フリーランスWebデザイナーの年収は?【高年収を実現する方法も解説】

フリーランスWebデザイナーの年収や単価相場はどれくらい?【高年収を実現する方法も解説】

「フリーランスのWebデザイナーの年収ってどれくらいなんだろう?年収相場を知りたいな」

「フリーランスのWebデザイナーになって、年収アップしたいな…。」

 

あなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

 

年収、上げたいですよね。いまの時代、給料はなかなか上がっていかない一方、税金や社会保険の控除ばかりが増えていきます。「こんなに働いているのに、給料これだけ・・?」と思ったこと、一度や二度はあるのではないでしょうか?

 

というのも、まさに私がそうだったからです。私は社会人になった後、未経験からWebデザインを勉強し、Webデザイナーとして転職をしました。ですが、給料はなかなか上がらず、「もっと生活が楽になったらな…。」と、毎日悩みを抱えていたんですよね。

 

その後、私はフリーランスとして独立したのですが、今では年収を上げることができました。そのような経験があるので、フリーランスの年収事情が気になったり、今より少しでも年収を上げたい気持ちはよくわかります。

 

とはいえ、フリーランスWebデザイナーの年収事情は実際のところどうなのか、果たして本当に上がるのか、気になりますよね。

 

そこで本記事では、現役フリーランスWebデザイナーの私が、フリーランスWebデザイナーの年収事情を紹介します。

 

KEI

本記事を読めば、フリーランスWebデザイナーの年収相場はもちろん、高年収のフリーランスになる方法もわかりますよ!

 

フリーランスWebデザイナーの年収事情

フリーランスWebデザイナーの年収事情【単価相場】

 

まず初めに結論からお伝えしていきます。

 

フリーランスWebデザイナーの平均年収は300〜400万円台

結論、フリーランスWebデザイナーの平均年収は、概ね300万円台〜400万円台が相場です。

 

KEI

実際のところ、ものすごく高いかというとそうではなく、意外と低いんですよね。

 

会社員Webデザイナーの平均年収は342万円

一方、比較対象として「会社員Webデザイナー」の平均年収を見てみると、こちらは年収342万円となっています。

 

この事実については、以前「なぜWebデザイナーの年収は低いのか?【高年収を実現する5つの方法も解説】」の記事で紹介したので以下引用しますね。

 

転職サイト「doda」が調査したレポートによると、Webデザイナーの平均年収は「347万円」となっています。

 

Webデザイナーの平均年収はいくら?

引用:平均年収 doda

 

上記の通りです。

 

これが高いか、低いかで言うと、少し低いです。

 

例えばサラリーマン全体の平均年収は「408万円」であり、中でもWebデザイナーが含まれる「クリエイティブ職」の平均年収は「377万円」です。

 

そのため、サラリーマン全体の平均や、クリエイティブ全体の平均から見ても、Webデザイナーの平均年収は少し劣ります。

 

  • 会社員Webデザイナーの平均年収:347万円
  • フリーランスWebデザイナーの平均年収:300〜400万円台

 

KEI

フリーランスは幅がありますが、会社員の方が少し下、フリーランスの方が少し上、という感じですね。

 

なぜWebデザイナーの年収は低いのか?【高年収を実現する5つの方法も解説】なぜWebデザイナーの年収は低いのか?【高年収を実現する5つの方法も解説】

 

じゃあ、フリーランスになっても年収は上がらないの?

いえ、フリーランスになると、年収は上がりやすいです。

 

なぜなら次の理由があるからです。

 

フリーランスWebデザイナーは青天井に稼げる【年収1,000万円以上も可能】

それはフリーランスWebデザイナーの方が、青天井に稼げるからです。

 

つまり、あなたの努力次第で、いくらでも収入を伸ばしていけるということです。

 

例えば、フリーランスWebデザイナー全体の平均年収は大体300〜400万円台と書きましたが、中には年収1,000万円以上稼ぐフリーランスWebデザイナーももちろん存在します。

 

「お金を稼ぎたい!」

「収入を少しでも上げたい!」

 

そう思うなら、努力次第で上げやすいのは、間違いなくフリーランスです。

 

敢えて稼がないフリーランスも存在する(収入以外を重視している)

フリーランスWebデザイナーの平均年収が高くない特徴としては、フリーランスの中には「収入以外」を重視している人も多くいるからです。

 

例えば「在宅ワーク」「リモートワーク」で時間や場所に自由を確保しつつ、生活に必要なお金だけを稼ぐ。そんな働き方を大事にしている人はたくさんいますよ。

 

事例:私の知人の30代主婦デザイナー

実例を挙げると、私の知人にフリーで働く30代の主婦の方がいます。この方はお子さんもいらっしゃり、家事と育児をやりつつ、個人でWebデザイナーとして活動されています。

 

また、旦那さんは一般企業にお勤めをしているので、生活の収入は困っていません。

 

