未経験から派遣Webデザイナーになるための完全マップ

未経験から派遣Webデザイナーになるための完全マップ

「未経験Webデザイナーになりたいんだけど、派遣だったらなれるのかな?」

「派遣Webデザイナーを目指す上で注意すべきことは何だろう」

「何からどうやって行動すればいいのかわからない」

 

こんな風に悩んでいませんか?

 

未経験からWebデザイナーを目指す場合、わからないことだらけですよね。「スキルや経験がないと採用されないんじゃ…」と不安を感じてしまう気持ちもよくわかります。

 

というのも、私自身が未経験からWebデザイナーになった経験や、Webデザイナーのキャリア支援の仕事をしてきたからです。私は正社員となりましたが、未経験からWebデザイナーを目指す際に悩んだ経験があるので、気持ちがよくわかります。

 

ですから本記事では、自身の経験をもとに、「未経験から派遣Webデザイナーを目指す完全マップ」を全てこの記事にまとめました。

 

  • 派遣Webデザイナーを目指す上で気をつけるべきことも、
  • 必要なスキルも、
  • 具体的に取るべき行動や手順も、

 

この記事を最後まで読めば、全てわかりますよ。

 

KEI

5分ほどで読める文量です。派遣Webデザイナーを目指す場合、最後まで読むことで、得るものがあると思います。

 

そもそも未経験から派遣Webデザイナーになれるの?【可能】

そもそも未経験から派遣Webデザイナーになれるの?【可能】

 

結論、可能です。なぜなら、派遣Webデザイナーは「未経験可」の求人もあるからです。

 

そもそもWebデザインの仕事は「スキル」が物を言います。ですので、基本的には「実務経験重視」なんですよね。

 

ところが派遣デザイナーの場合は、未経験でも可能な求人が存在します。スキルや実務経験が少なくても、あるいはなくても、働ける企業があるということです。

 

事実、未経験から派遣Webデザイナーとしてキャリアをスタートし、その後正社員になったり、フリーランスとして活躍している人も多くいますよ。

 

KEI

このように、未経験者であっても、派遣Webデザイナーになることは可能です。このことをまずは頭に入れておきましょう。

 

未経験から派遣Webデザイナーになる際の注意事項

未経験から派遣Webデザイナーになる際の注意事項

 

ただし、未経験から派遣Webデザイナーになる際は注意事項もあります。それが次の通りです。

 

  1. なりたい姿から逆算して、派遣の道を進むか考える必要がある
  2. スキルが身に付きづらい現場も紹介されることもある

 

この2つです。それぞれ解説します。

 

1. なりたい姿から逆算して、派遣の道を進むか考える必要がある

派遣としてWebデザイナーのキャリアをスタートするなら、必ず考えておくべきは「将来のなりたい姿」です。

 

というのも、ずっと派遣Webデザイナーで働き続ける場合、どうしても「不安定なキャリア」に陥りがちだからです。

 

派遣は長期雇用が前提ではない

正社員と派遣社員の最も大きな違いは「長期雇用が前提であるかどうか」です。

 

  • 正社員:長期雇用が前提
  • 派遣社員:長期雇用は前提でない

 

これが正社員と派遣社員の大きな違いなんですよね。

 

参考「正社員 vs 派遣社員」Webデザイナーのキャリア選択はどっちがおすすめ?

 

KEI

ですから、派遣Webデザイナーを目指す場合は、目先のことだけでなく、将来どうなりたいかという「将来像」も、解像度高く考え得る必要があります

 

そんなこと言っても、将来なんてわからない

と、感じると思いますが、普通はわからないものです。なので、ざっくりでも良いので、大きな方向性を考えてみましょう。

 

派遣Webデザイナーからのキャリアで、大きな方向性は次の3つです。

 

  1. 将来は正社員になりたい
  2. 将来はフリーランスで独立したい(在宅ワーク含む)
  3. ずっと派遣で身軽に働きたい

 

こんなイメージです。

 

正社員になりたいなら「紹介予定派遣」がおすすめ

このうち正社員になりたい方は多いと思いますが、その場合は「紹介予定派遣」がおすすめです。

 

紹介予定派遣って?

紹介予定派遣とは「正社員としての雇用」を前提に派遣する派遣形態です。「正社員になりたい。でも正社員スタートは経験が足りないからできない。」そんな方に特におすすめの派遣形態です。

 

KEI

紹介予定派遣なら、派遣社員を入口とし、近い将来は正社員としてキャリアアップできます。ですから、正社員としてキャリアを積んでいきたい場合は、紹介予定派遣の道が最も良いですね。

 

将来フリーランス・在宅ワークで独立したいなら「スキル」が身につく現場を

次にフリーランス・在宅ワークで独立したいなら「スキルが身につく現場を選ぶこと」が必要です。

 

フリーランスや在宅ワークとして食べていく場合、必要なものは「スキル」です。スキルや実績が必要な世界なので、その経験を派遣Webデザイナーとして積んでいくイメージですね。

