おすすめのWebデザインスクール

【真実】Webデザイナーはやめとけ、後悔すると言われる5つの理由

【現実】Webデザイナーはやめとけ、後悔すると言われる5つの理由

フリーランスWebデザイナーのKEIです。Webデザイナーに関するネットの記事を見ていると、

 

「Webデザイナーになりたいなんて、いいからやめとけ。後悔する末路になるぞ」

「Webデザイナーなんて離職率が高くてきついし病むよ」

「Webデザイナーになりたいとか言ってる奴」

 

このような意見が見当たります。

 

中には「Webデザイナーは頭が悪い人でもなれる仕事」「Webデザイナーの仕事は底辺」など極端すぎる意見もあります。

 

KEI

こういった言葉を見ると、Webデザイナーを目指す方にとって不安を感じてしまいますよね….。

 

そこでこの記事では「Webデザイナーはやめとけ」「後悔する」と言われる5つの理由を、現役Webデザイナーがお伝えします。

 

結論からお伝えすると、

 

  • Webデザイナーはやめとけ、後悔すると言われる理由には真実もある
  • とはいえ、Webデザイナーには「それ以上のメリット」がある

 

これが現実です。

 

事実、最近は在宅ワークや転職など、理想の働き方を叶える方もたくさんいらっしゃいます。

 

KEI

それこそ「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】」でまとめているような「講師やカリキュラムの品質が良いWebデザインスクール」を失敗せず選んで学習すれば、未経験からWebデザイナーは十分目指せます。

 

「Webデザイナーになると後悔するのかな..?」と不安に感じている方は、この記事を読んで、Webデザイナーのリアル・現実をより深く知ってみてください。

 

KEI

その上で、あなたにWebデザイナーの仕事が本当に合っているか、じっくり検討してみることをおすすめします。

 

関連記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】

 

「Webデザイナーはやめとけ」「後悔する」と言われる5つの理由

「Webデザイナーはやめとけ」「後悔する」と言われる5つの理由

 

KEI

まずはWebデザイナーはやめとけ、後悔すると言われる5つの理由を紹介します。

 

Webデザイナーはやめとけ、後悔すると言われる理由
  1. 残業が多い過酷な仕事だから
  2. 仕事量の割に、給料・待遇も恵まれていないから
  3. キャリアパスが広がりづらいから
  4. Webデザイナーは離職率が高いから
  5. Webデザイナーは頭が悪い人の仕事だと言う声もあるから

 

1. 残業が多い過酷な仕事だから

残業が多いことは、Webデザイナーはやめとけ、なったら後悔すると言われる理由の一つです。

 

Webデザイナーは残業が多いことは事実

確かに、Webデザイナーは残業は割と多い仕事です。特にWeb制作会社などの会社員Webデザイナーとして仕事をしていると、毎日夜20〜21時過ぎまで残業があることも決して珍しくありません。

 

なぜなら、Web制作会社はクライアントに案件を納品する対価としてお金をいただく、いわゆるクライアントビジネスだからです。

 

クライアントビジネスは、どうしてもクライアントや納期が優先となります。納期までに制作物が完成しない場合は「今日は予定があるから..」という理由で退社できないんですよね。

 

KEI

Webデザイナーの仕事はクライアントがいて成り立つことが多いです。ですから必然的に残業は多くなりがちですし、過酷と感じることもあるでしょう。

 

2. 仕事量の割に、給料・待遇も恵まれていないから

Webデザイナーはクライアントビジネスがメインのため、クライアントの稼働状況により、仕事量は多くなります。

 

ですが、仕事量の割に給料・待遇面が恵まれていないことも、Webデザイナーはやめとけと言われる大きな理由です。

 

Webデザイナーの年収(会社員の場合)

転職サイト「doda」が調査したレポートによると、Webデザイナー(会社員)の平均年収は「年収347万円」となっています。

 

Webデザイナーの平均年収はいくら?

