なぜWebデザイナーはWordPressを学ぶべきなのか?【幅が広がる】

なぜWebデザイナーはWordPressを学ぶ必要があるのか?【幅が広がる】

「WebデザイナーにWordPressのスキルは必要なのかな?」

「もし必要だとしても、どのようなメリットがあるのか知りたい」

 

本記事では上記の疑問に答えます。

 

結論から言うと、

 

  • WebデザイナーはWordPressを必ずしも学ぶ必要はないが、
  • それでも学んでおくべき

 

これが回答です。詳しい理由を本記事で解説します。

 

KEI

これを書いている私は、現在フリーランスのWebデザイナーとして活動をしています。また転職事業もやっており、企業から必要とされるWebデザイナーのスキルについても、実態を深く理解しています。

 

そのような立場から、WebデザイナーとWordPressの関係について解説します。

 

なぜWebデザイナーはWordPressを学ぶ必要があるのか?3つの理由

なぜWebデザイナーはWordPressを学ぶ必要があるのか?3つの理由

 

  1. Webデザイナーとしての仕事の幅が広がるから
  2. 別の仕事へキャリアチェンジがしやすくなるから
  3. 副業で収入アップも期待できるから

 

理由は上記の3つです。それぞれ解説しますね!

 

1. Webデザイナーとしての仕事の幅が広がるから

まずはWebデザイナーとしての仕事の幅が広がるからです。

 

なぜなら、今は「WordPressサイトを作って欲しい」と言う風に、WordPress指定で仕事が依頼されることも多いからです。

 

WordPressはCMSの約63%を占める

まず世の中の大半のサイトは「CMS」というコンテンツマネジメントシステムで作られています。

 

W3Techsのレポートによると、世界全体で利用されているCMSの中でも、WordPressは約63%を占めています。これは全CMSでもトップです。

 

またCMSを利用していないサイトも含めた場合でも、WordPressは全Webサイトの約35%を占めています。つまり、世の中のサイトの3つに1つは「WordPress」ということです。

 

WordPressがわかるデザイナーが求められるのは当たり前の状態

WordPress案件をやる際には、WordPressのスキルが必要です。

 

ですから、WebデザイナーがWordPressスキルを持っていることは、本来であれば当たり前の状態とも言えます。

 

KEI

もちろん、Webデザイナーの全員がWordPressスキルを持っているわけではありません。

 

だからこそ、WordPressがわかるデザイナーは、サイト構築を完結できるフルスタックなWebデザイナーとして、仕事の幅を広げることができるんですよね。

 

2. 別の仕事へキャリアチェンジがしやすくなるから

加えて、WebデザイナーがWordPressを学ぶと、別の仕事へキャリアチェンジをすることもできます。

 

なぜなら、WordPressを学習すると、以下のような領域のスキルが身につくからです。

 

WordPressを勉強すると身につくスキル

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP

 

こういったものです。

 

例えば、HTMLやCSS、JavaScriptなどのスキルを扱えるようになれば、より上流のWebディレクター」を目指すこともできます。

 

このように「上流工程」まで守備範囲を広げられるようになるのが、WebデザイナーがWordPress、およびその周辺領域を学ぶメリットです。

 

Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】Webデザイナーにプログラミング言語は必要?【現役Webデザイナーが解説】

 

WordPressをきっかけに、SEOやマーケティングの興味も

これは私の事例ですが、WordPressを勉強したことをきっかけに、「自分でWebサイトを作ってみよう」という興味が湧いたんですよね。

 

その後は自分でサイトを立ち上げ、カスタマイズをしつつ、いろんな記事を書いてみました。その結果、SEOなどの「マーケティング領域」の興味や知見も溜まったことは、個人的にとても大きなメリットでした。

 

Webデザイナーがマーケティングまで理解できるメリットは極めて大きいです

 

例えば、Webデザイナーの本業に対しては、ただWebデザインをするだけでなく、クライアントの売上を伸ばすデザイン設計を提案することができるようになります。

 

また、自分で集客用のWebサイトを立ち上げ、Webデザインの仕事をインバウンドで受注することもできるようになります。そうなれば、フリーランスになっても仕事に困ることはありません。

 

KEI

もちろん、WordPressを学んだだけで、マーケティングやSEOがわかる訳ではないです。ですがWordPressを学ぶことがきっかけで、私のように興味の範囲が広がり、結果としてスキル習得に繋がるケースも、私の周囲では見ていて多いですよ。

 

3. 副業で収入アップも期待できるから

更に言えば、WordPress案件は「副業」も盛んなため、副業収入を得ることもできます。

 

例えばクラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」には、たくさんのWordPress案件が掲載されています。

 

こういったサイトに登録し、気になった案件に応募すれば、その時点で副業収入を得られるようになります。

 

 