 

だからこそ、このパターンを目指したいなら、重要なのは「スキルが身につく現場であること」です。

 

KEI

ただ後述するように、派遣現場の中には「スキルが身につきづらい現場」に当たる可能性もあるので、リスクヘッジしながら行動していくことが必要です。具体的リスクヘッジ方法は後述するので続きをどうぞ。

 

ずっと派遣でいたいなら、不安定は受け入れよう

最後に「派遣としてずっと働きたい場合」は、どうしても不安定なキャリアになりがちです。ですから「不安定を受け入れる覚悟」が必要です。

 

前述通り、派遣社員は長期雇用が前提ではないので、自分を守れるのは「自分のスキルだけ」です。ですから、フリーランスを目指す以上に「スキルとしっかり向き合うこと」が必要な道です。

 

このように、目指すべき将来像によって、どのような会社に派遣社員としていくべきかも変わってきます。

 

2. スキルが身に付きづらい現場も紹介されることもある

未経験から派遣Webデザイナーを目指す際にもう一つ注意すべきことは、完全未経験から派遣Webデザイナーを希望した場合、スキルが身につきづらい現場を紹介される可能性があることです。

 

事実、私の知人で未経験から派遣Webデザイナーになった方がいましたが、派遣先で思うような経験を積めなかった方がいました。

 

その方は、その後派遣先を変えてもらうことで良質な経験を積めましたが、このようの「思うようなスキルを得られない可能性はある」ということです。

 

未経験でもWebデザインの基本は学んでおくべき

では経験を積めない現場を紹介されるリスクを避けるにはどうすればいいかというと、一番良いのはWebデザインスキルを事前に学んでおくことです。

 

完全にスキルがないから、経験が積めない現場を紹介されやすいんですよね。逆に、スキルをしっかりアピールできれば、相応の求人を紹介してもらえる確率は高くなります。

 

例えば最近は、短期集中でWebデザインが学べる「Webデザインスクール」もあります。実は私もWebデザインスクールで勉強し、その後Webデザイナーになったのですが、スキルをしっかり身につけておいたことで、しっかり経験を積める企業で転職することができました。

 

ですから、未経験から派遣社員を目指す場合、スクールなどで短期集中でスキルを身につけ、簡単な制作物くらいは作れるようになっておくと良いですね。

 

それくらいできれば、いざ仕事が始まった後もスムーズに立ち上がりができますし、簡単な制作物が作れるようになれば、個人で月数万円くらいは近いうちに収入を得ることもできるようになりますよ。

 

スキルを身につけておけば、派遣だけでなく、人生の選択肢自体も広がります。だからこそ、事前にWebデザイン学習はしておくことをおすすめします。

 

KEI

Webデザイナーに必要なスキルが学べるスクールは「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較」で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

未経験から派遣Webデザイナーになるために必要スキルは?

未経験から派遣Webデザイナーになるために必要スキルは?

 

厳密にいうと、前述通り「未経験可」の求人があるので、絶対に必要なスキルがあるといえば「ない」です。

 

ただ、スキルがないと紹介を受けられる企業の幅が限られるので、できれば以下のようなスキルは学んでおくことをおすすめします。

 

派遣Webデザイナーに必要なスキル

Webデザインのスキル全般(デザインの基礎知識・Photoshop・Illustrator)

Webサイトデザイン制作のスキル(Webデザイナーに必要なコーディングなど)

 

こんなイメージです。よくわからないかもしれませんが、ざっくりいうと「Webデザインの基本を理解し、よく利用するツールを使えるようになっておき、加えて需要の高いWebサイトデザイン・制作のスキルを学んでおく」という感じです。

 

ここまで一通りやっておけば、未経験からの学習では十分です。ここまでやらずとも、派遣Webデザイナーになっている方はいますね。

 

未経験から派遣Webデザイナーになる手順

未経験から派遣Webデザイナーになる手順

 

で、実際に何から行動すればいいの?

 

ここからは、未経験から派遣Webデザイナーになる実際の「手順」を紹介します。結論、次の通りです。

 

手順1
派遣会社に相談する
派遣会社に相談し、希望の仕事をする上で足りないスキルを把握する。Webデザイナーに強い派遣会社を選ぶことがポイント(おすすめはWebデザイナーにおすすめな派遣会社で紹介している派遣会社) 
手順2
Webデザインを短期集中で学ぶ
足りないスキルを短期集中で習得する(おすすめは現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較で紹介しているスクール)
手順3
派遣会社経由で応募し、働き始める
実際に求人に応募し、派遣社員として働き始める
 

 

1. 派遣会社に相談する

まず最初は派遣会社に相談しましょう。なぜ最初に相談することが必要かというと、

 

  1. 現時点で紹介を受けられる企業を把握する
  2. 希望の仕事の紹介を受ける上で、足りないスキルを把握する

 