引用:平均年収 doda

 

一方で、全職種平均(会社員)の年収は「年収408万円」です。

 

  1. Webデザイナーの平均年収:年収347万円
  2. サラリーマン全体の平均年収:年収408万円

 

KEI

つまり、会社員に関しては、Webデザイナーの年収はサラリーマンの平均より劣ってしまうのです。

 

「仕事量が多くて残業が多いのに、給料が安いWebデザイナーは全く割に合わない」という主張は、この金額だけ見れば確かに一理あると言えるでしょう。

 

Webデザイナーのリアルな給料事情は以下記事で詳しくまとめています。

 

関連記事なぜWebデザイナーの年収は低いのか?【安い給料から高年収になる5つの方法も解説】

関連記事【真実】なぜ大半のWebデザイナーは稼げないのか?【稼げるWebデザイナーを目指す方法も解説】

 

3. キャリアパスが広がりづらいから

「キャリアパスが広がりづらい」という点も、Webデザイナーはやめとけ、後悔すると言われる理由です。

 

KEI

とはいえ、正直この理由は的確ではないと考えます。なぜならWebデザイナーは、むしろいろんなキャリアパスがある仕事だからです。

 

Webデザイナーには複数のキャリアパスがある

一般的に、Webデザイナーに就く人は「Webデザイナー」として一生のキャリアを終えることを考えます。

 

これは王道ルートではあり、おすすめルートではありますが、Webデザイナーのキャリアパスは何もWebデザイナーだけではありません。

 

例えば、Webデザイナーとして経験を積んでいくと「Webディレクター」と言われるWebデザイナーを統括するポジションを目指せます。Webディレクターは20代や30代だけでなく、40代以上になっても活躍している方が多い仕事です。

 

または、Webデザイナーとしてデザイン領域を深く理解したのちに「Webマーケター」を目指すことも一つの道です。最近のマーケターにはデザインのスキルや知見が求められることが多いです。

 

よりデザイナー路線でいうと、「UI/UXデザイナー」を目指すルートもあります。UI/UXデザイナーは、Webデザイナーと比べても年収水準が高いです。

 

アメリカの平均年収(Webデザイナー・UI/UXデザイナー・Webディレクター)

日本の常に一歩先をゆくアメリカでは、Webデザイナー、UI/UXデザイナー、Webディレクターの平均年収は次のようになっています。

 

職種年収(USD1.0=JPY107円で算出)
WebデザイナーUSD 52,691(年収563万円)
UIUXデザイナーUSD 85,277(年収912万円)
WebディレクターUSD 89,834(年収961万円)

 

上記のように、UI/UXデザイナーや先ほど紹介したWebディレクターは年収水準も高いです。つまり、こういった道も視野に入れると、キャリアパスが広がるどころか、年収アップのチャンスも多くなります。

 

KEI

このように、Webデザイナーはキャリアパスが広がりづらいと言われますが、実態としてはキャリアパスは複数あるので安心してください。

 

4. Webデザイナーは離職率が高いから

Webデザイナーは離職率が高いという点も、Webデザイナーはやめとけと言われる理由です。

 

Webデザイナーの離職率を正確にまとめたデータは転職サイト等から公開されていないため、実数値を正確に測ることはできません。

 

KEI

ですが、私がこれまで見てきた経験から言うと、Webデザイナーは転職する方が多い職種であることは事実です。

 

前述通り、Webデザイナーが働く職場には、残業が多い会社や、給料が低いも少なからず存在しています。

 

KEI

「こんな働き方じゃ割に合わない」と不満を感じ、違う会社へ転職するWebデザイナーも一定数いるんですよね。

 

Webデザイナーの離職率が高い”知られざる理由”とは?

