おすすめのWebデザインスクール

【未経験向け】初心者のPhotoshop副業の始め方!在宅で月5万円の収入を

【未経験向け】初心者からのPhotoshop副業の始め方!在宅で月5万円の収入を

「Photoshopを使った副業に興味があるんだけど、未経験・初心者でもできるの?」

「在宅副業に憧れるけど、何も経験がないし、できる自信が全くない….」

「Photoshopの副業で月5万円以上得られるようになったら人生変わると思う」

 

このようにPhotoshop(フォトショップ)の副業に興味を持っている一方、副業の一歩をなかなか踏み出せずにいませんか?

 

結論からお伝えすると、初めての副業にPhotoshopはとてもおすすめです。Photoshopは初心者でも始めやすい上に、副業案件も豊富にあるからです。

 

KEI

そこでこの記事では、現役フリーランスWebデザイナーの私が、次のことを解説します。

 

この記事でわかること

  • Photoshop(フォトショップ)の副業が初心者におすすめな4つの理由
  • Photoshop(フォトショップ)副業の案件事例・収入相場(年収・単価事情)
  • 未経験向け!初心者からのPhotoshopの副業の始め方・3ステップ

 

この記事を読めば、あなたがPhotoshopなどデザイン完全未経験でも、最短数ヶ月でPhotoshopの副業を始めることも実現できますよ

 

Photoshop・画像加工で副業ができるようになると、控えめに言っても人生変わります。

 

KEI

副業を通じていまの人生をより豊かにしたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

 

MEMO

Photoshopを独学で勉強する方法は「【保存版】Photoshopを独学で勉強する方法!初心者は何から始める?」で紹介しています。合わせてご覧くださいませ。

 

Photoshop(フォトショップ)副業が初心者におすすめな理由

Photoshop(フォトショップ)副業が初心者におすすめな理由

 

冒頭の通り、Photoshop(フォトショップ)の副業は初心者におすすめです。

 

KEI

おすすめな理由は次の4つです。

 

  1. 初心者でもスキル習得しやすいから
  2. 未経験でもできる副業案件が豊富にあるから
  3. 未経験から副業収入を得られるようになった方も多くいるから
  4. Photoshop副業は在宅でもできるから

 

1. 初心者でもスキル習得しやすいから

世の中にはいろんなスキルがありますが、中でもPhotoshopは初心者でも習得しやすいスキルです。

 

KEI

例えばPhotoshopを独学で勉強する場合、正しく努力すれば、3ヶ月程度でも基本スキルは習得できます。

 

あるいは、Photoshopが学べるスクール・講座を利用すれば、もっと短時間でPhotoshopのスキルを習得することも可能です。以下記事でまとめているような講座・スクールですね。

 

関連記事Photoshopが学べるおすすめ講座・スクール6選【オンライン・安いなど目的別】

 

スキル習得までに数年かかるような分野だと、気軽に副業の一歩は踏み出しづらいですよね。その点Photoshopであれば、最短数ヶ月で副業スキルを身につけ、一歩を踏み出せます。

 

KEI

この気軽さが、Photoshop副業が初心者に最適な理由の一つです。

 

2. 未経験でもできる副業案件が豊富にあるから

「いくらスキル習得しやすいとはいっても、未経験だと副業案件は難しいのでは?」と思っていませんか?

 

KEI

結論から言うと、Photoshopを使った副業案件の中には、未経験でもできる案件が豊富にあります。

 

例えばクラウドソーシングサイトのクラウドワークスには、未経験・初心者OKの副業案件がたくさん掲載されています。

 

もちろん未経験OKの案件にチャレンジする場合もスキルは必要です。ですが、企業での実務経験は求められない案件も意外と多くあるんですよね。

 

KEI

正しい方法でスキルを習得していけば、会社員が本業を続けながらでも、主婦・ママさんが家事や育児と両立しながらでも、副業で収入を得ることを目指せるのです。

 

3. 未経験から副業収入を得られるようになった方も多くいるから

未経験から副業収入を得られるようになった方が多く存在することも、初心者にPhotoshop副業がおすすめな理由です。

 

Photoshopに限らず、Webデザインの副業は未経験から収入を得られるようになっている方が特に多いです。

 

なぜなら、Webデザイン全般の副業案件は豊富な上に、初心者でもチャレンジできる案件もたくさんあるからです。

 

