Webデザイナーの需要を現在と将来の切り口で考察する【生き残るための生存戦略も解説】

Webデザイナーの需要を現在と将来の切り口で考察する【生き残るための生存戦略も解説】

「Webデザイナーになりたいんだけど、Webデザイナーの需要はまだあるのかな?」

「Webデザイナーの将来性ってどうなんだろう…。Webデザイナーの仕事がなくなることとかあるのかな…?」

 

このような疑問に答えていきます。

 

KEI

私自身、フリーランスWebデザイナーとして活動をしていますが、私含め、多くのWebデザイナーが気にしていることが「Webデザイナーの需要や将来性」です。

 

中には「Webデザイナーの仕事は今後なくなる」「Webデザイナーはいらない」という意見もあり、考えるだけでも怖いものです。

 

でも実際のところ、Webデザイナーの需要や将来性はどうなんでしょうか?

 

そこで本記事では、以下のことを解説していきます。

 

本記事でお伝えすること

 

  • Webデザイナーの需要(現在について)
  • Webデザイナーの将来性(将来について)
  • Webデザイナーとして需要ある存在であり続けるための生存戦略

 

私自身、フリーランスWebデザイナーとして活動しながら、転職関連の事業も行っています。

 

転職エージェントとして多くのWeb企業の経営者や人事部長とも日々お会いしていますが、その過程で、需要あるWebデザイナー需要が低くなっているWebデザイナーの違いも把握しています。

 

そこで本記事では、Webデザイナーは今後も需要ある存在でい続けられるかについて、実体験をもとに徹底考察しました。

 

需要については事例も出しつつ、Webデザイナーの「現在」と「未来」について徹底考察します。

 

  • これからWebデザイナーになりたい未経験の方
  • すでにWebデザイナーとして働いている方

 

どちらにとっても、得るものがある内容だと確信しています。

 

Webデザイナーの需要は実際どうなのか?【現状を知る】

Webデザイナーの需要は実際どうなのか?【現状を知る】

 

まずはWebデザイナーの需要について、現状を知ることから始めましょう。

 

今回は、

 

  • Webデザイナーの海外の需要
  • Webデザイナーの国内の需要

 

この2つの切り口で、現状を見ていきます。

 

Webデザイナーの海外の需要

まずはWebデザイナーの海外での需要について。

 

ここでは「アメリカ」のWebデザイナー需要について見ていきます。

 

事例:アメリカでのWebデザイナーの需要

まず、アメリカのWebサイト「Lifewire」では、現在のWebデザイナーの需要について、以下のように解説をしています。

 

Every organization from large corporations to small non-profits needs a website, so the outlook for web design jobs will remain promising for the foreseeable future.

 

上記を要約すると「大企業から中小規模の組織まで、あらゆる企業や組織がWebサイトを求めています。そのため、Webデザイナーの仕事は今後も残り続ける見通しです」という状態です。

 

この状態を別の視点で見ると、例えば私は友人にWebデザイナーが多く、海外で働くWebデザイナーも多いです。

 

そして海外では「フリーランス」などの個人事業や「スタートアップ」として起業をする方が多いです。特にアメリカではその動きは顕著で、国民全体の約半数以上がフリーランスという統計もあります。

 

そういった方々のWebサイトに対するニーズはとても強いです。なぜなら彼らが仕事を得る際には、Webサイトは重要な役割を果たすからです。

 

そのため、海外のWebデザイナーのフリーランスも、仕事は常に多く抱えている状態です。

 

KEI

このような定性事実と、上記記事で書かれていることは一致しているため、Webデザイナーの現在地を図る上では一定正しいと思います。

 

世界のトップ企業はIT企業である

また別の視点で言えば、現在の世界トップ企業はGoogle、Amazon、Apple、Microsoftなどで、どの企業も「IT」です。

 

特に検索エンジン大手の「Google」など、世界の潮流を生んでいるIT王者の一社です。こういった会社が世界のトップでい続ける限りは、インターネットの需要は今後も底堅いことは、固く見通せるかと思います。

 

もちろんWebサイトについては、今後5年、10年と経過するごとに、もしかしたら姿形を変えることもあるかもしれません。

 

ですが、Webが世の中に存在し、人々に求められ続ける以上、今後も何かしらの形でWebデザイン需要はあり続けるものだと推測できます。

 

Webデザイナーの国内の需要

また国内のWebデザイナーの需要も見ていきます。

 

転職サイト「dodaの転職市場予測」によると、Webデザイナー含むWeb系クリエイティブ全体は「求人数が需要が底堅い状態」となっています。大きな増減はない一方で、求人件数は潤沢にある、という状態ですね。

 

KEI

これは私自身が転職事業をやっていて感じる感覚とも同じで、企業の多くはWebデザイナー含むクリエイター職を必要としています。

 

今はWeb業界だけに限らず、不動産やメーカー、金融など、あらゆる産業でWebの需要が高いです。

 