一方、Webデザイナーに離職者が多い理由は、実はもう一つあります。それはWebデザイナーには「Webデザインスキル」という専門性・手に職が身につくからです。

 

KEI

つまりWebデザイナーは、一つの会社が合わなかったとしても、他に働く場所はいくらでもあるんですよね。

 

例えばプログラマーも離職率は高い仕事で有名です。ですが、プログラマーは若い方を中心に大人気の仕事ですよね。

 

KEI

ですから、離職者が多いというのは、実は会社に依存しない人が多いことの裏返しでもあります。

 

確かにWebデザイナーは離職率が高い仕事です。大事なことは「なぜ離職率が高いのか?」です。

 

Webデザイナーは「手に職」が身につくことにより、他の職種と比べても選択肢が多いです。ですから結果として離職率も高くなっているのです。悪い理由ではないですよ。

 

5. Webデザイナーは頭が悪い人の仕事、底辺だと言う声もあるから

中には「頭が悪い人が就く仕事」「Webデザイナーは底辺」という声もあります。

 

確かに学歴面でいうと、Webデザイナーは高い学歴は求められません。例えば東京大学を卒業した方であれば、Webデザイナーよりも待遇が良い仕事に就くチャンスはいくらでもあります。

 

KEI

東大卒のように高学歴な方にとって、わざわざWebデザイナーを目指すメリットは少ないでしょう。

 

Webデザイナーは知的労働が求められる【頭が悪い人や底辺の仕事ではない】

とはいえ「頭が悪い人が就く仕事」「Webデザイナーは底辺」という意見自体は、正直「的を得ていない」と思います。なぜならWebデザイナーの仕事は「知的労働」「クリエイティブ」が必要な仕事であり、誰でもできるものではないからです。

 

Webデザイナーとして活躍するためには、Webデザインの基本原則を理解したり、デザインツールの使い方を習得する必要があります。

 

加えて、Webデザイナーには「マーケティング」の能力も必要です。マーケティング力がないと、本当に効果が出る制作物は作れないからです。

 

いろんなスキルが求められるWebデザイナーの仕事は、決して頭が悪い人・底辺の仕事なんかじゃありません。

 

KEI

Webデザイナーは世の中に求められる仕事ですし、需要も高いです。誇りを持って良い仕事ですよ。

 

Webデザイナーの需要や将来性は【いらない?なくなる?】これからのWebデザイナーの将来性や今後の需要でまとめています。よければ参考にしてみてください。

 

関連記事【いらない?なくなる?】これからのWebデザイナーの将来性や今後の需要

関連記事Webデザイナーを辞めたい、しんどいなら無理せず辞めてOKです【やるべきことを辞める前と後で解説】

 

Webデザイナーの末路は?やめておくべき?Webデザイナーになって実現できること

Webデザイナーはやめておくべき?Webデザイナーになって実現できること

 

ここまでWebデザイナーはやめとけと言われる5つの理由を「マイナス面」としてお伝えしましたが、Webデザイナーの末路は良くなく、やっぱりやめておくべきでしょうか?

 

結論、Webデザイナーになって実現できる「プラス面」も知った上で、Webデザイナーがあなたに本当に合っているか、目指す価値があるかを考える必要があります。

 

KEI

Webデザイナーになって実現できることはたくさんありますが、中でも以下3つはWebデザイナーになって実現できる代表的なことです。

 

  1. 市場価値の高いスキルが身につく
  2. 自分次第で高収入を実現していける
  3. 自由な働き方を実現できる

 

1. 市場価値の高いスキルが身につく

市場価値の高いスキルが身につくことは、Webデザイナーになって実現できることです。

 

Webデザイナーはあらゆる業界から必要とされている

今の時代、Web業界だけでなく、あらゆる業界でWebデザインの需要は高いです。なぜならどんな会社もWebを使ったプロモーション・販売戦略が必要不可欠な時代だからです。

 

Webを使ってプロモーション・販売を行っていく場合、WebサイトやLP(ランディングページ)と言われるWebページが必要です。そして、Webページを作る際に、Webデザイナーの力が必ず必要になります。

 

つまり、Webデザイナーはあらゆる業界からニーズがあるのです。

 

KEI

事実、最近はWebデザイナーを求める企業の数も増えており、Webデザイナーの需要は高まっています。

 

Webデザイナーとして経験を積んでいけば、あなた自身の市場価値の高いスキルが身につきます。

 