上記はクラウドワークスで実際に募集されていたWordPress案件です。こういった案件を月に1件やるだけでも「月10万円〜30万円」です。

 

会社員として月10万円の収入を上げることは大変です。上がらない給料に加え、少子高齢化や年金不安を理由に、社会保険料や税金の負担は今後更に増していくからです。

 

その点WordPressのスキルを身につけておけば、上記のような副業ができるため、副収入を得ることができます。

 

KEI

なおWebデザイナーの副業については「初心者がWebデザイン副業で稼ぐまでの全知識を、現役Webデザイナーが徹底解説」で、どのような案件が、どのような収入であるか、具体的な始める5ステップまで徹底解説しています。良ければこちらも読んでみてください。

 

【未経験向け】初心者からWebデザイン副業で稼ぐための5ステップ初心者がWebデザイン副業で稼ぐまでの全知識を、現役Webデザイナーが徹底解説

 

ここまでのまとめ

1. Webデザイナーとしての仕事の幅が広がるから

2. 別の仕事へキャリアチェンジがしやすくなるから

3. 副業で収入アップも期待できるから

 

WordPressが使えないとWebデザイナーの仕事は成り立たない?

WordPressが使えないとWebデザイナーの仕事は成り立たない?

 

結論、成り立ちます。なぜなら、WordPressが不要なWebデザインの仕事も世の中には存在するからです。

 

そのため「WordPressができないWebデザイナー」も、同じように世の中には存在しています。

 

WordPressができないWebデザイナーは多く存在している

例えば「今の業務でWordPressを全く使っていないWebデザイナー」には、WordPressを使えない方が存在します。

 

実例を挙げると、バナー制作やロゴ制作を中心になっていると、WordPressの知識は必要ありません。PhotoShopやIllustrator等を使い、行う仕事だからです。

 

なので上記のような仕事をしている方の中には、私が見てきた中では、WordPressがわからない人は一定数存在しました。

 

KEI

このように、今の仕事でWordPressを使っていない場合は、WordPressスキルがなくても何とかなります。

 

ですから「なんとなく必要そうだけど、まあ今困っていないし、勉強しなくて大丈夫だよね」という風に、必要性は感じていても、実際に学ぶ行動までは取っていないケースも多いです。

 

WordPressができないWebデザイナーが抱えるデメリットとは

一方で、WordPressができないことによる「デメリット」も存在します。個人的にはこれが大きいと感じています。

 

例:就職や転職で不利になる

例えば、就職や転職で不利になることです。

 

実例をあげますね。例えば私が採用支援をしているWeb企業の中には、Webデザイナー募集において「WordPress経験を必須」として入れている企業も多いです。

 

この場合、WordPressができないと、その会社に就職や転職することは残念ながらできません。よほど他の部分で光る経歴がない場合は、書類選考で大体落とされてしまうからです。

 

転職が今よりももっと盛んになる時代が来る

私自身、転職の仕事にも携わっているためリアルを知っていますが、今後は更に、転職が当たり前になる時代が来ます。

 

特に2020年においては「コロナウイルス」による影響で、多くのWeb制作会社の仕事は減っています。企業によっては、仕事が少なくなりすぎたため、「全従業員例外なく、月の出勤日を半分にする会社」も出てきています。

 

もちろん休みの間は給料は出ません。ギリギリの生活を送っていたとしたら、完全にマイナスです。

 

更に良くないのは、こういった会社はキャッシュに余力がないことも多く、潰れる可能性もあるということです。

 

もし仮にあなたのいる会社が倒産してしまったとき「市場から求められるスキル」を本当に持っていますか?

 

ちょっと怖い話をしましたが、本当に起こり得ることです。

 

だからこそ、もし必要とされるスキルを持っていないと感じるなら、市場から求められるスキルを今のうちに身につけておきましょう。WordPressのように需要が高いスキルは、学んで得することはあっても、損することはほぼないからです。

 

KEI

なので結論としては「Webデザイナーの仕事にWordPressは必須ではないものの、それでも学んでおいた方が良い」ということが総論となります。

WordPressができるメリットは大きい一方で、直近だと「できないデメリット」もかなり大きいからです。

 

未経験からWordPress・Webデザインを習得する方法

未経験からWebデザインとWordPressを習得する方法

 

朗報ですが、実はWordPressの習得はそこまで難しくありません。短期集中でやれば「1〜2ヶ月程度」でも、大枠を理解することができます

 

また「Webデザイン未経験の方」の場合、WebデザインとWordPressをセットで学べば「2〜3ヶ月程度」で両方とも一定レベルに到達も可能です。

 

では具体的にどうやって勉強していけば最短でWordPress+Webデザイン(未経験者の場合)を習得できるのか、方法は2つあります。

 

WebデザインとWordPressを勉強する2つの方法

  1. 独学で勉強する
  2. スクールに通って勉強する

 

