちたことにより、売上の50%が一夜にして飛ぶことも起こります。

 

経営者の立場に立ってみればすぐわかることですが、正社員を雇う場合は、毎月「給料」を支払わないといけません。

 

経営者にとって問題なのは、日本はアメリカなどと異なり、正社員の雇用が守られていることです。

 

そのため「ちょっと業績が悪くなったから、、」という理由で、社員を不当に解雇をしたり、大幅減給はできないんですよね。

 

正社員Webデザイナーに高給を払うことはリスク

つまり、正社員としてWebデザイナーを雇った途端に、簡単には切れない「固定費」が会社にのしかかります。

 

年収347万円でも、社会保険の会社負担や通勤手当などを諸々含めれば、年間400万円以上は会社が負担しています。

 

仮に給料が全く伸びないと仮定しても、10年雇用すれば4,000万円、20年雇用すれば8,000万円、30年雇用すれば1億2,000万円です人を一人雇うことって、会社からすれば、実は物凄くリスクがあることなんですよね。

 

Web業界は利益率は高いが、社員への還元が少ないということ

前提として、Web業界は利益率は高いです。メーカーや商社と比較しても圧倒的に高いです。なので事実として、儲かっている会社も多いです。

 

でも10年、20年と同じような利益を残せるかというと、それは誰にもわかりません。

 

ですから、変化の激しいWeb業界においては、高い利益率の割に正社員の給料は低いままということが、至る企業で起きています。

 

その結果が、平均年収347万円ということです。

 

KEI

私の周囲のWebデザイナーにも、「この人とても優秀なのに」という方が、低い年収で企業に雇われていたりします。それは上記の通り、雇用形態の問題があるからなんですよね。

 

【朗報】フリーランスのWebデザイナーは稼げる

一方で、雇用形態を正社員から「フリーランス(業務委託)」に変えれば、Webデザイナーの収入は伸びます。

 

先ほどの例で考えると「Web業界は変化が激しく、売り上げが安定しない。そのため正社員に高額な給料を払うことはリスクである」という話でした。

 

一方フリーランスの場合は「雇用」ではなく「契約」です。契約はいつでも自由に切れることから、企業からすれば、フリーランスへの依頼は全くリスクがないんですよね。

 

ですから、正社員を月30万円の給料で雇用するよりも、フリーランスに月50万円を払って契約することを望む会社は、実はかなり多いです。

 

仮に高単価で発注して、事業環境が悪化したとしても、フリーランスであれば簡単に契約を切れるからです。

 

もちろんフリーランスは「契約をいつ切られるかもしれない」というリスクを背負うことになります。ですが、これからの時代は、正社員だっていつ会社が倒産するかわからない時代です。

 

それなら「若いうちから高給を得て、貯金をしておき、資産運用で逃げ切る」ような生き方をした方が、ある意味合理的でもありますよね。

 

KEI

ちなみに私自身も、フリーランスになって収入が大きく上がりました。

 

このように、Webデザイナーが稼げないというのは、単に雇用形態の問題でもあるんですよね。雇用から「契約」に切り替えるだけでも、収入がポンっと上がることは往々にしてあります。

 

フリーランスだけでなく「副業」でも稼げる

またフリーランスとして完全に独立しなくても「副業」として稼ぐこともできます。

 

副業の場合も、雇用ではなく「契約ベース」がほとんどです。

 

そのためフリーランス同様、会社員として給料をもらうよりも、高単価案件を受けることができます。

 

KEI

「フリーランスはリスクあるからちょっと怖いかな」という方は、本業でWebデザイナーとして安定給料を得つつ、副業で上振れを目指していく。そんな働き方も、今の時代はおすすめですね。

 

2. 中小やベンチャーのWebデザイナーは稼げない【企業スペックの問題】

2つ目の原因は「企業スペック」です。

 

傾向としては「中小」や「ベンチャー」のWebデザイナーは大きく稼げません。

 

例えば、社員が10〜500名くらいの小規模〜中規模の会社です。こういった企業は、そもそも財務基盤などの「企業体力」が、大手と比較するとありません。

 

なので「人件費は極力抑えておこう」という経営判断が起こりがちです。

 

KEI

私が転職支援をしていた企業の多くがこの状態でした。実は儲かっているのに、給料を上げたがらないんですよね。

 

一方で、お金に本当に余裕がない企業が潰れてしまったら、もらえる給料ももらえなくなります。なのでこういった企業の場合、そこにいると決めた以上、ある意味仕方ない事実でもあります。

 

大手企業であれば、稼げる会社も存在

一方で、稼げる企業も存在します。たとえば「大手企業」のWebデザイナーは別です。

 

実例を挙げると、Web系大手のリクルートに入れば、デザイナーでも年収800〜1,000万円以上いきます。他の有名大手でも年収600〜800万円以上はいきますね。

 

ただ、こういった大手企業は数が少ないです。多くの中小企業やベンチャー、スタートアップのWebデザイナーは、前述の理由により、給料は低く、稼げないことが大半なので、やはり正社員としては「稼げない」がメインの回答となります。

 

3. デザインスキル一本だと稼げない【保有スキルの問題】

次に「スキル面」について。

 

スキル観点で言うと、デザイン一本で稼ごうとすると、稼げないことも多いです。

 

Webデザインの仕事にも、「Webデザイン単体の仕事」と「Webデザイン+αの仕事」があります。

 

このうち「Webデザイン単体の仕事」は、単価が低くなりがちです。

 

なので、WebデザインしかできないWebデザイナーは、稼げない人の割合は多いですね。

 

Webデザインと組み合わせると良いスキルとは?