KEI

市場価値の高いスキルは、不透明なこれからの時代を生き抜く強い武器となります。これだけでもWebデザイナーを目指すメリットは大きいです。

 

2. 自分次第で高収入を実現していける

自分次第で高収入を実現できる点も、Webデザイナーになってできることです。

 

「Webデザイナーって給料が安いんじゃないの?」と思った方もいるかもしれません。

 

確かに前述通り、会社員のWebデザイナーは年収が低めです。ですが「会社員の働き方以外」まで広げれば、収入アップを実現しやすいのです。

 

KEI

例えば、Webデザイナーは「フリーランス」や「副業」で稼ぎやすい仕事です。

 

「副業」であれば、月5〜10万円を得ることはそこまでハードルが高くありません。

 

仮に月10万円を副業で得られるようになれば、その時点で年収120万円アップです。

 

KEI

会社員として年収120万円アップは大変ですが、副業であれば現実的な数値なんですよね。

 

関連記事初心者がWebデザイン副業で収入を得る方法や案件!未経験の始め方を現役デザイナーが解説

 

また、フリーランスとして独立すれば、自分次第で高収入は実現できます。

 

フリーランスWebデザイナーの場合「1案件いくら」という風に、案件量と報酬が比例することが多いです。つまり、頑張ってたくさんの案件をこなせば、その分収入として返ってきます。

 

KEI

会社員のWebデザイナーの場合、いくら頑張っても給料は変わりません。この点はフリーランスWebデザイナーになるメリットですね。

 

フリーランスWebデザイナーの場合、月50万円(年収600万円)のみならず、中には月80万円以上を得ている方も多くいます。

 

KEI

このように、Webデザイナーは自分次第で高収入になれるのは、Webデザイナーになって実現できることです。

 

3. 自由な働き方も実現しやすい

Webデザイナーは自由な働き方も実現できます。

 

例えば主婦・ママの方であれば「在宅ワーク」で仕事ができます。家事や育児をしながら、在宅で自宅から働けるのは、主婦・ママの方にとって理想の働き方の一つですよね。

 

他には「リモートワーク」で世界中を旅しながら仕事もできます。Webデザイナーとして世界一周しながら仕事をしている方や、好きな国・地域に住んで仕事をしている方はたくさんいます。

 

KEI

このように、自由な働き方ができる点も、Webデザイナーだからこそ実現できることです。

 

関連記事Webデザイナーは楽しい!なってよかった!私が感じる7つのやりがいや魅力

 

Webデザイナーはやめとけはどう捉える?【目的次第で変わる】

Webデザイナーはやめとけはどう捉える?【目的次第で変わる】

 

結論、あなた自身がどうなりたいか、どんな人生を実現したいかといった「目的次第」で、Webデザイナーになるべきかそうでないかは変わります。

 

KEI

例えば、1ヶ月後など今すぐ労働環境や給料を改善したいなら、Webデザイナーは合っていないかもしれません。

 

Webデザイナーは自由な働き方を実現しやすい一方、ある程度下積み期間は必要です。

 

仕事に困らないスキルや経験を得るためには、1〜2年程度は企業で実務経験を積む必要があります。この期間は残業も多くなる可能性がありますし、短期的な給料アップも望みづらいです。

 

KEI

一方、1ヶ月後など今すぐとは言わず、1〜2年後などの近い将来に、自由な働き方や収入アップを目指すなら、Webデザイナーはかなりオススメです。

 

前述通り、Webデザイナーは在宅ワークやリモートワークで働きやすいです。スキルや経験さえ積めば、働き方の自由度も収入アップも十分見込めます。

 

ですから、1〜2年後など少し先の目標であれば、Webデザイナーの仕事はとても合っていますよ。

 

このように、あなたが今後どんな人生を歩みたいかで、Webデザイナーを目指すべきかそうでないかが変わってきます。

 

KEI

全員に正解の道はなく、全てはあなたの人生の目的次第ということです。

 