こういう方の場合、Webデザイナーとして高収入を実現する必要は必ずしもありません。「自宅で働けて、パートよりも収入が上がればOK」という考えもあるからです。事実この知人は、月20万円程度の収入を、在宅ワークで収入を得て暮らしています。これで十分なんですよね。

 

年収300万円台で豊かな「田舎暮らし」もできる

またWebデザイナーは場所に縛られず自由に働けます。そのため、田舎で物価が安いところに住んで働けば、年収300万円程度でも豊かな暮らしができます。

 

海が綺麗な町や、山や緑が豊かな町。探せばたくさんありますよね。こういったところで自然を感じながら暮らすことは、お金はそこまで必要ではありません。

 

こういった生活を選んでいるフリーランスWebデザイナーも、もちろん多く存在しますよ。

 

KEI

このように、フリーランスと一言で言っても、重視していることは様々です。

 

年収500万円以上を稼ぐ必要を感じておらず、年収300〜400万円を在宅で得つつ、自由に暮らすことを大切にするフリーランスも多いんですよね。

 

フリーランスはやった分だけ収入が上がる

一方で、あなたが「年収を上げたい」と思うなら、フリーランスならやった分だけ収入が上がることが事実です。

 

例えば、収入を上げるために「スキル」を高めていけば、1つの案件をこなすのに要する時間は減りますよね。そうやって「案件数」を増やしていけば、それがそのまま年収アップにつながります。

 

一方、数をこなしていけば、仕事の「質」も上がっていきます。そうすると、より「高単価」の案件を受けられるようになりますよね。

 

そうやって「生産性」が上がることで、同じ案件数をやっても、1.5倍、2倍の単価で仕事を受けられるようになります。結果、年収は大幅に上がるんですよね。

 

フリーランスの場合、年収を決めるのはあなた自身

つまりフリーランスの場合、年収を決めるのはあなた自身なんですよね。

 

フリーランスであれば、努力した分だけ、頑張った分だけ、全て収入に跳ね返ってくるからです。

 

一方、会社員だとそうはいきません。あなたがどれだけ頑張っても、年収を決めるのはあなたではなく「会社」だからです。

 

KEI

この点が、私がフリーランスになって感じたことです。

 

フリーランスの場合「年収を決めるのは自分次第」。頑張ればその分、いくらでも年収アップはできます。

 

もちろん、高年収を実現するためにやるべきことは多くありますが、平均年収よりも高い年収500万円〜1,000万円以上だって、Webデザイナーなら実現できますよ!

 

高年収フリーランスWebデザイナーの特徴とは?

高年収フリーランスWebデザイナーの特徴とは?

 

では高年収のフリーランスWebデザイナーは、どんなことを行い、年収を上げてきたのでしょうか。

 

私が見てきた、高年収フリーランスWebデザイナーに共通する特徴は以下の通りです。

 

高年収フリーランスの特徴
  1. 生産性が高い(数をたくさんこなせる。高単価を受けられるなど)
  2. Webデザインだけでなく、他スキルも掛け合わせできる(ディレクションなど)

 

生産性が高い(数をたくさんこなせる。高単価を受けられるなど)

まず一つは生産性が高いことですね。

 

前述通り、生産性が高くなれば、1件の仕事をこなすために、かかる時間は減りますよね。結果、1日でも多くの仕事ができるようになるので、合算の収入も当然増えます。

 

また経験値が高くなってくると、1件あたりの単価は増えるので、少ない案件でも高収入を実現できるようになっていきます。

 

KEI

このようにWebデザイナーとして実績や経験を積んでいるフリーランスは、高年収を実現していますね。

 

Webデザインだけでなく、他スキルも掛け合わせできる(UI/UXデザインやディレクションなど)

もう一つはWebデザインだけでなく、他スキルも組み合わせて仕事ができることです。

 

それなら、どんなスキルがあると良いの?

例えば、以下のようなスキルの組み合わせは、高年収を実現しやすいです。

 

高年収を実現しやすいスキルの組み合わせ
  • UIやUXを理解したデザインができるデザイナー
  • ディレクションやSEO、マーケティングがわかるデザイナー

 

上記の通りです。

 

UI/UXデザインは需要が高いスキル【大手も人材が足りていない】

例えばUIやUXのスキルがあると、高年収を実現しやすいです。

 

UI/UXはデザインの中でも特に需要が高まっているスキルです。

 

UI/UXデザインの需要は高く、ここだけの話、例えばリクルートなどの大手企業も、UI/UXデザイナーの人手が足りていません。

 

ディレクションができれば単価は上がりやすい

またディレクションができると、仕事の幅もさらに増えていきます。

 

Webデザインはできても、ディレクションは苦手なデザイナーは多いです。ディレクション案件は基本的に単価は高いので、年収500万円以上も十分実現していけます。

 

高年収のフリーランスWebデザイナーになるためには?

高年収のフリーランスWebデザイナーになるためには?