自社内でWebを内製化したい企業は、自社でWebデザイナーを採用しますから、Web制作会社やWeb事業会社に限らず、他業界においてもWebデザイナーのニーズは底堅いことが実情ですね。

 

EC関連は需要が底堅い

さて、その中でも特に需要が高いのは「EC系」です。

 

いまはEC関連の事業が伸びている企業が多く、結果、EC周りができるWebデザイナーの需要も高くなっています。

 

今後の時代、これまでは対面で物を売っていた個人や企業も、今後はネットを通じて物を販売することが必要です。そういう時に、Webデザイナーのスキルは求められるからこそ、EC領域は現時点で需要が高く、今後も将来性が高い領域です。

 

KEI

事実、私自身デザイナーとして仕事をする中でも、ECサイト観点の引き合いは多くいただきます。転職事業においても、ECサイト関連のWebデザイナーやWebエンジニアの需要はやはり底堅いですね。

 

このように、国内のWebデザイナー需要は全体として底堅いです。

 

これが現在のWebデザイナーの立ち位置です。

 

Webデザイナーは将来性がないのか?いらなくなる?【将来を知る】

Webデザイナーは将来性がないのか?いらなくなる?【将来を知る】

 

私の結論を言うと、

 

  • Webデザインだけの仕事では需要が小さくなる

 

これが結論です。わかりやすく解説します。

 

Webデザインだけの仕事は需要が減っていく

まず、Webデザイナーとして仕事をしたり、転職事業をやっている身として感じる事は、今はまだ「Webデザイン単体」の需要がありますが、今後は「Webデザイン単体」だと仕事は減っていくだろうなということです。

 

例えば最近は、初心者がWebサイトをデザインするためのツールも出てきています。そういったツールを利用すれば、手間をかければ、誰でも簡単なデザインはできるようになります。

 

一方で現時点では、そこまで手間をかける人がいないのと、意外と面倒なこともあり、Webデザイン単体の仕事需要も底堅いことが現状です。先ほどご紹介した通り、特にEC周りは需要も伸びています。

 

ですが、仮に今後、ワンクリックでWebデザインが完結するようなツールが出てきたときは、Webデザイン単体の需要は、今よりも確実に減ると思います。なぜなら上記の状態になれば、代替手段ができてしまっているからです。

 

KEI

そういった未来が本当に来るか、来るとしたらいつ来るかはわかりません。5年後かも10年後かもしれません。もしかしたら20年近く来ないかもしれません。ですが、こればっかりは誰にもわからないんですよね。でも、可能性として近いうちに起こるんだろうなと感じます。

 

だからこそ、いつ起こっても良いように、先を見据えて準備をしていく。それこそが今のWebデザイナーに必要なことだと私は感じます。

 

Webデザイナーとして今後も需要ある存在でいるための道【生存戦略】

Webデザイナーとして需要のある存在であり続ける道とは?【生存戦略】

 

ではどうやってWebデザイナーとして需要ある存在であり続けるべきか。

 

私の結論は以下の通りです。

 

  • Webデザインx別のスキルを掛け合わせる

 

基本はこの道です。Webデザインを起点に、別のスキルを掛け合わせていく方法です。将来性があるスキルと掛け合わせることで、Webデザインスキルが役立つだけでなく、需要あるWebデザイナーとしてい続けることができるからです。

 

ではどのようなスキルがおすすめか?具体的なスキルを挙げていきます。

 

おすすめの生存戦略①:Webデザインxエンジニアスキル

まずは「Webデザインxエンジニアスキル」です。

 

エンジニアスキルとは「プログラミング」のことですね。

 

WebデザインとWebプログラミングができる人材の需要は高い

上記の通り、Webデザインとプログラミングができる人材の需要は、今の時点でも非常に高いです。

 

前述通り、私は現在転職関連の事業をしていますが、IT/Web企業から特に需要が高いのはWebデザインができるだけでなく、プログラミングもわかる人材です。例えば、Webデザインに加えてコーディングを手早くできるデザイナーは、需要が高いです。

 

Webデザイナーの中にはWebプログラミングができない人も多いですが、将来までWebデザイナーとして仕事をしていくつもりなら、学んでおいたほうが良いです。

 

プログラミングは3ヶ月程度でも習得可能

私もプログラミングを勉強して習得しましたが、未経験からでも3ヶ月短期集中で勉強すれば、Webデザインに必要なプログラミングスキルは習得可能です。

 

エンジニアは圧倒的な人手不足の状態で、現時点でも人が足りない上に、不足数は今後10年以上は拡大していくとまで言われています。

 

そういったスキルをWebデザインと掛け合わせることで、企業から求められ続ける存在になれるんですよね。

 

KEI

Webデザインxエンジニアスキル、この2つの掛け合わせは、今後生存していくためには欠かせないスキルだと思います。

 

関連記事

なお、Webデザインとプログラミングスキルの関係については「Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】」で解説しています。

 

Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】 Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】

 

おすすめの生存戦略②:Webデザインxマーケティングスキル

2つ目のスキルの掛け合わせは「Webデザインxマーケティングスキル」です。こちらもおすすめです。

 