  • マーケティング
  • UI・UX
  • プログラミング

 

こういったスキルをWebデザインと組み合わせて仕事ができると、稼げる案件を受けられるようになります。

 

例:UI・UXについて

例えば最近は「UI・UXデザイン」の案件が需要が高いです。

 

UI・UXとは、一言で言うと「Webデザインのみならず、ユーザーの経験、感情、行動まで含めてデザインを行うこと」を指します。

 

UI・UXができるデザイナーは世の中まだまだ少なく、一方でニーズは非常に高いです。

 

例えば前述したリクルートもUI・UXデザイナーを採用していますし、有名大手企業でも、UI・UXデザイナーの人手は足りていません。

 

このようにWebデザイン単体だと稼げないですが、周辺領域まで踏み出すことができれば、稼げるチャンスが広がります。

 

稼げないWebデザイナーから脱出する方法

稼げないWebデザイナーから脱出する方法

 

  1. 個人で稼ぐ(フリーランスや副業)
  2. スキルの組み合わせで稼ぐ

 

稼げないWebデザイナーから脱するためには上記2つの道があります。

 

1. 個人で稼ぐ

  • フリーランスになって稼ぐ
  • 副業で稼ぐ

 

前述したように「正社員でない形で稼ぐ方法」です。

 

私のように「フリーランス」として独立してやっていくでも良いですし、リスクを極力避けたい場合は「副業」で始めても良いです。いずれにしても、「正社員の給料以外」の収入を得ることがキーです。

 

大半の稼げていないWebデザイナーは、副業を始めれば、その時点で稼げるWebデザイナーになれるということです。

 

この方法が、Webデザイナーとして稼げない状態を脱する一番手軽であり、確実な方法ですね。

 

2. スキルの組み合わせで稼ぐ

もう一つがスキルの組み合わせで稼ぐ方法です。

 

前述したような、

 

  1. Webデザイン x マーケティングスキル
  2. Webデザイン x プログラミングスキル
  3. Webデザイン x UI・UXスキル

 

こういったスキルの掛け合わせですね。

 

KEI

もう一つの方法には「稼げる大手企業へ転職する方法」もありますが、数が限られている上に競争倍率が高いので、あまりおすすめしていません。それよりは「本業x副業」で稼いだ方が、実現までのスピードや実現可能性も高いですよ。

 

Webデザイナーとして大きく稼げなくても、実は幸せを実現できる理由【自由度の高さ】

Webデザイナーとして大きく稼げなくても、実は幸せを実現できる理由【自由度の高さ】

 

さて、稼げない状態を脱する方法を書いてきましたが、実はWebデザイナーの場合、大きく稼げなかったとしても、実は幸せを実現することができます。

 

なぜなら、Webデザイナーは自由度が高いからです。

 

具体的なイメージを持っていただくため、Webデザイナーが実現できる働き方や生き方について、少しご紹介しますね。

 

例えば在宅ワーク

一番最たるは「在宅ワーク」ですね。

 

Webデザイナーの仕事はPC1台あればどこでもできます。ですから、家族と過ごす時間をたっぷり取りながら、在宅で仕事をすることも、Webデザイナーなら実現できます。

 

また、Webデザイナーとしてスキルを身につけていけば、フリーランスとしてゆるりと働きつつ、月20〜30万円を得ることは難しくありません。

 

家賃が安い地域に暮らしつつ、自宅を中心に仕事をすれば、生活費もそこまでかかりません。なので、月20〜30万円を自分自身で稼げれば、生活は十分やっていけるんですよね。

 

例えば週3勤務

他には「週3勤務」もありますね。

 

週3日はフルタイムでがっつり働き月20〜30万円を得つつ、残りの4日間は自由に暮らす。そういう生き方です。

 

例えば私の知人のフリーランスデザイナーは、週3で働きながら、福岡の糸島という海の方で暮らしています。福岡は生活コストも安い上に、海や山など自然も豊かで、人生のQOL(Quolity Of Life)が格段に上がったと言っていました。

 

良い暮らしですよね。サラリーマンとしてオフィスに出社する仕事だと、こういう働き方は難しいです。

 

でもWebデザイナーであれば、場所の自由度がある分、住む場所を物価が安いところにすれば、大きく稼げなくても豊かな暮らしが実現できます。

 

KEI

私はこの「自由度の高さ」がWebデザイナーの最大の長所だと思っています。一人でも多くの人が、Webデザインの仕事の魅力に気づき、自分らしい人生を手に入れて欲しいなと感じます。

 

まとめ

【真実】なぜ大半のWebデザイナーは稼げないのか?【原因は大きく3つ】

 

記事の内容をまとめます。

 

まとめ

・大半のWebデザイナーが稼げない理由は大きく3つ

1. 雇用形態の問題(正社員だと稼げない)

2. 企業スペックの問題(中小やベンチャーだと稼げない)

3. 保有スキルの問題(Webデザイン一本だと稼げない)

・稼げないWebデザイナーから脱する方法は以下の2つ

1. 個人で稼ぐ(フリーランスや副業で稼ぐ)

2. スキルの組み合わせで稼ぐ(Webデザインxマーケティング・UIUX・プログラミングなど)

・Webデザイナーの最大のメリットは「自由度が高いこと」。在宅やリモートしやすいので、大きく稼げなくても物価の安いところで豊かに暮らせる

 

KEI

Webデザイナーとして稼ぐためには、まずは「副業」など個人で稼ぐことから始めることがおすすめです。

在宅やリモートなど、Webデザイナーは自由度の高い働き方が実現できます。

だからこそ、これからWebデザインを学ぶか検討中の初心者の方は、3ヶ月など期間を決めてやってみると良いですよ。

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です