 

以上のことを踏まえて、高年収フリーランスのWebデザイナーを目指すためにやるべきことは下記です。

 

高年収フリーランスを目指すためにやるべきこと
  1. Webデザインの生産性を高める
  2. Webデザイン以外に仕事の幅を広げる(UI/UXデザインやディレクションなど)

 

KEI

まずは1つ目の「Webデザインの生産性を高めること」でしっかり地盤固めることがおすすめです。

 

将来的には2つ目「Webデザイン以外に仕事の幅を広げること」をやっていけると良いですね。

 

それぞれ簡単に解説します。

 

1. Webデザインの生産性を高める

まずは日々の学習や仕事を通じ、本業となるWebデザインの生産性を高めていきましょう。

 

あなたすでに「Webデザイナーとして仕事をしている」なら、

 

「今のスキルをより高められないか」

「高単価の案件を受けるために必要なスキルは何か」

 

上記を意識しながら、日々の仕事に臨むことが大切です。

 

そうすることで、数を多くこなせるようになりますし、より高単価案件をこなせるようになっていきます。

 

Webデザイナー経験者であれば「副業」で実績を積むこともおすすめ

また現役Webデザイナーであれば、平日夜や休日を使い、副業をやってみることもおすすめです。

 

なぜなら、日々の仕事だけでは経験できない案件も、副業であれば経験できるからです。

 

そうやって実績を積んでいけば、フリーランスになる際もスムーズに移行できますよ。

 

MEMO

なおWebデザイナーの副業は「初心者がWebデザイン副業で稼ぐまでの全知識を、現役Webデザイナーが徹底解説」をどうぞ。初心者向けに書いていますが、経験者でも副業の全体像を掴む上で、参考になると思います。

 

【未経験向け】初心者からWebデザイン副業で稼ぐための5ステップ初心者がWebデザイン副業で稼ぐまでの全知識を、現役Webデザイナーが徹底解説

 

一方、未経験からフリーランスWebデザイナーを目指す場合、Webデザインの生産性を高めることからスタート

なお、あなたが未経験からフリーランスWebデザイナーを目指している場合も、まずはWebデザインの学習からスタートしましょう。

 

まずはWebデザインを最短で習得しつつ、生産性を高めていきましょう。

 

そうすれば、早い段階で年収300万円〜400万円台を実現し、年収500万円を超えることもできますよ。

 

未経験からフリーランスWebデザイナーになる勉強法

結論「独学」でWebデザインを学習することはおすすめしません。

 

その理由や、どう行動していくべきか具体的方法は「なぜ独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしないのか」で紹介しています。

 

未経験からフリーランスWebデザイナーを目指す際に知っておくべき大事なことを書いています。あなたが未経験であれば読むと得るものがあると思います。

 

なぜ独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしないのかなぜ独学でフリーランスWebデザイナーを目指すことをおすすめしないのか

 

2. Webデザイン以外に仕事の幅を広げる(UI/UXデザインやディレクションなど)

特にやるべきことはこちらで、Webデザイン以外に仕事の幅を広げていきましょう。

 

特に、前述した以下スキルは需要が高い上に、Webデザインと相関性も高いのでおすすめです。

 

  • UIUXデザインのスキル
  • ディレクションやSEO、マーケティングスキル

 

UI/UXデザインやディレクションを学ぶ方法

まず初めは本で勉強しても良いですし、スクールで学習することもおすすめです。

 

おすすめのステップとしては、基本は本で勉強しつつ、実践はスクールで学ぶことです。そうすれば、無駄なく効率的に、スキルアップできますよ。

 

本はAmazonで人気の本を買ってみて、勉強すると良いですね。

 

またスクールはUI/UXデザイン、ディレクション全て学べるスクールは少ないですが、以下記事で紹介している「TechAcademy」であれば、UI/UXデザイン、Webディレクションまで学べるコースがあります。興味あれば試してみると良いと思いますよ。

 

TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースの評判や感想TechAcademy(テックアカデミー)Webデザインコースを受講した率直な感想や評判

 

まとめ

フリーランスWebデザイナーの年収や単価相場はどれくらい?【高年収を実現する方法も解説】

 

まとめ
  • フリーランスWebデザイナーの平均年収は300〜400万円台が相場
  • 会社員Webデザイナーの平均年収は342万円が相場
  • 会社員の年収は「会社が決める」フリーランスの年収は「あなた自身が決める」
  • フリーランスは「努力次第」でいくらでも年収アップできる!頑張った分だけ青天井が特徴
  • 年収アップの方法は「Webデザインの生産性を上げること」「Webデザイン以外の仕事の幅を持つこと」
  • 特にUI/UXやディレクション等はWebデザインと相性良く、収入アップしやすい

 

KEI

本記事で特にお伝えしたかったことは、フリーランスWebデザイナーの年収を決めるのは、他の誰でもない「あなた自身」ということです。年収を少しでも上げたいなら、頑張った分だけ跳ね返ってくる「フリーランス」はとてもおすすめですよ。

 

また収入だけでなく、フリーランス は「在宅ワーク」「リモートワーク」などの働き方も相性抜群です。仮に収入を上げなくても、人生の質は向上すると思いますよ!

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です