関連記事初心者がWebデザイン副業で収入を得る方法や案件!未経験の始め方を現役デザイナーが解説

【未経験向け】初心者からWebデザイン副業で稼ぐための5ステップ初心者のWebデザイン副業の始め方!未経験から収入を得る方法や案件を現役デザイナーが解説

 

KEI

未経験から副業収入を得られるようになった方が実際に多くいることは、これから副業にチャレンジする方も同様の結果を得やすい何よりの証です。

 

4. Photoshop副業は在宅で仕事ができるから

在宅で仕事ができることも、Photoshop副業が初心者におすすめな理由です。

 

Photoshopの副業はパソコンがあればどこでもできます。どこかの会社・場所に出社する必要はありません。

 

KEI

在宅で働けることから、自分のペース・都合に合わせて仕事ができる点はとても魅力ですよね。

 

本業がある会社員の方は平日夜や休日に自宅で働けますし、主婦・ママの方は家事や育児の合間に仕事ができます。

 

KEI

以上が、初心者の副業にPhotoshopがおすすめな理由です。

 

Photoshop(フォトショップ)副業の案件事例と収入・単価相場【月5万円以上も!】

Photoshop(フォトショップ)副業の案件事例と収入・単価相場【月5万円以上も!】

 

そもそもPhotoshopでできる副業にはどのような案件があるのか?

 

KEI

Photoshop副業の具体的な「案件事例」と「収入相場」を紹介しますね!

 

  1. サムネイルの作成
  2. 画像の切り抜き
  3. 画像加工
  4. レタッチ
  5. リサイズ
  6. アイコン作成
  7. 写真素材販売
  8. オリジナルグッズ販売
  9. Photoshopを教える

 

1. サムネイルの作成

ザムネイル作成とは、Youtubeなどのサムネイルを作成する仕事です。

 

サムネイルとは、動画の前に出てくる静止画のことです。魅力的なサムネイルを作成することで、たくさんのユーザーに動画を観てもらうことができます。

 

良質なサムネイルを作成できるデザイナーの価値は高く、多くの企業や個人が案件を発注してくれます。

 

KEI

相場は大体1サムネイルあたり1,000円前後です。月に10件こなせば月1万円、月50件こなせば月5万円となります。

 

2. 画像の切り抜き

画像の切り抜きは、名前の通り画像を切り抜く作業です。トリミングとも呼ばれますね。

 

簡単な切り抜き作業であれば1枚30〜50円前後、時間のかかる切り抜きであれば1枚100〜300円前後が相場です。

 

KEI

簡単なものであれば1枚数分で終わります。

 

まとめて30〜100枚などで仕事を請けることが多いです。

 

3. 画像加工

写真に画像を合成したり、写真内で塗りつぶしなど加工をする作業が画像加工です。

 

KEI

相場は1枚あたり100円前後です。画像の切り抜き同様、30〜100枚などまとめて発注されることが多いです。

 

4. レタッチ

レタッチとは、写真の彩度や明度を調整する作業を指します。

 

WebサイトやLP(ランディングページ)で利用する写真を、より魅力的にしたいなどの目的で依頼されることが多いです。

 

KEI

相場は1枚あたり300円前後です。案件の難しさによって単価は変わります。まとめて30〜100枚程度発注されることもあります。

 

5. リサイズ

リサイズとは、画像のサイズを変更する作業です。Photoshopを使うことで、クライアントの求めるサイズに調整ができます。

 

KEI

相場は1枚あたり30円前後です。50〜100枚など大量発注がこちらも多いです。

 

6. アイコン作成

アイコン作成とは、SNS等で利用するアイコンの作成を指します。

 

アイコン作成は単価が幅広く、200円〜3,000円前後と案件によって変わります。

 

KEI

手軽にできることから、Photoshop副業の中でも特に初心者に人気となっています。

 

7. 写真素材販売

自分で撮影した画像を加工し、加工した写真素材を販売することでも稼げます。

 

KEI

素材販売サイトはたくさんあります。代表的な素材サイトは「PIXTA」や「Pixabay」などです。

 

Pixtaでは、画像が1枚売れると100円の収入が入ってきます。一度画像を作れば売れるたびに収入が入ってくることから、不労所得的な稼ぎ方も目指せるおすすめ副業です。