上記の通りです。それぞれのメリット・デメリットを記載すると以下の通りです。

 

独学とスクールのメリット・デメリット

手法 メリット デメリット
1. 独学で学ぶ ✔︎ お金がかからない ✔︎ 時間がかかる
2. スクールで学ぶ ✔︎ 最短で習得できる

✔︎ 挫折しづらい

✔︎ お金がかかる

 

一言で言えば「習得までの時間や確実さ」を重視するならスクールですし、「お金をかけないこと」を重視するなら独学となります。

 

それぞれもう少し深掘ってみていきますね。

 

1. 独学で勉強する

まず一つ目は独学で勉強する方法です。

 

例えば「学習サイト」や「参考書」を使って学んでいきます。

 

今はWebデザインやWordPressが学べる学習サイトや参考書は多く存在しています。そういったものを購入・利用しつつ、一つずつ自身で学んでみる。これが一つ目の方法です。

 

2. スクールに通って勉強する

もう一つがWebデザインスクールを利用して勉強する方法です。

 

最近はオンラインで1〜3ヶ月程度で学べる良質なスクールが存在します

 

実は私も最初はスクールでWebデザインを学びました。プロに教わりつつ、最短でスキル習得ができました。

 

おすすめはスクールで短期集中で学ぶこと

これらを踏まえて、おすすめはスクールで短期集中学習です。なぜなら、短期間でスキル習得できるだけでなく、何より挫折しにくいからです。

 

私はスクールも独学も両方やったことがあり、その際に痛切に感じたことを少し話しますね。まず「独学」のように「質問できる相手がいない環境」だと、スキルの習得は大変です。

 

なぜなら、わからないことを一つ解消するだけでも30分、1時間と時間を消費する上に、途中で挫折するリスクもあるからです。独学の場合、わからないことを全部自分一人で解決していく必要があります。これは思ったよりも大変なんですよね。

 

その点スクールの場合、いつでもわからないことを聞くプロが存在していることが、個人的にも大きかったです。

 

自信のないどんな方であっても、プロのサポートのもとスキルを身につけられるのは、スクールの良さだと感じています。

 

スクールは費用がかかるデメリットはあります。ですが最近は安価で良質なスクールも多く出てきています。

 

事実、かつてだと30万円、40万円したようなコースが、いまは10万円台、20万円台で学べるようになっています。

 

更に言えば、WordPressを学べば「副業」で稼ぐことも前述通りできるため、受講費用は一瞬で元が取れます。

 

だからこそ、スクールの費用は未来への投資だと思って、スクールで勉強が吉かなと思います。

 

WordPressが学べるおすすめのスクール

参考までに、Webデザイナー兼スクール受講者の目線で、下記2つに合致するおすすめスクールを以下で挙げておきます。

 

  1. WordPressだけ学びたい場合のおすすめスクール
  2. WordPressに加え、Webデザインもセットで学べてお得なコース

 

WordPressだけ学びたい場合

 

WordPressに加え、Webデザインもセットで学びたい場合(セット割あり)

 

上記の通りです。

 

どちらも受講者からの評判が高く、間違いないスクールです。ちなみに私はTechAcademyを受講して勉強しましたが、オンラインで質が高い学びを得ることができました。

 

KEI

なお、どちらも「無料体験」を自宅からPCでお試しできます。百聞は一見にしかず、無料ですし、トライしてみましょう。

 

まとめ

なぜWebデザイナーはWordPressを学ぶ必要があるのか?【幅が広がる】

 

まとめ

・WebデザイナーがWordPressを学ぶべき3つの理由

1. Webデザイナーとしての仕事の幅が広がるから

2. 別の仕事へキャリアチェンジがしやすくなるから

3. 副業で収入アップも期待できるから

・WordPressができなくてもWebデザイナーの仕事はできるが、不利になることも多いので学んでおくべき

 

述べてきた通り、WordPressを習得すれば、Webデザイナーとしてメリットが多く存在します。

 

今の仕事の幅を広げられるだけでなく、就職や転職、副業、他職種へのキャリアチェンジなど、様々なルートが存在しています。だからこそ、学ぶメリットは大きいです。

 

ただそれ以上に、WordPressを学ばないデメリットも顕在化してきています。前述通り、WebデザイナーにWordPressスキルを必須で求める企業も増えてきているからです。

 

理想の未来を手に入れることもそうですが、望まない未来を避ける自己防衛のためにも、私含め、スキルの幅は常に広げておくべきかなと思います。

 

その点WordPressは、人生の選択肢を広げてくれるスキルです。短期集中で2〜3ヶ月やるだけでも人生変わるので、ぜひ、未来の自分自身のためにも、トライしてみてください。

 

今回紹介したWordPressが学べるスクール

 

WordPressとWebデザインがセットで学べるお得なコース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です