相談目的はこの2つです。

 

スキルや経験がなくても、良い経験が積めそうな企業があれば、すぐ飛び込むことも一つの道です。そういった求人を知るためには、まずは派遣会社に相談する必要があります。

 

また、もし見つからなかった場合も、紹介を受ける上で「足りないスキル」や「足りない経験」をヒアリングできれば、何を学ぶべきか、逆算して知ることができます。

 

KEI

上記2つを調べるためにも、まず最初は派遣会社に相談することが必要となります。

 

相談するならWebデザイナーに強い派遣会社を選ぶこと

上記の通り、相談するなら「Webデザイナーに強い派遣会社」を選ぶことが必要です。なぜなら派遣会社といっても、業界・職種で得意不得意があるからです。

 

じゃあどこがWebデザイナーに強いかというと、結論以下2社であれば間違いありません。

 

Webデザイナーに強い派遣会社

  1. パーソルテクノロジースタッフ【親身で丁寧なサポート。求人数・質ともに良い。紹介予定派遣も多い】
  2. JOBNET【日本で最初の老舗派遣会社。福利厚生も充実しており、安心感もある】

 

迷ったらこの2つで相談してみることがおすすめです。両者とも無料で相談できるので、気軽に相談してみると良いと思います。

 

もっと詳細を知ってから相談したい場合は、詳しい詳細は「Webデザイナーにおすすめな派遣会社5選」でまとめているので、こちらを参考にしてみてください。

 

 

2. Webデザインを短期集中で学ぶ

派遣会社ですぐにスタートできる良い求人が見つからず、足りないスキルもわかったら、このタイミングで短期集中学習することがおすすめです。

 

前述通り、スキルがあると働ける企業の幅も増えますし、スキルがあれば個人で収入を得ることもできるようになります。

 

独学の勉強はあまりおすすめしない

じゃあ独学で勉強しようかな。

 

というのは、あまりおすすめしていません。というのも、独学の場合、習得までの時間が長く、挫折しやすく、困った時に相談できる相手もいないからです。要するに過酷なんですよね。

 

それなら、スクールで短期集中で学習した方が、早く、挫折することなくスキル習得できます。体系的に学べる分、企業からもスキルを評価されやすいですよ。

 

おすすめスクールは前述通り「現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較」でまとめています。この中から良さそうなスクールを選んで1〜3ヶ月学習することをおすすめします。

 

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較

 

3. 派遣会社経由で応募し、働き始める

スキルも短期集中で磨いたら、派遣会社経由で登録・応募しましょう。社内選考などが通れば、実際に働き始めることができます。

 

最初は不安だと思いますが、応募から働くまでのフォローは、派遣担当者がしっかりサポートしてくれるので大丈夫です。しっかり準備をして望めば、良い派遣先で、良い経験を積み、良いキャリアを歩んでいけますよ。

 

以上が、未経験から派遣Webデザイナーを目指す手順です。

 

まとめ

未経験から派遣Webデザイナーになるための完全マップ

 

記事の内容をまとめます。

 

まとめ
  • 未経験から派遣Webデザイナーになることは可能
  • 将来なりたい姿から逆算して、派遣の道を進むことが必要
  • 将来正社員になりたいなら紹介予定派遣がおすすめ
  • 将来フリーランスを目指すならスキルが身につく現場
  • ずっと派遣でいたい場合も自分を守るスキルが必要
  • 必要スキルはWebデザイン知識と、Webサイトデザインまでできると良い
  • 手順は「派遣会社で相談→必要スキルの学習→求人応募」のステップがベスト
  • Webデザインを短期習得するならWebデザインスクールで学習しよう

 

上記の通りです。

 

最後に、Webデザイナーの仕事は控えめにいっても良いです。Webデザインは世の中で需要が高いので、仕事はたくさんあります。PC1台あれば自由にできる仕事でもあるので、フリーランスや在宅ワーク、副業などの働き方もしやすいです。

 

加えて、スキルが自分に蓄積される分野なので、スキルを武器にして、いろんな環境で働くこともできます。派遣といっても同じ場所で働く必要はなく、スキルを伸ばしていけば、様々な環境で働くこともチャレンジできるんですよね。

 

スキルが身につきづらい事務職などの派遣と比べると、Webデザイナーはスキルがあるので、仕事探しにも困りにくいです。

 

派遣としてWebデザインスキルをしっかり身につけていけば、人生の選択肢は圧倒的に広がりますよ。応援しています。

 

今回ご紹介したWebデザイナーに強い派遣会社

  1. パーソルテクノロジースタッフ【IT・WEB領域専門。親身で丁寧なサポート。求人数・質ともに良い
  2. JOBNET【日本で最初の老舗派遣会社。福利厚生も充実しており、安心感もある】

 

人気記事Webデザイナーにおすすめな派遣会社5選【現役Webデザイナー厳選】

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です