「Webデザイナーはやめとけ」「後悔する」が当てはまる人

「Webデザイナーはやめとけ」「後悔する」が当てはまる人

 

ここまでのことを踏まえて、Webデザイナーはやめとけ、後悔するが当てはまっている人、つまり「Webデザイナーを目指さない方が良い人」「Webデザイナーを目指したら後悔する可能性がある人」は次の通りです。

 

Webデザイナーを目指さない方が良い人
  • 今すぐ(1ヶ月後など)労働環境を改善したり、給料を増やしたり、自由な働き方がしたい人

 

Webデザイナーとして待遇面や働き方の自由度を高めるには、1〜2年間などある程度の下積み期間が必要です。

 

KEI

今すぐ労働環境を改善したい、給料を上げたい、自由な働き方がしたい方は、現実と理想のギャップに苦しむかもしれません。

 

「Webデザイナーはやめとけ」「後悔する」が当てはまらない人

「Webデザイナーはやめとけ」「後悔する」が当てはまらない人

 

一方で、Webデザイナーはやめとけ、後悔するが当てはまらない人、つまり「Webデザイナーを目指した方が良い人」「Webデザイナーになっても後悔する可能性が少ない人」は次の通りです。

 

Webデザイナーを目指した方が良い人
  • 市場価値の高いスキルを身につけたい人
  • 労働環境や収入面を改善したい人
  • 自由な働き方を実現したい人
  • かつ、上記のことを実現するために、ある程度の期間を下積みできる人(1〜2年など)

 

このような方は、Webデザイナーはオススメです。

 

そもそも1〜2年程度の下積みで、これだけの未来を実現できる仕事はなかなかありません。

 

KEI

Webデザイナーはあまりに短期目線の方にはオススメできませんが、そうでないなら、Webデザイナーはいろんな働き方の可能性があります。自信を持ってオススメできますよ。

 

Webデザイナーを目指す人が取るべき3つのステップ

Webデザイナーを目指す人が取るべき3つのステップ

 

ここからはWebデザイナーを目指したい人が取るべきステップを紹介します。

 

KEI

結論、取るべきステップは次の3つです。

 

  1. Webデザインスキルを習得する
  2. Webデザイナーとして実務経験を積む
  3. Webデザイナーとして理想の働き方を実現していく

 

1. Webデザインスキルを習得する

Webデザインスキルをまだ学んでいない方は、Webデザインスキルを習得することがファーストステップです。

 

KEI

Webデザインスキル習得方法は大きく2つあります。

 

  1. 独学で勉強する
  2. Webデザインスクールで学習する

 

Webデザイナーを仕事にしていきたいなら、おすすめはWebデザインスクールで学習することです。なぜなら、Webデザインスクールを使った方が、Webデザイナーを仕事にするなら圧倒的に近道だからです。

 

Webデザインスクールと独学の違い

Webデザインは独学で学べないことはありません。時間をかければ独学でも一定のスキルは習得可能です。

 

ですが、Webデザイン独学は時間がかかる上に、何より途中で挫折しやすいです。

 

KEI

私が見てきた中だと、だいたい10人中9人は途中で挫折しています。

 

一方でWebデザインスクールであれば、独学よりも短期間でスキル習得を目指せる上に、挫折率も低いです。

 

KEI

Webデザインスクールの場合、独学と真逆で、10人中9人は挫折せず取り組めている印象です。

 

Webデザインを趣味にするなら、あえてお金を払ってスクールに通う必要はないでしょう。

 

KEI

一方で、あなたがWebデザインを何かしら仕事につなげていきたいなら、迷うことなくWebデザインスクールを使った方が近道ですよ。

 

受講価値のあるWebデザインスクール

参考までに、現役デザイナー目線でおすすめできるWebデザインスクールは「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】」でまとめています。

 

「ここなら間違いない」というスクールを、20校以上の中から7校に絞ってまとめています。興味があれば参考にしてみてください。

 

関連記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較 現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】

 

2. Webデザイナーとして実務経験を積む

Webデザインスクールでスキルを学んだら、次は実務経験を積むことがおすすめです。

 