 

8. オリジナルグッズ販売

オリジナルのデザイングッズを作って販売することも、Photoshop副業の一つです。

 

例えば、自身でデザインしたイラストや写真を、アパレルや雑貨などにプリントして販売ができます。

 

単価は商品によって様々で、自分自身で自由に値付けをすることができます。

 

KEI

写真素材販売同様、商品を一度作ってしまえば不労所得的に収入を得ることも期待できます。

 

9. Photoshopを教える

Photoshopの知識を人に教えることも、Photoshop副業の稼ぎ方の一つです。

 

例えば「ココナラ」というサイトは、自分の得意を人に教えることで収入を得られるサービスです。

 

講師業の価格は自分自身で決められます。相場としては5,000円〜10,000円程度です。

 

KEI

たくさんの人・時間を教えれば、月5万円以上も十分目指せます。

 

9つの副業以外に「Webデザイン全般の副業」ができると仕事の幅が広がる

ここまでPhotoshopを使った9つの副業案件を紹介しましたが、Photoshopだけでなく、Webデザイン全般の副業ができると、仕事の幅が広がります。

 

KEI

例えば「Webサイト」や「LP(ランディングページ)」のデザイン案件ができると、1案件で30万円以上など、Photoshop単独よりも高収入を実現していけます。

 

未経験からWebデザイン全般の副業を始めるために、最近はWebデザインスクールもあります。

 

以下記事で紹介しているような品質の高いスクールを数ヶ月活用すれば、未経験から半年程度でWebデザイン副業をスタートできます。

 

関連記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

 

KEI

Photoshopだけでなく、Webデザイン全般の副業にチャレンジしてみることも、初心者には特におすすめです!

 

関連記事初心者がWebデザイン副業で収入を得る方法や案件!未経験の始め方を現役デザイナーが解説

 

Photoshop(フォトショップ)副業案件の獲得方法

Photoshop(フォトショップ)副業案件の獲得方法

 

KEI

Photoshopの副業案件を獲得する方法をまとめると次の5つです。

 

  1. クラウドソーシングサイトで探す
  2. 副業・フリーランスエージェントから紹介してもらう
  3. 直接営業をかける
  4. SNSを利用する
  5. 知人から紹介を受ける

 

1. クラウドソーシングサイトで探す

一番メジャーな方法はクラウドソーシングサイトで探すことです。

 

クラウドソーシングサイトとは「仕事を探している人」と「仕事をお願いしたい人」をマッチングするプラットフォームです。

 

仕事を探している人は、クラウドソーシングサイトに登録することで、仕事をお願いしたい人と繋がることができます。

 

KEI

代表的なクラウドソーシングサイトは次の通りです。

 

Photoshopの副業でおすすめなクラウドソーシングサイト

  1. クラウドワークス【国内最大級のクラウドソーシングサイト】
  2. ココナラ【自分のスキルを自由に販売できる】
  3. ママワークス【主婦のための在宅ワーク・副業サイト】

 

こういったサイトは初心者でもできる案件が多いため、これから副業を始めたい方におすすめです。

 

どのサイトも完全無料で登録・利用ができます。

 

KEI

まずは複数のサイトに無料登録し、気になる案件を探してみることがおすすめです。

 

2. 副業・フリーランスエージェントから紹介してもらう

ある程度経験を積んできたら、副業・フリーランスエージェントから案件を紹介してもらうこともおすすめです。

 

KEI

副業・フリーランスエージェントとは、あなたの代わりに企業へ営業し、案件を探してきてくれるサービスです。

 

利用するためにはある程度の経験が求められることが多いですが、その分クラウドソーシングサイトと比べて「高単価な副業案件」が揃っています。

 

KEI

Photoshop向けの代表的な副業・フリーランスエージェントは次の通りです。

 

Photoshopのおすすめ副業・フリーランスエージェント

  1. クラウドテック【クラウドワークスの上位版。副業案件が豊富】
  2. ITプロパートナーズ【経験3年以上のWebデザイナー向け。高単価な副業案件が豊富】

 

ある程度経験を積んできたら、上記のような副業エージェントも利用することで、より高単価の案件を効率的に見つけることができます。

 

クラウドソーシングサイト同様、登録・利用ともに完全無料です。

 

KEI

気になるサービスがあれば無料登録に進んでみることをおすすめします。

 