なぜならマーケティングがわかることで、企業の売上を上げるデザインができるようになるからです

 

企業の「売上を上げたいニーズ」は将来も消えない

企業の「デザインのニーズ」が下がることはあるかもしれませんが、企業の「売上を上げたいニーズ」は将来も消えません

 

また「企業の数」は今後も増えていきます。今の日本を切り取ってみても、会社員としての給料は上がらず、終身雇用も崩壊しています。

 

つまり「副業時代」は今後さらに加速していくため、多くの個人が「個人事業主」として活動したり「小さな会社」を作る時代が今目の前にやってきています。

 

増えていく個人事業や起業に対して、彼らの最大のニーズは、Webサイトをデザインしてもらうことではなく「売上を上げること」です。

 

ここで「マーケティングスキル」があると、彼らに対して「売上UP」という価値を提供できるようになります。

 

KEI

この状態まで来れば、仕事は引く手数多です。将来仕事に困ることもありません。マーケティングがわかる人って本当に貴重ですから。

 

ネットでサービスや物を売る時代が加速⇨Webサイトニーズは今後もある

しかも今後は、ネットで商品やサービスを売る時代が加速していくため、どの企業も個人もWebサイトのニーズは高くなります。

 

その点で、Webデザインのスキルがある人は有利です。

 

でもWebデザインスキル”だけ”ではいけないです。Webデザイン+マーケティングまでわかることで、価値提供できるからです。

 

おすすめの生存戦略③:WebデザインxUI・UXの設計スキル

前述したマーケティングとも重なる部分はありますが、UI・UXのスキルがあると、デザイナーとしての市場価値は高くなります。

 

UI・UXスキルとは、一言で言えばユーザーがサービスを使った時に得られる経験・感情・行動まで含めてデザインをするスキルのことです。

 

UI・UXのスキルを持っている人は意外と少なく、一方で企業からのニーズは高いです。

 

私は転職市場の各企業の情報も把握していますが、例えばWeb系大手のリクルートの採用においても、UI・UXデザイナーは重宝されていたりしますね。そして人員は足りていません。

 

KEI

こういった大手企業ですら、UI・UXデザイナーを確保できていなかったりするので、UI・UXスキルを習得すると、希少性の高いデザイナーになることができますよ。

 

Webデザイナーはスキルの掛け合わせがしやすいので、裏を返せば生き残りやすい

  • Webデザイン x エンジニアスキル
  • Webデザイン x マーケティングスキル
  • Webデザイン x UI・UX設計スキル

 

このように、Webデザインはスキルの掛け合わせがしやすいです。

 

そういう意味で、Webデザイン単体だと将来性は不安だけど、裏を返せば、スキルをかけ合わせれば、かなり安定するスキルでもあるんですよね。

 

そういう意味で、いまWebデザイナーの人は悲観的になる必要はなく、新しいスキルを広げていくことに尽力すべきだと感じます。

 

これからWebの仕事を始めたい初心者にも、Webデザインは最初の一歩に最適

またこれからWebデザインを学びたい人は、WebデザインはITやWebの登竜門としても最適です。

 

Webデザインをまず学べば、Webサイト制作やデザインで月5〜10万円の収入を得ることもできますし、その後はプログラミングやマーケティングを学んでいけば、将来まで仕事に困らない「市場価値の高い人材」になることもできます。

 

例えば、Webデザインに先ほどのスキルを掛け合わせると、以下のように「Webディレクター」や「Webプロデューサー」「Webエンジニア」へのキャリアルートも存在します。

 

  • 「Webデザイン」 x 「マーケティング・UI・UXスキル」 ⇨ WebディレクターやWebプロデューサー
  • 「Webデザイン」 x 「エンジニアスキル」 ⇨ Webエンジニア

 

KEI

こういったルートも目指せるのが、Webデザインの良さですね。そういう意味でも、個人的にはWebデザインの仕事は可能性に満ちていると思います。

 

まとめ

Webデザイナーの需要を現在と将来の切り口で考察する【生き残るための生存戦略も解説】

 

記事の内容をまとめます。

 

まとめ

・【現状】海外・国内ともにWebデザインの需要は底堅い

・【将来】Webデザイン単体の仕事は、今後は需要が減っていくと予想できる

・【生存戦略】Webデザイナーとして生き残るためには以下3つのスキルを身につけるべき

1. エンジニアスキル(プログラミング)

2. マーケティングスキル

3. UI・UXスキル

・Webデザイナーはスキルの掛け合わせができるので、裏を返せば生き残りやすい

・これからWebの仕事を始めたい初心者にも、最初の一歩としてWebデザインはおすすめ!

 

KEI

Webデザインを学べば、在宅で月5〜10万円を稼ぐこともできます。人生が生きやすくなるので、もしWebデザインを学ぶか迷っているなら、まずは3ヶ月など期間を決めて学んでみることはおすすめですよ!

 

人気記事現役WebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール5選【徹底比較】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です