実務経験を積む一番良い方法は「企業に就職・転職して働くこと」です。

 

KEI

1〜2年間の短期間でも良いため、企業で実務経験を積んでおくと、その後選べる選択肢が大きく広がります。

 

Webデザイナー就職・転職する2つのルート

Webデザイナーとして就職・転職するには、大きく2つのルートがあります。

 

  1. Webデザインスクールの就職・転職支援を利用する
  2. 一般の転職エージェントを利用する

 

おすすめは「Webデザインスクールの就職・転職支援を利用する」です。なぜならこのルートであれば、Webデザイン学習〜就職まで一貫してサポートしてもらえるからです。

 

一般の転職エージェントでも問題はありませんが、Webデザインスクールで学んだことを、転職エージェントに説明する必要があります。

 

KEI

転職エージェント自体にあなたのスキルが正しく伝わらないと、充実した転職サポートを受けられない危険性があります。

 

その点Webデザインスクールの就職・転職サポートであれば、スクールで学んだことをすでに理解してくれています。

 

KEI

就職・転職支援付きWebデザインスクールであれば、スムーズな就職・転職サポートのもと、Webデザイナーを目指せますよ。

 

参考までに、就職・転職支援がついたおすすめデザインスクールは「就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5

社【Webデザイナー就職・転職向け】」でまとめています。

 

KEI

こちらで取り上げているスクールを活用すれば、未経験から数ヶ月後にWebデザイナー就職・転職も現実的です。参考にしてみてください。

 

関連記事就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5社【Webデザイナー就職・転職向け】

 

就職・転職する気はないんだけど…その場合はどうしたらいい?

中には主婦・ママの方などで、Webデザイナー就職・転職する気はない方もいると思います。

 

KEI

その場合、企業での実務経験は積まずに、最初から個人として働く道も目指せます。

 

例えば「主婦・ママの在宅ワーク」や「会社員の副業」であれば、企業での実務経験がなくても、月5〜10万円くらいなら現実的に目指せます。

 

実案件を通じて実績を小さくても作っていけば、将来的には月20万円以上を得ることも実現可能な水準です。

 

KEI

在宅ワークや副業の具体的な方法は、以下記事で詳しく解説しています。

 

 

3. Webデザイナーとして理想の働き方を実現していく

Webデザイナーとして実務経験を積んだら、Webデザイナーとして理想の働き方を実現するフェーズです。

 

  • 会社員×副業で人生の選択肢を広げる
  • 在宅ワークを通じて、家事・育児と両立しながら社会とつながりを持って働く
  • リモートワークで世界中を旅しながら仕事をする
  • フリーランスWebデザイナーになって、時間とお金の自由を両方手にする

 

このような未来も、ここまで紹介したようなステップを踏んでいけば実現可能です。

 

このように、Webデザイナーは人生の選択肢が広がるスキルであり仕事です。

 

KEI

いろんな可能性を手にできるのは、Webデザイナーの大きな魅力です。

 

まとめ

【現実】Webデザイナーはやめとけ、後悔すると言われる5つの理由

 

述べてきた通り、「Webデザイナーはやめとけ」は、あなた自身がどんな人生の目的があるかで変わってきます。

 

自分自身の心の声と深く向き合った上で、Webデザイナーとしての道を歩んでいくべきか、じっくり考えて見ると良いと思いますよ。

 

一方で「Webデザイナーはやめとけ」という表面上の言葉だけで、目指すことをやめてしまうのは、あまりに勿体無いです。

 

KEI

それほどWebデザイナーは素晴らしい仕事だと思いますよ。

 

少なくとも、Webデザインスキルを一度身につけておけば、今後の人生の選択肢は間違いなく増えます。

 

KEI

迷っている方も、まずは「Webデザインスキルを学んでみること」は悪くない選択だと思いますよ。

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】

人気記事就職支援・転職支援に強いWebデザインスクール5社【Webデザイナー就職・転職向け】

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール7社比較【評判がいい】