3. 直接営業をかける

Photoshop案件を発注してくれそうな企業や個人に直接営業をかけることも、案件獲得の方法です。

 

ただ、多くの人は自分で営業することに慣れていないです。

 

KEI

「自分には難しそう」と感じた場合は、前述したクラウドソーシングや副業エージェントを利用することがおすすめです。

 

4. SNSを利用する

TwitterやインスタグラムなどのSNSを利用することも案件獲得方法の一つです。

 

Photoshopの副業であれば、インスタグラムでおしゃれなデザインのサムネイルやアイコンを作成し、たくさん公開していくことがおすすめです。

 

KEI

インスタグラム等で実績を公開していけば、あなたのデザインを気に入った企業や個人の方が、あなたに連絡をくれる可能性が高くなります。

 

すぐに案件を獲得できる方法ではないものの、SNSアカウントが成長してくれば、継続的な案件獲得ルートになり得る可能性を秘めています。

 

5. 知人から紹介を受ける

知り合いにデザインのお仕事を発注してくれそうな方がいれば、知人から紹介を受けることも一つの手です。

 

直接発注してくれる方を探すのももちろん良いですが、デザイナーなど同業のつながりを持つこともおすすめです。なぜなら、一人ではできない案件を流してくれる可能性があるからです。

 

自分ができることを、あらかじめ周囲の方に伝えておくと良いでしょう。ちょっとしたきっかけが、大きな仕事に繋がることもWebデザイナーの世界は多いからです。

 

未経験向け!初心者からのPhotoshop(フォトショップ)副業の始め方

未経験向け!初心者からのPhotoshop(フォトショップ)副業の始め方

 

ここからは、初心者からPhotoshop副業を始める手順を紹介します。

 

KEI

ステップは次の3つです。

 

手順1
Photoshopを学習する
「独学」または「Photoshop講座・スクール」でPhotoshopの基礎から実践を学ぶ
手順2
ポートフォリオを作成する
自身のスキルをアピールするためのポートフォリオを準備する
手順3
副業案件にチャレンジする
スキルとポートフォリオが準備できたら、クラウドソーシング等で副業案件にチャレンジする

 

KEI

それぞれのステップでポイントを解説しますね!

 

1. Photoshopを学習する

まずはPhotoshopの基礎から実践まで習得することがファーストステップです。

 

KEI

Photoshopの勉強方法は大きく2つあります。

 

  1. 独学で勉強する
  2. Photoshop講座・スクールで勉強する

 

KEI

メリット・デメリットをまとめると次の通りです。

 

勉強方法メリットデメリット
独学で勉強するお金があまりかからない時間がかかる
挫折しやすい
ポートフォリオを自分で用意する必要がある
Photoshop講座・スクールで勉強する時間がかからない
挫折しにくい
ポートフォリオも講座・スクール内で準備できる
お金がかかる(数十万円ほど)

 

Photoshopで確実に副業できる未来を目指すなら、Photoshopが学べる講座・スクールの利用がおすすめです。

 

講座・スクールであれば、スキル習得の時間がかからない上に、挫折しづらく、後述するポートフォリオも講座・スクール内で準備できるからです。

 

KEI

Photoshopが学べる代表的なスクール・講座は次の通りです。

 

Photoshopが学べるスクール・講座3選

  1. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座【国からも認められた実績豊富な大手スクール。国の給付金で最大10万円の支給あり】
  2. インターネット・アカデミー【国内有数の大手Web制作会社が運営。Photoshop専門講座あり】
  3. CodeCampデザインマスターコース【オンラインでPhotoshopなどデザインツールの使い方を学べる。完全マンツーマンだから安心】

 

どのスクールも無料説明会・無料カウンセリングを開催しているので、副業に興味がある方は気軽に参加してみることがおすすめです。

 

「Photoshop副業を始める効率的な学習方法」「案件獲得のコツ」なども、説明会やカウンセリングでアドバイスしてくれるからです。

 

KEI

参加は完全無料で、参加しても入会する必要はありません。

 

KEI

各スクールの詳しい詳細は以下記事でまとめていますので、合わせてご覧ください!

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

人気記事Photoshopが学べるおすすめ講座・スクール6選【オンライン・安いなど目的別】

 

2. ポートフォリオを作成する

Photoshopを学んだら、次はポートフォリオを準備していきます。

 

MEMO

ポートフォリオとは、Webデザイナーの世界でいう履歴書・経歴書のようなものです。次のような項目をまとめて作ります。

  1. 自分で作った制作実績
  2. 自身のプロフィールや経歴

 

良質なポートフォリオを準備できると、案件の受注率が飛躍的に上がります。

 

良いポートフォリオがあれば、少ない案件への応募でも、Photoshopの副業案件を受注しやすくなります。逆に、ポートフォリオの品質が低いと、なかなか案件を受注できず、たくさんの案件に応募することが必要になります。

 

KEI

ポートフォリオを準備できるか不安な方は、ヒューマンアカデミーWebデザイン講座インターネット・アカデミーようなポートフォリオ制作支援がついたスクール・講座を利用すると安心ですね。

 

3. 副業案件にチャレンジする

スキルとポートフォリオが準備できたら、副業案件にチャレンジしていきましょう。

 

案件の獲得方法は先ほど紹介した5つの方法でOKです。

 

KEI

最初は未経験向け案件の多い「クラウドソーシングサイト」からスタートすることが初心者にはおすすめです。

 

KEI

以上が未経験からPhotoshop副業を始めるステップです。

 

Photoshop(フォトショップ)副業の注意点

Photoshop(フォトショップ)副業の注意点

 

KEI

Photoshop副業を始める際の注意点をいくつか解説します。

 

  1. 本業とのバランスを注意する
  2. クライアントとのやり取りを丁寧に行う

 

1. 本業とのバランスを注意する

特に「会社員」の方が副業を始める際にありがちなのは、本業とのバランスを間違えてしまい、本業に悪影響が出ることです。

 

KEI

副業にあまりに熱中するあまり、本業の仕事がおろそかになってしまうケースがあります…。

 

中には本業がリモートワークの場合、本業の時間で副業をする方も存在します。

 

もちろん、その人自身が納得していれば良いのですが、できれば本業は結果を出しつつ、副業でも結果を出せると一番望ましいです。

 

KEI

本業と副業のバランスを注意することは、副業ワーカーにとってとても重要な課題です。

 

2. クライアントとのやり取りを丁寧に行う

あなたにとっては副業だとしても、仕事を依頼してくれるクライアントからすれば、本業か副業かは関係ありません。

 

KEI

仕事を受ける以上、プロとして仕事を遂行することが必要不可欠です。

 

特にクライアントとのやりとりを丁寧に行うことで、あなたが副業で仕事をしていることなど、こちら側の事情も理解してくれやすくなります。

 

KEI

常に丁寧な対応を心がけることが大切です。

 

まとめ

Photoshop(フォトショップ)副業の注意点

 

今回紹介したステップ・方法であれば、未経験からPhotoshopの副業で収入を得ることは現実的です。

 

Photoshopの副業ができるようになれば、控えめに言っても人生は変わります。

 

Photoshopの副業であれば、会社以外の収入で月5万円を得ることができますし、在宅で自分の好きな場所・時間に自由に働くことも目指せます。

 

KEI

未経験からの第一歩は、Photoshopの使い方をしっかり理解することです。

 

独学でもPhotoshop講座でもどちらでもOKです。まずはスキル習得から始めてみてはいかがでしょうか?

 

KEI

今日から行動すれば、早ければ数ヶ月後には初の「副業収入」を得ることも目指せますよ!

 

Photoshopが学べるスクール・講座3選

  1. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座【国からも認められた実績豊富な大手スクール。国の給付金で最大10万円の支給あり】
  2. インターネット・アカデミー【国内有数の大手Web制作会社が運営。Photoshop専門講座あり】
  3. CodeCampデザインマスターコース【オンラインでPhotoshopなどデザインツールの使い方を学べる。完全マンツーマンだから安心】

Photoshopのおすすめ副業・フリーランスエージェント

  1. クラウドテック【クラウドワークスの上位版。副業案件が豊富】
  2. ITプロパートナーズ【経験3年以上のWebデザイナー向け。高単価な副業案件が豊富】

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5社比較【評判がいい】

人気記事Photoshopが学べるおすすめ講座・スクール6選【オンライン・安いなど目的別】

人気記事【保存版】Photoshopを独学で勉強する方法!初心者は何から始める?